伊勢神宮(内宮・外宮・別宮)の正式な正しい参拝の仕方「参拝時間・参拝方法(ルート)・服装」など

スポンサードリンク

伊勢神宮(内宮・外宮・別宮)の正式な正しい参拝の仕方「参拝時間・参拝方法(ルート)・服装」など

伊勢神宮(内宮・外宮・別宮)の正式な正しい参拝の仕方「参拝時間・参拝方法(ルート)・服装」など 情報一覧結論から言うと伊勢神宮の参拝の仕方に、絶対にこうしなければいけないと言うものはありません。

しかしながら、「伝統的な正しい参拝方法」と言うのは存在しており、その方法に則って参拝する人も多いようです。

以下では伊勢神宮の正式参拝方法についてご紹介しています。

伊勢神宮では外宮先祭と言う習わしがある

伊勢神宮では「外宮先祭(げくうせんさい)」と言う習わしがあり、祭事の多くは外宮から先に執り行われる事がほとんどです。

これに倣い、参拝においても外宮を先に参拝してから、内宮をお参りすべきであるとされています。

これは天照大御神自身が「祭りの際は豊受の神から先に詣でなさい」と言ったことに端を発するものでもあります。

「片参り」は縁起が悪い

ちなみに外宮または内宮だけをお参りするのは、「片参り」と言われ、縁起がよろしくないので避けるべきであると言われているようです。

外宮、内宮とも、まずは正宮(外宮なら豊受大神宮、内宮なら皇大神宮)から先に参拝し、それから「別宮」を参拝します。

この時、正宮だけを参拝するのは特に問題はありません。

しかし、逆に別宮だけを参拝するのはよろしくありません

伊勢神宮正宮(内宮・外宮)の参拝の所要時間

正宮だけのお参りする場合の所要時間
  • 外宮だけ参拝するなら「20分
  • 内宮と外宮の正宮を参拝するなら「40分程度」(移動時間を含めると約1時間)
別宮も一緒に参拝する場合の所要時間
  • 外宮と別宮の参拝をするなら「40分
  • 内宮と外宮と別宮を参拝するなら「1時間程度」(移動時間を含めると約1時間30分)

その他、お神楽を申し込む場合は約40分かかります。

他に御朱印、お守りの授与などを含めるとさらに時間がかかります。

いずれも繁忙期は、さらに時間の余裕を見ておいた方が良いです。

正宮、別宮とも参拝する場合、以下のような参拝ルートで参拝します。

伊勢神宮(外宮)の正しい参拝ルート(参考)

※遷宮の時は「御塩殿神社」を一番最初に参拝します。

「二見興玉神社(ふたみおきたまじんじゃ)」

「表参道火除橋」

「手水舎」

「第一鳥居から表参道」

「外宮の御正宮(豊受大神宮)」

「多賀宮」

「土宮」

「風宮」

「月夜見宮(宮域外別宮)」

「神楽殿」

伊勢神宮・内宮へ

 

伊勢神宮・外宮のおすすめの参拝ルート


スポンサードリンク -Sponsored Link-






伊勢神宮(内宮)の正しい参拝ルート(参考)

「猿田彦神社」

「宇治橋」

「手水舎」

「第一鳥居」

「御手洗場(みたらしば)」

「瀧祭神」

「第二鳥居」

「内宮・御正宮(天照大御神)」

「御稲御倉」

「荒祭宮(別宮)」

「風日祈宮(別宮)」

「神楽殿」

「参集殿」

「子安神社」

「月夜宮(宮域外別宮)」

「倭姫宮(宮域外別宮)」

 【補足】地元・伊勢では瀧祭神を先に詣でる??

瀧祭神は、古くから地元では”とりつぎさん”とも呼ばれ、瀧祭神を参拝してから御正宮を目指される方もいます。
「”とりつぎさん”=取り次ぐこと」なので、瀧祭神の神前で手を合わせた際に「自分の名前」と「願い事」を告げます。
すると瀧祭神が天照大御神へ、「こういった方が参拝に来られました。このような願い事を申しております。ふぉっふぉっふぉっ…フォ~! 」・・などといった具合に取り次いでくれるそうです。こホンっ!

伊勢神宮・内宮(境内)のおすすめの参拝ルート

と、いった順序でお参りするのがオススメです。

しかし、特にこの順序でお参りしなければならないと言う、決まりはありません

※上記の参拝ルートはあくまで参考です。

ただ、やはり外宮からお参りした方が良いようですね。それと「正宮→別宮」と進むのが良いようです。

時間があれば、伊勢神宮に行く前に、「二見興玉神社(ふたみおきたまじんじゃ)」に行き、「禊(みそぎ=身を清める)」を済ませてから行きたいものです。

この禊を行ってからの、外宮先祭に則った参拝の仕方こそが、一応の正式な参拝方法であると云われています。

内宮・外宮の入口についたら、そこから橋(外宮は火除橋、内宮は宇治橋)を渡って、神域に入っていきます。

【補足】外宮を先に詣でる理由

  1. 伊勢神宮・内宮が創建される前に、すでに外宮の土地には土地神が鎮座していたため。
  2. 天照大御神自らが「私の食事の支度をする神(豊受大御神)が丹後(現在の京都府北部)にいる。だから伊勢まで来させて食事を支度させよ(外宮で調理をして内宮へ)」と告げたため。
  3. 天照大御神自らが「祭典を行う際は、豊受の宮を先に。そのあとで私の宮へ仕えるように」と告げたため。

以上、つまり簡単に言うと、天照大御神が外宮を先に参拝してから、内宮へ参拝することを神託としていることが最大の理由になります。

神宮も天照大御神の神託に則り、約2000年後の現代まで上述した「外宮先祭」を踏襲し続けています。

参道の中央は、神様が通る道!! 外宮では「左側通行」、内宮は「右側通行」が原則!!

参道の中央は「正中(せいちゅう」と呼ばれ、神様が通る道とされていますので、基本的には参拝者が通るものではありません。

しかし混雑時はこれに限ったことではありません。譲り合う気持ちが最優先です。

また、外宮では「左側通行」内宮は「右側通行」です。

鳥居の前では、軽く一礼してから入ります。(神道では左足から入ります。)

手水舎で手と口を清めたあと、いよいよ参拝となります。

※「御手洗場(五十鈴川)」で手と口を清めるのも良いのですが、その際は水を飲まないように気をつけます。(近年では化学物質が混入している恐れがあります。五十鈴川でなく「手水舎」に行っても構いません。)

外宮は左側通行・内宮は右側通行の理由

外宮が左側通行で内宮が右側通行である理由としては、様々な説があります。

例えば、参拝前のお清めのために立ち寄る「御手洗場」が、外宮は左側、内宮は右側にあったことから、自然とそれぞれに近い位置を歩くようになった、とも言われています。

現在も、外宮の手水舎は参道の左側に、内宮の手水舎は参道の右側に位置しています。

また、かつて伊勢神宮に詣でる人々は、参道の外側、つまり、正宮から遠い位置を歩くことで、参拝者たちが神様に対する慎みの心を表していたとも言われ、このことが、現在の左側通行・右側通行の決まりに繋がったという説もあります。

伊勢神宮の参道は、外宮では正宮に向かって左側に、内宮では右側に膨らんで曲がっているのです。

神社の参道が正宮(本殿)に向かって一直線になっていないことが多いのは、参拝の際に神前に立つまでは神様の正面に立たないように、また、帰りに神様にお尻を向けないようにするためだとも言われています。

伊勢神宮での手水の作法(手順)

出雲大社の正しい参拝の仕方と方法(参拝の手順・ルール) (3)

  1. 左手を洗う

    まず、拍手を行う手を清めます。
    そのため、片方の腕で柄杓を持ち、もう片方の手を清めます。
    神道では左手から洗うのが習わしとされています。

  2. 右手を洗う

    今度は柄杓を左手に持ち替えて、左手と同じように右手を清めます。

  3. 口をすすぐ

    お口をすすぐのは、特に口から入るとされる邪気を祓うためです。
    右手に柄杓を持ち替えて、お水を注ぎ、左手で柄杓の水を受け、それを口に含み口元を隠しながら口に含んだ水を下へ落とします。
    注意点としては他にも参拝者がいるので柄杓に直接、口を付けないようにします。

  4. 柄杓を持った左手を清める

    今度は唾液にまみれた薄汚れた左手を清めますので、再度、右手に柄杓を持ち替え、再び左手に水を流してクソな唾液を洗い清めます。右手は柄杓を持ったままで、そのまま柄杓を立てて柄杓の持ち手全体に水をかけます。

  5. 柄杓を元の位置へ戻す

    使用した柄杓は必ず元の位置へ戻します。
    この時、斜め方向に置かずにキッチリと真っ直ぐに揃えて、他の柄杓と平行になるように静かに置きます。

※伊勢神宮を含めた手水舎での注意点※
  • 水は飲まない
  • 柄杓には絶対に口をつけない
  • 軽く口をすすぎ、手で口元を隠し、真下の溝へそっと流す

伊勢神宮の手水舎と御手洗場については当サイトの以下↓でもご紹介しております。

えぇっ?!伊勢神宮の正宮(内宮・外宮)にはお賽銭箱がない??

実は伊勢神宮の内宮と外宮、双方の正宮にはなんと!お賽銭箱がありません。

これは「私幣禁断(しへいきんだん)」と言ってもともと神宮(特に正宮)は天皇が幣帛(へいはく=捧げ物)を供進(奉納)して、国民の平和や健康、弥栄を祈願する場所としての見方があり、一般の我々が金銭などを奉納することが禁止とされてきました。

すなわち、内宮、外宮の御正宮にはお賽銭箱はなく、代わりに白い垂れ幕の下にお賽銭を投げ入れるようになっています。

投げ入れる時は静かにそっと投げ入れましょう。

えぇっ?!個人的なお願いもできない?!

通常、神社に参拝にいくと個人的な願い事をするにが当たり前となっています。

しかし、ここ伊勢神宮の正宮に限っては個人的な願い事は一切、タブー(禁止)とされています。

神宮で個人的なお願いができない理由は、元来、伊勢神宮には「私幣禁断(しへいきんだん)」という制度があり、天皇以外の奉納(お供え物)や願い事が禁止されていたためです。

「幣」は、「幣(ぬさ)」とも読み、当時の価値では物として「紙、麻、木綿」の事を指しました。現在風に例えれば「紙幣(お札=賽銭)」のことを指します。

よって「私幣禁断」とは、「幣」に「私」を合わせて「個人の奉納は禁止とします」と解釈されます。

あなたが日頃、何事もなく無事でいられるのは神々のご加護の賜物であり、本来は何事もない平常を維持できていることに感謝をするべきです。

つまり、正宮で行うのは日頃、何事もなく無事で今日まで生きて来られたことに感謝をする(報告する)と言ったことになります。

したがって、個人的なお願い事は、それぞれの「第一別宮」で行います。

  • 第一別宮:外宮は「荒祭宮」、内宮は「多賀宮

ただし、「内宮の参拝ルート」で上述したように、瀧祭神へ参拝すると「願い事を天照大御神に取り次いでいただける」とのことですので、これは言い方を変えると「瀧祭神へ願い事を告げることによって、天照大御神に願い事を聞いてもらえる」といった解釈もできます。

 

尚、多賀宮、荒祭宮で願い事が許されている理由に関しては当サイトの以下↓の別ページでご紹介しております。

これ肝心!伊勢神宮の参拝は「二礼二拍手一礼」!

これは参拝の基本ともなることですが、お祈りを捧げる時には必ず拍手をします。

拍手とは両手を合わせて音を鳴らすことです。

伊勢神宮の正式な参拝方法としては、通常の神社と同じく「二礼二拍手一礼」になります。

「二礼二拍手一礼」のやり方(作法)

  1. お賽銭入れの前に立ちます。
  2. 次に帽子を被っている場合は脱帽します。
  3. お賽銭を入れます。
  4. 通常の神社であれば次に鈴を鳴らします。(神宮には鈴がありません)
  5. そして90度の角度で頭を垂れ、これを2回繰り返します。(2回礼をします)
  6. 次に肩幅に両腕を開き拍手を2回打ちます。拍手を打つ時、利き腕の手の平を少しズラすのがコツです。
  7. そして静かに両手を合わせて祈願します。
  8. 最後にもう1度、90度の礼をします。

画像引用先:観光三重

以上が2礼2拍手1礼になります。

参拝自体、あまりなさらない方であれば不慣れな方も多いでしょう。

しかし慣れれば誰でも簡単にできますので、焦らずにゆっくりでも良いので慣れることを目標としてみてください。

失敗しても良いのでまずは実行することが肝心です。

神様も努力する真摯なあなたの気持ちにきっとお答えくださいます。

女性の参拝者は特に服装に注意が必要!

伊勢神宮の正しい参拝方法と正しい服装と参拝順番服装は特に決まりはありませんが、あまり華美(特にキラキラと光る派手な格好)にならないように気を使いましょう。

特に女性は、肌の露出度が高いものは避けた方がよいですね。

肩の見える服(特に女性はオフショルダー、男性はタンクトップ)も、避けてください。

それと、境内は玉砂利の道も多いので、「ヒール」や「ブーツ」など、かかとの高い靴も避けた方が無難です。

また、これは参拝する際の基本的なマナーとなりますが、特に若い世代の方はあまり知らない方も多いと思われますのでお伝えしておきます。

これはすべての神社やお寺でも言えることですが、「お賽銭を入れる前=御神前」に必ず帽子は脱ぐように心がけます。

神々の御前になりますので、帽子を被ったまま祈願するのは無礼な行為になります。

特に大御神の前では尚のことです。

後で大御神からドギつい~イお仕置きを受けることになりますから。ウフ


スポンサードリンク -Sponsored Link-






伊勢神宮(内宮・外宮)の参拝の種類

通常、伊勢神宮へ参拝された際に、誰しもが思い浮かべる参拝方法は、両宮の御正宮でお賽銭を入れて手を合わせる参拝方法です。

しかし、伊勢神宮には他にも参拝の種類がありますので、以下でご紹介しておきます。

 特別参拝(御垣内参拝)

御垣内参拝とは「みかきうちさんぱい」と読み、これは内宮・外宮の両宮の御正宮の垣根(かきね/壁)の奥に入って参拝することです。通称「特別参拝」の名前で知られています。

通常の参拝であれば上述したように「御幌(みとばり)」と呼ばれる白い布の前までしか参拝できません。

しかし、”ある事”をすると、「御垣内(みかきうち)」と呼ばれる「白い布の奥」へ入って参拝することができます。

その”ある事”というのが、定められた金銭を奉納することです。

特別参拝(御垣内参拝)でお納めする料金(初穂料)

御垣内へ入るためには、大金を奉納しないと入場できないようなイメージがあります。

しかし、驚くことになんと!!1000円→2000円を初穂料として納めるだけで御垣内へ入って参拝することができます。

さらに奉納金の額に応じて御垣内の参拝できる位置が変わってくるのです。

  • 1000円→2000円~:外玉垣南御門の内側まで
  • 10万円~:中重御鳥居まで
  • 100万円以上:内玉垣南御門外まで

ちなみに、これらの奉納金の金額ですが、上限はなく、いくらでも奉納できます。

ところで・・最上ランクの「内玉垣南御門外」ってドコ?

ここで「御垣内参拝のメリット」などと軽々しく口にするのも畏れ多いことなのですが、御垣内参拝のメリットとは、やはり大御神の御座す(おわす)御正殿(ごしょうでん)から至近距離での参拝ができることです。

「御正殿」とは、御正宮の内部のほぼ中心に位置する、神宮の中でもっとも尊い殿舎(社)になります。

以下に両宮の御正宮の内部(御垣内)の地図を掲載しておきます。

上図を見れば一目瞭然ですが、「外玉垣南御門中重御鳥居内玉垣南御門外」の順番で御正殿に近づいているのが分かります。

特別参宮章

上述した、定められた料金をまずは内宮or外宮境内の「神楽殿」で奉納します。つまり、神楽殿で申し込みをします。(事前予約は不可)

その後、「特別参宮章(とくべつさんぐうしょう)」というカードを授与していただけます。

⬆特別参宮章(写真は3級会員のもの)

この特別参宮章には、内宮と外宮でそれぞれ特別参拝する度にハンコが押されます。

例えば内宮で御垣内参拝をしたのであれば「内宮」と彫られた丸い形のハンコが押されます。外宮も同様です。

有効期限に関しては、「平成○○年まで有効」と記載されていますので、例えば、1日目は外宮、2日目に内宮といった具合に自分の予定に合わせた使用ができます。

ちなみに、特別参拝で納めた金銭は次回の「式年遷宮の資金」にあてられます。

1000円→2000円の奉納で特別参拝できる回数は、内宮・外宮とでそれぞれ1回限りです。

【補足】特別参拝するための順番

 まず、当日の服装をチェック(スーツ(ブラックフォーマル・ネクタイ)に革靴が基本ライン)
 神楽殿で特別参拝したい旨を告げて申し込む。
 特別参宮章が授与される。
 特別参宮章をもって御幌の左脇にある「南宿衛屋」へ行って氏名・住所を記入する。
 その後、神職の方から”清めの塩”のお祓いを受ける。
 あとは、神職の方の先導により御垣内を参拝する。

服装をチェックする理由は、カジュアルすぎると神楽殿で特別参拝を申し出た時、もしくは南宿衛屋にて特別参拝を断られる場合があるからです。

 お神楽を奏上する!(ご祈祷)

江戸時代では伊勢神宮を参拝した際、多くの方がお神楽の奏上を夢見ました。

「夢見た」とは、どういうことかと言いますと、江戸時代、伊勢神宮でお神楽を申し込むのには、かなりの大金が必要でした。

現在の伊勢神宮では、他の神社と変わらない初穂料(料金)でお神楽を申し込むことができますので、神宮参拝された際は是非!お神楽の奏上を検討してみてください。

ちなみに、神社における正式参拝とは、本来、お神楽を奏上するまでが一応の正式参拝とされています。

伊勢神宮のお神楽の料金(初穂料)

・御饌(みけ):5000円(ご祈祷のみ)
・御神楽:1万5000円~(舞:倭舞)

・大々神楽:5万円~(舞:倭舞+人長舞)
・別大々神楽:10万円~(舞:倭舞+人長舞+舞楽1曲)
・特別大々神楽:50万円~(舞:倭舞+人長舞+舞楽2曲)

 お神楽の申し込み場所:内宮・外宮の「神楽殿(かぐらでん)」
 お神楽の所要時間:約25分から40分(御饌のみは約15分。申し込んだお神楽の内容による)
 申し込みできる時間:8時30分から16時まで
 注意:スーツやそれに準じた服装(カジュアルの場合は相談)が必要

神楽殿に関しての詳細は以下の別ページにてご紹介しています。

伊勢神宮(-JINGU-)◆ 神楽殿(KAGURADEN)

 

意外に知られていないお賽銭の額の注意点

お賽銭と聞けば1円玉や5円玉を入れる方が多いですが、あまり知られていないお賽銭の額についての注意点をご紹介しておきます。

  • 5円玉(ご縁がありますように)
  • 11円(イイ)
  • 41円(良い)
  • 45円(始終ご縁がありますように)

しかし、お賽銭は気持ちの問題ですので、10円玉を入れたからといって縁が”遠のく(十のく)”わけではありません。

大事なのは神様に対しての日々の感謝を表した誠実なあなたの気持ちです。

その他、「500円には効果がない」などと言われています。この理由は「500円以上は硬貨(効果)がない」に紐づくようです。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ