伊勢神宮(-JINGU-)◆ 風宮(KAZE-NO-MIYA)

スポンサードリンク

伊勢神宮(-JINGU-)◆ 風宮(KAZE-NO-MIYA)

伊勢神宮・外宮(別宮)「風宮(かぜのみや)」

創建年

  • 推定約997年(長徳3年)以前
建築様式(造り)

  • 切妻造り
  • 平入
  • 掘立柱

※神明造り

屋根の造り

  • 茅葺き(萱葺)
鰹木の数

  • 5本
千木の形

  • 鋭鋒型(外削ぎ)
素材

  • 檜(ヒノキ)
大きさ(正殿)

  • 棟持柱の高さ(地面から棟まで):不明
  • 梁間:不明
  • 桁行:不明
鳥居の形式(境内)

  • 神明鳥居(伊勢鳥居)
御祭神

  • 級長津彦命
  • 級長戸辺命
社格

  • 伊勢神宮・外宮(豊受大神宮)「別宮」

「風宮」の読み方

伊勢神宮の境内には、いくつか名前の読みにくいお社が存在します。

ちなみに、「風宮」は「かぜのみや」と読みます。

なお、伊勢神宮・内宮の4別宮の内第4位の社格となっております。

風宮の御祭神「級長津彦命」「級長戸辺命」について

「風宮(かぜのみや)」は、伊勢神宮・外宮(別宮)に属する、お宮であり、御祭神は以下のお二人の神様です。

  • 風の神「級長津彦命(しなつひこのみこと)
  • 風の神「級長戸辺命(しなとべのみこと)

をお祀りしています。

このお二人の神様は、内宮・別宮の「風日祈宮(かざひのみや)」でお祀りしている神様と同じ神様となります。

両神様は、伊弉諾尊(イザナギのみこと)の御子神とされており、日本書紀においては、伊奘諾尊が立ち込める「朝霧」に自らの息を吹きかけて、霧を吹き払った時に生まれたとされています。

また、別名を「志那都比古神」とも発し、「速秋津日子神(はやあきつひこの)」と「速秋津比売神(はやあきつひめの)」の御子神とも云われております。

なお、「級長津彦命」に関しては、伊奘諾尊の御妻神である「伊邪那美命(イザナミのみこと)」が生んだ御子神とされています。

しかし、現在までの通説では、このお二人の神様は同一の神様であるとされています。

伊勢神宮・風宮の「神風伝説」


スポンサードリンク -Sponsored Link-






風宮に伝わる有名な話として、鎌倉時代中期に、アジア大陸を支配していたモンゴル帝国と高句麗(韓国)から2度にわたり行われた日本侵略劇「元寇(げんこう)」の際に、2度とも神風を吹かせて船団の多くを沈没させたということです。

この功績から、後に風宮は内宮の風日祈宮と共に、日本の国の救済する神としての神格を帯びて行くこととなります。

ただ、この際に昇格した神社は、外宮の風宮、内宮の風日祈宮だけではなく、西日本の日本海側に面していた博多湾にほど近い、風の神をお祀りした神社などは、ほとんどが昇格されています。

風宮」の歴史・由来

「風宮」は、外宮別宮で、御正宮の近くの「御池」にかかった「亀石」を渡って南側にあります。

この風宮は本来、「風社(かぜのやしろ)」と呼称されていました。

農業と関わりが深く、雨と風を司る神様です。

稲などの農作物が無事に生育するようにとの祈りが捧げられてきました。

そして、風社のお社は、内宮の境内にも存在し、過去では、社格も「末社(まっしゃ)」か、それ以下であったといいます。

つまり、伊勢神宮の内宮・外宮の宮域で、それぞれ1つずつ、存在したことになります。

しかし、上述の蒙古襲来(元寇)の「文永の役(1274年)」・「弘安の役(1281年)」に2度も大風を吹かせて、蒙古軍(モンゴル帝国・高句麗連合軍)を追い払ったとして、1293年(正応6年)に、天皇の御下知によって社格が「別宮」へと格上げされています。

伊勢神宮・風宮の「守り神伝説」

昭和34年(1959年)の伊勢湾台風の時には、「風宮」にある大木が倒れて、屋根が壊れたそうです。

神宮の他の場所では被害がなかったため、当時の人々は「風宮」が自ら被害を引き受けて、神宮を守ったのだと語り合ったとの逸話が残っています。

外宮(別宮)「風宮」と内宮(別宮)「風日祈宮」との違い

「風宮」と「風日祈宮」の違いとは、単純に名前に違いだけのように思われます。

両お宮とも、「風日祈祭(かざひのみさい)」という、祭事が執り行われております。

また、御祭神も同じですので大きな違いはありません。

ただ、社殿の造りに関していえば、鰹木(勝男木)の本数が奇数か偶数かの違いはあります。

これは、両お宮の正宮の御正殿の鰹木の本数に由来するものだと思われます。

伊勢神宮・風日祈祭(かざひのみさい)について

このお祭りは、7月1日から8月の末日まで執り行われる神宮の中でも重要な御祭事です。

この間、約2ヶ月近くありますが、毎日、ご祈祷が捧げられます。

古来の日本では、水と風に逆らって生きてはいけませんでした。

つまり、水と風は作物の育成を促すには、重要な要素であったからです。

そこで、風の神にお祈りを捧げて、災害がなく秋のお米の収穫に時期には豊作になって、再び、1年が無事に過ごせるようにとご祈祷を捧げました。

なお、風日祈祭が他の神事と少し異なる点は、奉納する物として「御幣(ごへい)」「御蓑(みみの)」「御笠(みかさ)」をお捧げするところです。

「御蓑」、「御笠」を捧げる理由は、雨と風を適度に授かることができるようにとの意味合いが込められています。

なお、鎌倉時代では別名「御笠の神事」とも呼称されていたようです。

 伊勢神宮・外宮(別宮)「風宮」 付近の不思議なパワースポット!「3つの石」

「三ツ石」

伊勢神宮パワースポット「三ツ石」1498年の大地震の際、地形が変わる程の大きな被害を受けた場所です。

ここは、式年遷宮の時には祭主や奉仕員を祓い清める場所(川原祓所/かわはらのはらいしょ)になります。

「亀石」

伊勢神宮パワースポット亀石御池の中堤にかかる大きな石の橋です。

亀の姿に似ています。高倉山古墳の入口にあった岩とも言われています。

「地蔵石」

伊勢神宮パワースポット地蔵石多賀宮の前の参道に、ひとつだけ飛び出た石があります。

お地蔵さんに見えることから地蔵石と呼ばれています。

外宮のオススメ参拝ルート

※注釈※
伊勢神宮の正しい参拝のコースは外宮⇒内宮が基本で、他には特に無いとされていますが、外宮の境内においては、『「多賀宮」→「土宮」→「風宮」』と、いう参拝が基本とされているようです。
スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ