伊勢神宮(-JINGU-)◆ 山口祭場(YAMGUCHI-SAIJYO)

スポンサードリンク

伊勢神宮(-JINGU-)◆ 山口祭場(YAMGUCHI-SAIJYO)

⬆️衛士を先頭に忌鍛冶(いみかじ/青装束)&小工(こだくみ)が祭場へ参進する様子(画像は伊勢の神宮公式より)

「山口祭場」とは?

山口祭場は伊勢の神宮最大の行事・祭典である「式年遷宮(しきねんせんぐう)で用いられる重要な祭場とな〜る。

山口祭場で執行される祭典(神事)

山口祭

山口祭は、山の入口にて山神をまつる祭礼(儀式)のこと。ゆえに山口祭と呼ばれる。

山口祭は神宮特有の祭礼ではなく、山仕事をするなどの理由で山へ入るとき、山の神を盛大にもてなし、ご加護を祈念したり、山の産物をいただくことの許しを得るための儀式でもあ〜る。

伊勢神宮では20年に一度、式年遷宮と呼ばれる祭典(神事)行うが、当・山口祭は外宮(豊受大神宮)の式年遷宮にて最初に執行される祭典であ〜る。

式年遷宮とは老朽化した宮域内の社殿を取り壊して新たに新造し、神々を旧社殿から新造された社殿にお遷しする儀式・祭典のこと。また神々に

奉納される神宝類も一新され〜る。ちなみに廃材は全国の神社などで再利用され〜る。

木造の社殿群を新造するので膨大な用材(木材)が必要になってくるが、用材(樹木)にも神が宿るという自然崇拝のもと、山口祭とは用材を切り出す御杣山(みそまやま)の山神を盛大に祭る儀式とな〜る。

現今、式年遷宮の用材は木曽山中に位置する神宮備林(じんぐうびりん/長野県木曽郡と岐阜県中津川市)にて、まかなわれるが、往時は外宮後方にそびえる高倉山(たかくらやま)や内宮後方の神路山(かみじやま)から切り出した。(”御杣山”とは用材を切り出す山のこと)

伊勢の神宮では、往古に執行された儀式を、ありのままに幾世代にもわたって踏襲することから、たとえ御杣山が伊勢の地を離れ、木曽山中に移ったとしても、その祭礼は古式に則って外宮は高倉山、内宮は神路山の山口にて執行され〜る。

以上、長くなり申したが、内宮or外宮それぞれの山口祭が執行される場所こそが、山口祭場とな〜る。

ちなみに直近の式年遷宮となる第62回式年遷宮の山口祭は2005年(平成十七年)5月2日に執行された。

山口祭場の場所

内宮の山口祭場

内宮の山口祭が執行される場所は、神宮司庁裏手の山の麓(神路山)。


外宮の山口祭場

外宮の山口祭場は下御井神社(しものみいのじんじゃ)の北隣に位置(高倉山の麓)。

下御井神社は土宮の南奥地に位置す〜る胸の‥‥ではなく、「下部坂(おりべさか)」!!の谷間にあ〜る。ふぅ


外宮のオススメ参拝ルート

スポンサードリンク -Sponsored Link-


当サイトの内容には一部、専門性のある掲載がありますが、これらは信頼できる情報源を複数参照して掲載しているつもりです。 また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。