五十鈴川駅(近鉄)から伊勢神宮「内宮」までのアクセス

スポンサードリンク

内宮の最寄りバス停

  • 内宮前バス停

内宮の最寄駅

  • 五十鈴川駅

バスを利用する場合

内宮までの移動ルート

五十鈴川駅(近鉄)の改札口を出て、目の前に見えるロータリー内の三交バス「五十鈴川駅前バス停」の「2番のりば」から「内宮前行き」へ乗車。(五十鈴川駅は改札口が一ヶ所のみのため、迷う心配は皆無💋)

⬆️警察署の前の信号で信号無視する度胸ほど噂の‥‥「五十鈴川駅(外観)」….そんな強者おるんか?

五十鈴川駅のバスのりばの場所

🚌乗車する系統

⬆️五十鈴川駅前バス停(三交バス)と停留中のバスは奇異な外観の「神都バス」

⬆️2番のりば(外観)

↓乗車時間約06分

内宮前バス停」で下車し、内宮御正宮(本殿)を目指して移動を開始💘

↓徒歩約04分

宇治橋(内宮入口)

↓徒歩約10分

内宮御正宮(本殿)


所要時間:約20分
料金:260円/小人130円

【豆知識🐣ピヨ01】伊勢市内を循環するバス一覧

伊勢市内を循環するバスには、主に以下のような種類がある。

三交バス(三重交通バス)

伊勢市駅、宇治山田駅、外宮、内宮などの伊勢市内の主要なスポット経由する「51系統・55系統」は利用客も多く、比例して運行本数も10分に1本と管内最多を誇る。特に51系統が多い。

おそらく、51系統と55系統は外宮と内宮間を移動する際に高頻度で乗車するバスになると思われるが、運行ルートが若干、異なるので乗車時は要注意💘

電気バス

「電気バス」はポケモンキャラのデザインが車体にあしらわれたカラフルふるふるコノヤローなほどにカラフルなバスであり、小生意気な鼻垂れクソガキ共‥おっと、将来有望かつ実にお利口な御坊ちゃまたち!!‥に大・人・気❤️ ふぅ

電気バスも「51系統」と「55系統」のバスと同じ経路を運行す〜る。

神都バス

実は明治36年から昭和36年の間、「神都」とも呼ばれた伊勢市内に路面電車が走行していた事実はあまり知られていない。

神都バスは、まさにその路面電車を模倣した外観を採用し、名前も「神都」と付した、伊勢の歴史を表出したようなバスともいえる。

神都バスも上記、電気バスと同じく、「51系統」と「55系統」のルートを走行す〜る。

なお、神都バスは1日の運行本数が2本〜4本と少なく、あまつさえ、最大で16時台までしか運行が無いので、乗車する際には事前に時間を調べておく必要があ〜る。

神都バスの詳細(三交バス公式)

神都ライナー

2020年(令和二年)12月19日、三重県初のムカデバス‥‥あいや、連節バス!!である「神都ライナー」の試運転が実施された。

神都ライナーは、ムカデ‥‥ではなく、連節バス!! シツコイ‥‥ということで通常のバスと比較して長大な車体を有し、全長18m、113人もの乗客を素敵に収容でき〜る。…素敵に収容?

ここで「曲がるとき大変そやな〜」‥‥などという疑問が生じるコノヤロー共は、おそらくサンリオくじ引いて1発で上位賞を獲得できるエナジーはありそぅだが、このバスは世にも珍しき、電車車両に見られるカプラー(連結器)が中央部に素敵に据え付けられた、特徴的な車体になってい‥‥申す。プしゅ〜 (バスドアの閉じ音を表現)…ワカコ酒?

以上、晴れて2021年(令和三年)4月1日より、当バスは「外宮内宮線(伊勢市駅~伊勢神宮外宮~内宮)」の間を「特急バス」として現在も素敵に運行してい‥‥ます。…素敵素敵ウルさいわぃ!

神都ライナースペシャルサイト

ピヨ🐣運行ルート

伊勢市駅→外宮前→五十鈴川駅前→内宮前→神宮会館前→猿田彦神社前(宇治浦田)→伊勢市駅

※2023年09月現在のルート

伊勢二見鳥羽周遊バス・CANバス

伊勢二見鳥羽周遊バス・CANバス車体外観

「CANバス」は海の街である鳥羽や二見をイメージした、色鮮やかなブルーボディのバス。(臨時便などは一般車両が使用されるケースもあるらしい)

基本、51系統のルートで走行し、鳥羽水族館伊勢シーパラダイスなどのレジャー施設が点在する鳥羽or二見方面へも素敵に運行す〜る。….ふぅ

ピヨ🐣CANバスの運行ルート

宇治山田駅→伊勢市駅前外宮前→神宮徴古館前→五十鈴川駅前→中村町→猿田彦神社→神宮会館前→内宮前(終点だけど折り返し)→神宮会館前→猿田彦神社→サンアリーナ→伊勢忍者キングダム→二見裏参道→二見総合支所前→夫婦岩東口・伊勢シーパラダイス前→民話の駅・蘇民前→池の浦→鳥羽バスセンター→鳥羽水族館・ミキモト真珠島→鳥羽シーサイドホテル

以上のルートは2023年09月現在のもの。

CANバスの詳細(三交バス公式)


スポンサードリンク -Sponsored Link- 







「おかげバス」について

おかげバス車体外観⬆おかげバスの外観。全般的に小ぶりで、まさに地域住民に愛されるコニュニティバスと言えよぅ❤️

「おかげバス」とは伊勢市が運営する地域密着型のコミュニティバスになる。

おかげバスは内宮へは行かないが、外宮付近には停留所があって伊勢市駅発のバスが経由するので、伊勢市駅から外宮を目指す際には利用はできる。

もっぱら伊勢へ来遊する観光客の大半は三交バス(三重交通バス)を利用すると思われるので、三交バスが停留しない地域を運行するこのバスへ乗車する機会は、まず無いと思われ〜る


伊勢市駅から外宮までの所要時間:約05分

おかげバスの料金(1回一律):大人(12歳以上)200円/小人・障がい者100円

乗車する系統:「おかげバス環状線(右回り)」

乗車するバス停:伊勢市駅前「9番のりばと10番のりばの間」

下車するバス停:「一志町バス停」

以上の情報は2023年09月現在のもの。

 おかげバスの詳細&時刻表はコチラ

おかげバスのバス停(外観)

⬆おかげバスのバス停の外観。茶色の看板が目印!

「参宮バス」について

参宮バス車体外観

参宮バスは三重交通が素敵に運行するバスだが、乗車客が少ないことから2013年(平成25年)7月20日にて神宮参拝路線の運行中止を決定した。

然るに神宮参拝において参宮バスを利用することは皆無💋

現在、当バスは土日祝日および、繁忙期(盆、年末年始)にのみ、五十鈴川駅(近鉄)から伊勢志摩スカイラインを経て、朝熊山山頂の金剛證寺までを素敵に運行す〜る。(1日5往復) …アカン、”素敵”が素敵にやめれん …ほら

参宮バスの詳細(三交バス公式)

内宮前バス停から内宮正宮(本殿)までの移動ルート

⬆内宮前バス停の場所(地図)

内宮前バス停から内宮入口(宇治橋の鳥居)までは約04分。

内宮入口から御正宮(本殿)までは徒歩約10分。

伊勢神宮・内宮(境内)のおすすめの参拝ルート

タクシーを利用

タクシー料金:約1,360
タクシー所要時間:06分(渋滞を除く)
タクシー距離:約3.3km

ハイシーズンにはバス&タクシー専用車線が特設されることもある

伊勢市内ではGWや紅葉の季節などの繁忙期になればパークアンドバスライドが実施されることがある。

このとき、バス専用の車線が設けられるのだが、タクシーもバス専用道路を走行できるので利便性はそれほど損なわない。

万が一、タクシーが乗り場にいない場合は、以下のタクシー会社へ電話をかけて確認してみても良い。

伊勢市内の主要なタクシー会社

株式会社三交タクシー・伊勢営業所

住所:伊勢市竹ケ鼻町237-7
公式サイト:http://www.sanco-taxi.co.jp/

電話番号:0596-36-5333
迎車料金:1回150円

三重近鉄タクシー株式会社・伊勢営業所

住所:伊勢市本町19番22号
公式サイト:https://www.miekintetsutaxi.co.jp/

電話番号:0596-28-3171
迎車料金:1回150円


スポンサードリンク -Sponsored Link- 







五十鈴川駅から内宮まで歩いて行くのもオススメ💘

当駅は伊勢神宮・内宮の最寄駅ではあるも、徒歩で30分近くはかかる。

そこでバス代を払いたくないケチ & 払えないボンビーは、節約思考がふと脳裏をよぎり、徒歩で歩み出したいところ。….そら、君のことや

然るに移動手段は乗り物をイメージしてしまうが、江戸時代中期、伊勢の地は”おかげ参り”で一躍、天下にその名が聞こえた一大観光地でもあり、諸所にその名残を残す。

特に五十鈴川駅近くに位置する「麻吉旅館」や「伊勢古市参宮街道資料館」などは、伊勢観光を充実したものとするならば、必見的な見どころともなる。(詳細は後述)

五十鈴川駅から「おかげ横丁」を経て内宮までの移動ルート

五十鈴川駅を右方へ出て駐輪場がある方へ素敵に進む。…どんな素晴らしい進み方や

⬆五十鈴川駅の駐輪場。駐輪場手前の歩道を駅舎前から直進して駅の敷地から脱出する!ふぉぉぉ~っぅぁわぉっ! …..シャラップ!

⬆駐輪場から出てきたところ。向かい側の歩道から見ているため逆方向になっているが右折する。

⬆この道(県道12号線)沿いをひたすら直進!!者共~っ!出陣じゃ~!..ちゃ~ …悪いけどぜんっぜん、オモろんない …もぅダマっといて

⬆️「五十鈴中学校」交差点で左折する形で横断歩道を渡る。ここまで約7分。

⬆️あとはふたたび直進!

⬆途次、左側に内宮別宮の月読宮がある。参宮に訪れたのであれば礼拝はしておくべきであろぅ。なお、当宮の主祭神は「月読命」。

月読宮の参拝を終え境内を左へ出て再び直進!

五十鈴川駅から→月読宮までの移動ルート

⬆️月読宮から5分ほど直進すると「中村町バス停」とその奥に「中村町北交差点」が素敵に現れ〜る。…どんな素晴らしい現れ方や

GW、年末年始、紅葉時期の土日祝日はこの交差点から内宮前あたりまで交通規制が実施されることがある。ひとまず直進!

中村町北交差点で左の脇道へ入る。

中村町北交差点付近には下記のような伊勢観光に華を添えてくれるような施設があるので素敵に併記しておく。….アカン、素敵とまらん

伊勢人力車玉屋 (漫談人力車)

住所:伊勢市中村町607−54
公式サイト:http://tamaya-ma.monster/rickshaw/
営業時間:10時~17時00分(予約優先)
定休日:不定休
料金:上記、公式サイトを要チェック💘

伊勢焼陶芸体験工房

住所:宇治浦田1-22-36
公式サイト:http://iseyaki.com/menu.php
営業時間:10時~17時(予約優先)
定休日:不定休
料金:上記、公式サイトを要チェック💘

予約or詳細は下記、アソビュー!(asoview)を要チェック💘

5分ほど歩くと「株式会社浜幸パール」が運営する「お伊勢参り資料館」が出てくる。

お伊勢参り資料館

住所:伊勢市宇治浦田1丁目15番20号(㈱浜幸パール横)
公式サイト:https://www.hamaco.co.jp/
営業時間:9時から17時、12月31日~1月3日
定休日:火曜日
料金:大人300円/老人・小人100円

お伊勢参り資料館では、和紙人形を用いて江戸時代のお伊勢参りの様子を表現したジオラマ(模型)がある。
参宮前にお伊勢参りの歴史が素敵に学習でき〜る。‥‥‥ふぅ、ノンストップ、 恋は盲目状態💕 意味不明

⬆お伊勢参りの様子を描いた和紙人形

宇治浦田観光案内所

住所:伊勢市宇治浦田1丁目10番25号(宇治第二駐車場横)
公式サイト:https://ise-kanko.jp/purpose/ujiurata-info/
営業時間:6時00分~19時00分
定休日:年中無休

観光案内所内部には伊勢情報がギッシリと紹介された、数多のパンフレットなどが素クっ、(耐)‥配架され〜る。

観光案内所の前は道路になっているが、付近周辺には横断歩道がない。

代わりに「おかげ参道」なる地下道があって道路向こうへ出られ〜る。

内宮おかげ参道の内部の様子

⬆️内部には、かつてお伊勢参りで全国から押し寄せた参拝者たちの姿を描いた屏風絵が素‥敵に飾られ〜る💕 防ぎきれんかった….

ハート型の石コロ探しも楽しみの一つ?

⬆️出口付近(おはらい町側)には「ハート型の石」が壁面に素敵に埋め込まれてい‥‥申す。あひょ

「ハート型の石コロころころドコいった‥‥」を偶然に見つけることができたならば‥‥‥まぁ、特になんもないんちゃぅ。なんやソレ …なんかあろうや

⬆️内宮おかげ参道(逆側)

⬆️出てきた瞬間の景色⬆️付近にトイレも素敵にある …トイレの素敵いるか?

⬆️三交バスの「浦田町バス停」も付近に素敵にある ….まぁその素敵は多少アリか

内宮おかげ参道から出てくると、目の前にパンツ丸見えの如くに見え〜る道を直進す〜ると「おはらい町通り」に出られ〜る。なんでニョロっと伸ばし始めた

⬆️おはらい町通りが見える(三叉路)。左折した先に「おかげ横丁」や「内宮」がある。

おはらい町通りを直進した先に泣く子も黙る著名な「おかげ横丁」の入口が視界に素敵に現れ〜る。泣く子も黙る? …素敵、ちょぃ休憩しよか

⬆️「招き猫の石像」がおかげ横丁の入口を示すシンボリックなオブジェとなる。

おかげ横丁

住所:伊勢市宇治中之切町52
公式サイト:https://okageyokocho.com/
営業時間:9時30分~18時00分(季節によって変動あり)
定休日:年中無休

⬆5分ほど進むと宇治橋の鳥居(内宮入口の鳥居)が見える。鳥居脇に見えるある建物は「衛士見張所」。

月読宮から宇治橋(内宮入口)までの移動ルート

五十鈴川駅から「伊勢神宮・内宮」までの所要時間・距離

所要時間:約30分
距離:約2.2km

五十鈴川駅から「旧参宮街道(現・伊勢街道)」を抜ける道もオススメ

五十鈴川駅から徒歩約5分のところに「伊勢古市参宮街道資料館」と称する施設があ〜る。

伊勢古市参宮街道資料館(公式)

この施設では江戸時代、お伊勢参りで殷賑極まった伊勢の様子を素敵に紹介す〜る。どんな素晴らしき、ご紹介の仕方や 

他にも途次、かつて遊郭だった「麻吉旅館」も現役で営業しているなど、諸所にかつての伊勢の風情が素敵に感じられ〜る。

五十鈴川駅から古市街道(旧・参宮街道)を通行するルート

内宮から歩いた場合は1時間!

外宮付近に位置する「伊勢市駅や「宇治山田駅」から内宮まで歩いた場合、距離が約4.5キロメートル、移動時間が約1時間はかかる。

時間が許せるのであれば、歩く人は極少だが、宇治山田駅南方の往時の遊郭街「古市」を抜ける「旧参宮街道(現・伊勢街道)」を通行して内宮を目指すのも、江戸時代の伊勢の風情を味わうつもりで歩いてみるのもオススメできる。

関連記事一覧

スポンサードリンク -Sponsored Link-


当サイトの内容には一部、専門性のある掲載がありますが、これらは信頼できる情報源を複数参照して掲載しているつもりです。 また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。