伊勢神宮(内宮・外宮)の特別参拝(御垣内参拝)とは?

スポンサードリンク

伊勢神宮(内宮・外宮)の特別参拝(御垣内参拝)とは?

通常、神社へ参拝された際に、誰もが思い浮かべる参拝方法は、ご本殿の前でお賽銭を入れて手を合わせる方法だと思います。

しかし、伊勢神宮には他にも、特別な参拝方法がありますので、以下でご紹介します。

伊勢神宮の特別参拝(御垣内参拝)とは?

御垣内参拝は「みかきうちさんぱい」と読み、これは内宮・外宮の両宮の御正宮の垣根(かきね/壁)の奥に入って参拝することです。

通称「特別参拝」の名前で知られています。

通常の参拝であれば、「御幌(みとばり)」と呼ばれる白い布の前までしか行けません。

しかし、”ある事”をすると、「御垣内(みかきうち)」と呼ばれる「白い布の奥」へ入って参拝することができます。

その”ある事”というのが、定められた金銭を奉納することです。

特別参拝(御垣内参拝)の料金(初穂料)は2,000円から!

御垣内へ入るためには、大金を奉納しないと入場できないようなイメージがあります。

しかし、驚くことになんと!!1000円→2000円を初穂料として納めるだけで御垣内へ入って参拝することができます。

ただし、奉納金の額に応じて御垣内の参拝できる位置が変わってきますので、以下をご参照ください。

  • 1000円→2000円~:外玉垣南御門の内側まで
  • 10万円~:中重御鳥居まで
  • 100万円以上:内玉垣南御門外まで

ちなみに、これらの奉納金の金額ですが、上限はなく、多い分には、いくらでも奉納できます。

特別参拝(御垣内参拝)は予約できる?

伊勢神宮の特別参拝(御垣内参拝)は事前に予約をすることはできません。

現地で直接お申込みください。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






特別参拝(御垣内参拝)ではここまで入れる!最高ランク「内玉垣南御門外」とは!?

ここで「御垣内参拝のメリット」などと軽々しく口にするのも畏れ多いことなのですが、

・・御垣内参拝のメリットとは、やはり大御神の御座す(おわす)御正殿(ごしょうでん)から至近距離での参拝ができることです。

「御正殿」とは、御正宮の内部のほぼ中心に位置する、神宮の中でもっとも尊い殿舎(社)になります。

以下に両宮の御正宮の内部(御垣内)の地図を掲載しておきます。

上図を見れば、「外玉垣南御門中重御鳥居内玉垣南御門外」の順番で御正殿に近づいているのが分かります。

内宮・外宮の御正宮の御祭神や建築様式などに関して詳しくは、当サイトの以下のページでご紹介しています。

特別参拝(御垣内参拝)の段取り(順番)

ここで、特別参拝(御垣内参拝)当日の流れをご紹介します。

 まず、当日の服装をチェックする。
※スーツ(ブラックフォーマル・ネクタイ)に革靴が基本

 神楽殿で特別参拝したい旨を告げて申し込む。

 特別参宮章が授与される。

 特別参宮章を持って御幌の左脇にある「南宿衛屋」へ行って氏名・住所を記入する。

 その後、神職の方から”清めの塩”のお祓いを受ける。

 あとは、神職の方の先導により御垣内を参拝する。

服装をチェックする理由は、カジュアルすぎると神楽殿で特別参拝を申し出た時、もしくは南宿衛屋にて、特別参拝を断られる場合があるからです。

神楽殿に関して詳しくは、当サイトの以下のページでご紹介しています。

特別参宮章とは?

定められた料金をまずは内宮or外宮境内の「神楽殿」で奉納します。

これが申し込みになります。

その後、「特別参宮章(とくべつさんぐうしょう)」というカードを授与していただけます。

⬆特別参宮章(写真は3級会員のもの)

この特別参宮章には、内宮と外宮でそれぞれ特別参拝する度にハンコが押されます。

例えば内宮で御垣内参拝をしたのであれば「内宮」と彫られた丸い形のハンコが押されます。外宮も同様です。

有効期限に関しては、「平成○○年まで有効」と記載されていますので、例えば、1日目は外宮、2日目に内宮といった具合に自分の予定に合わせた使用ができます。

ちなみに、特別参拝で納めた金銭は次回の「式年遷宮の資金」にあてられます。

1000円→2000円の奉納で特別参拝できる回数は、内宮・外宮とでそれぞれ1回限りです。

伊勢神宮の正しい参拝方法・服装・注意点について

伊勢神宮には、外宮→内宮の順番で参拝するという習わしがあり、更に、外宮・内宮境内にある複数のお社を回る順番についても、伝統的な決まりがあります。

また、由緒正しい神社に詣でるにあたっては、服装にも注意しておきたいところです。

伊勢神宮の正しい参拝ルート、所要時間、参拝方法、服装などについては、当サイト伊勢神宮(内宮・外宮・別宮)の正式な正しい参拝の仕方「参拝時間・参拝方法(ルート)・服装」などでご紹介しています。

ぜひ、併せてご確認ください!

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ