伊勢神宮の内宮と外宮の違いについてのこんな秘話

スポンサードリンク

伊勢神宮の内宮と外宮の違いについてのこんな秘話

伊勢神宮には、内宮と外宮があります。

初めて伊勢参りに訪れる方は、「外宮と内宮の違い」「なぜ、一緒の神社で外宮と内宮で距離が離れているの?」

などと思われる方が多いと思います。

この記事を執筆している筆者の私でさえ、疑問が湧きまくっていました。

そこで、伊勢神宮についての疑問を、紐解いてみたいと思います。

伊勢神宮の「内宮」とは?

伊勢神宮の内宮と外宮の違いとは? (2)↑伊勢神宮・内宮「御正宮(御正殿)」

皇大神宮(こうたいじんぐう)」と呼ばれている場所のことを言います。

一般的に「内宮(ないくう)」の名前で親しまれていますが、正式名は「天照坐皇大神宮(あまてらす すめおほみかみ のみや)」と呼称します。

読み方は「内宮(ないぐう)」ではなく、上記の「内宮(ないくう)」です。

「皇大神宮」の「皇大神(こうたいじん)」とは、「天照大御神(あまてらすおおかみ)」とのことを指します。

他にも天照大御神は、「皇大御神(すめおおかみ)」「天照坐皇大御神(すめらおおみかみ)」などとも呼ばれていますが、神宮における正式名は「天照坐皇大御神(あまてらしますすめおおみかみ)」になります。

そして「天照大御神(あまてらすのおおかみ)」とは「太陽神(たいようしん)」という位置づけの神様の中の神様でもあります。

なので、とても偉い神さん・・神様!なのです。

内宮はこの「天照大御神」をお祀りしています。

この「太陽神・天照大御神」は、現在の皇室(天皇王家)の始祖とも伝承されています。

内宮の詳細については以下の別ページにてご紹介しています。

伊勢神宮・内宮(-JINGU- ◆ NAIKU)『正宮(SHOUGU)』


スポンサードリンク -Sponsored Link-






伊勢神宮の「外宮」とは?

伊勢神宮の内宮と外宮の違いとは?↑伊勢神宮・外宮「御正宮」

一方、外宮は、「外宮(そとみや)」ではなく、「外宮(げくう)」といいます。

伊勢神宮の外宮とは、「豊受大神宮(とようけだいじんぐう)」呼ばれ、一般的に「外宮(げくう)」の名前で親しまれています。

くれぐれも「外宮(がいぐう)」とは、呼ばないように。。

伊勢神宮の外宮は「豊受大御神(とようけのおおみかみ)」という神様をお祀りしています。

豊受大御神は京都の丹後に住まわれておられましたが、天照大御神が「ワタシの食事の用意は豊受にお願いしたい」との宣託があり、伊勢の外宮の地に呼ばれて現在に至ります。

豊受大御神は「衣食住」を司る神様で、一般的には食べ物の収穫に苦労しないように豊作を願ってお祀りする神さまです。

豊作になるとたくさんの収入を得られますので、衣服や住居が買えますね。

よって「豊受大神宮」を正しくお祈りして、お祀りすることで食べ物に困らなくなります。

お祈りすれば、天井から好きな食べ物がポトっと落ちてくるのでしょうか。まさか・・!!

ちなみに豊受大御神は伏見稲荷大社の御祭神「稲荷大神」とご同体の神様とされています。

外宮に関しての詳細は以下の別ページにてご紹介しています。

伊勢神宮・外宮(-JINGU- ◆ GEKU)『正宮(SHOUGU)』

伊勢神宮の内宮と外宮の決定的な違いとは?

  • お祀りしている神様が違う
  • お祀りしている神様の偉さの違いによって呼び方が異なる「内宮(皇大神宮)」・「外宮(豊受大神宮)」
  • 場所が違う(内宮の本殿から外宮の本殿まで距離は直線距離で約4キロ)
  • 内宮の参道は左回り、外宮の参道は右回り
  • 内宮の参道は右側通行。外宮の参道は左側通行である。(ただし、内宮は五十鈴川岸に御手洗場(手洗い場)があることが理由に挙げられる。)
  • 内宮の方が参拝者が圧倒的に多い
  • 内宮の方に土産物屋や伊勢のスポットが多い(おかげ横丁)
  • お宮に参拝する方法が異なる(外宮先参り)
  • 社殿の屋根上の千木(ちぎ)の形状が内宮では内削ぎ(水平型)、外宮では外削ぎ(鋒型/垂直型)
  • 同様に屋根上の鰹木の数が「内宮では10本(偶数)」、「外宮では9本(奇数)」
  • 御正殿の寸法(大きさ)が異なる
  • 社殿の扉が「内宮では内開き」、「外宮では外開き」
  • 境内の大きさや中にある社殿などの配置や種類が異なる。
  • ご利益が異なる(内宮・天照大御神はご利益すべてを統べられる)(外宮・豊受大御神は五穀豊穣、商売繁盛、殖産興業)
  • 内宮には参集殿(休憩所)があるが外宮にはない。
  • 外宮には神宮の歴史を紹介する「せんぐう館」があるが、内宮にはない。
スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ