【これ各・10選!】伊勢神宮 (内宮)「おかげ横丁(おはらい町)」 お土産人気おすすめランキング!

スポンサードリンク

毎日、伊勢神宮の参拝客で賑わう「おはらい町」そして「おはらい町」の中にある「おかげ横丁」には、魅力的なお土産が盛りだくさん!

その中から、オススメのお店と商品をランキング形式で、「雑貨」、「お菓子」、「グルメ」の3部門に分けてまとめてみました。

【これ各・10選!】伊勢神宮 (内宮)「おかげ横丁(おはらい町)」 お土産人気おすすめランキング!


スポンサードリンク -Sponsored Link-






雑貨部門【10選】

10位 「山口誓子俳句館・徳力富吉朗版画館」

10位 「山口誓子俳句館・徳力富吉朗版画館」「山口誓子」とは、名前の漢字だけを見ると女性に見えますが、男性で読み方を「せいし」と読みます。
山口誓子は京都府出身の俳人(俳句を読む人)で、1941年から病気療養のために一時伊勢に在住し、以降、伊勢の地をこよなく愛するようになっています。

徳力富吉郎は「とくりき とみきちろう」と読み、山口誓子と同郷となる京都府出身の版画家(はんがか)で、京都を拠点に活躍した版画家です。
徳力富吉郎は一見、伊勢の地に関係ないように見えますが、伊勢神宮や伊勢の祭りの版画を数多く残しています。
つまりこのお二方の版画や俳句を多数、展示している資料館であり、展示の他、販売もしています。

中でも、徳力氏作の「伊勢だより版画」(1,080円)は、赤福餅の中に日替わりで入っている「伊勢だより」の元になっています。

 伊勢だより版画」(1,080円)

通販でお買い求めの方はコチラ

「山口誓子俳句館・徳力富吉朗版画館」の「住所・電話番号・営業時間・定休日」

 住所:伊勢市宇治中之切町おかげ横丁内
 電話番号:0596-23-8828
 営業時間:9:30~17:30(閉店時間は季節によって前後します)
 定休日:年中無休

9位 「灯りの店」

9位 「灯りの店」こちらはキャンドルの店。伝統的な和ろうそくからアロマキャンドル、さらにはおしゃれなデザインのキャンドルなど、種類も多彩です。

おすすめは、京都で活動されている、福間乃梨子氏が手がける「nuri candle」(864円~)。

小鳥やうさぎ、クジラなど、かわいらしい動物のキャンドルは、置物としてもgoodです。

 福間乃梨子氏が手がける「nuri candle」

nuri candleを通販でお買い求めの方はコチラ

「灯りの店」「住所・電話番号・営業時間・定休日」

 住所:三重県伊勢市宇治 中之切町おかげ横丁内
電話番号:0596-23-8834
営業時間:基本営業時間9:30~17:00(時期によってことなる)
 定休日:年中無休

8位 「孫の屋三太」

8位 「孫の屋三太」伊勢玩具など、地元の伝統的なおもちゃを取り扱っています。その中からご紹介したいのは、「伊勢方言かるた」(2,035円)。

読み札が伊勢弁になっているのが特徴です。
あまり知られていませんが、「伊勢方言」とは、和歌山地方の「南近畿式方言」と名古屋地方の「東近畿式方言」が入り混じった方言です。わかりやすく言うと「大阪弁」と「京都弁」が入り混じったような方言になります。
その伊勢方言を”かるた”にしたユニーク商品となります。

また、かるたとしてだけでなく、カードゲームやパズルとしても使えます。

 「伊勢方言かるた」(2,035円)。

 

伊勢方言かるたを通販でお買い求めの方はコチラ

「孫の屋三太」「住所・電話番号・営業時間・定休日」

 住所:伊勢市宇治中之切町
 電話番号:0596-23-8838
 営業時間:9:30~17:00
 定休日:年中無休

7位 「くつろぎや」

7位 「くつろぎや」お香のお店です。

伊勢地方で品種改良されたお花の香りの、「伊勢の三珍花」が人気です。

伊勢撫子、伊勢菖蒲、伊勢菊の三種類があり、お値段はそれぞれ864円。セットで2864円です。

 伊勢の三珍花

伊勢・伊勢の三珍花を通販でお買い求めの方はコチラ

「くつろぎや」の「住所・電話番号・営業時間・定休日」

 住所:三重県伊勢市宇治中之切町26
 電話番号:0596-23-8823
 営業時間:9:30~17:00
 定休日:年中無休

6位 「伊賀くみひも平井」

6位 「伊賀くみひも平井」伊賀地方の伝統工芸「伊賀くみひも」を使ったグッズを取り扱っています。

「伊賀くみひも」は、江戸時代から受け継がれる伝統の職人技を用いて作られるくみひもです。見た目の美しさだけではなく、自慢はなんといってもその強度です。
幾重にも糸を組み合わせた1本の太い紐なので強度の他、見た目の美しさも備わっています。類似した有名な”くみひも”に和歌山県九度村の「真田紐(さなだひも)」があります。
この伊賀くみひもを使用した「帯締め」や「羽織紐」などの他、ネックレスやイヤリングといったアクセサリーなども取り扱っています。

 伊賀地方の伝統工芸「伊賀くみひも」

伊勢・伊賀くみひもを通販でお買い求めの方はコチラ

「伊賀くみひも平井」の「住所・電話番号・営業時間・定休日」

 住所:三重県伊勢市宇治今在家町
 電話番号:0596-26-2377
 基本営業時間:9:30~17:00(時期によってことなる)
 定休日:不定休

  「ichishina(いちしな)」

「ichishina」和モダンな雑貨とカフェのお店。東京のテキスタイルブランド「Tricote」とコラボした「No.1コラボレーションハンカチ」(2,160円)は、神宮の鳥居をモチーフとしたファッショナブルなハンカチです。 東京のテキスタイルブランド「Tricote」とコラボした「No.1コラボレーションハンカチ」(2,160円)

伊勢・コラボハンカチを通販でお買い求めの方はコチラ

「ichishina(いちしな)」の「住所・電話番号・営業時間・定休日」

 住所:三重県伊勢市船江3-11-2
 電話番号:0596-63-7117
 営業時間:11:00~18:30
 定休日:水曜日

  「魚春」

「魚春」海産物のお店ですが、その一方で「伊勢木綿」を使った小物も取り扱っています。

中でも「伊勢木綿」と、東京・青山のファッションブランド「sousou」がコラボした商品は必見。

見た目のかわいらしさと、伊勢木綿独特の肌触りの良さが人気です。

 伊勢木綿と、東京・青山のファッションブランド「sousou」がコラボした商品

 伊勢・伊勢木綿を通販でお買い求めの方はコチラ

「魚春」の「住所・電話番号・営業時間・定休日」

 住所:三重県伊勢市宇治中之切町49
 電話番号:0596-22-4885
 基本営業時間:9:00~17:00
 定休日:水曜日 (水曜日が祝日の場合は翌日)

  「吉兆招福亭」

「吉兆招福亭」全国の作家や窯元から招き猫を集めた、招き猫の専門店。

その中でもオススメしたいのが、「招き猫のおみくじ」(300円)です。

神のご加護と、日々の平穏に感謝するために、お参りする伊勢神宮には、「おみくじ」が存在しません

せっかくお参りしたんだし、おみくじで運試ししたい!と言う方に人気があります。

 「招き猫のおみくじ」(300円) (2)

伊勢・招き猫のおみくじを通販でお買い求めの方はコチラ

「吉兆招福亭」の「住所・電話番号・営業時間・定休日」

 住所:三重県伊勢市宇治中之切町52
 電話番号:0596-23-8852
 基本営業時間:9:30~17:00
 定休日:年中無休

  「神路屋」

神路屋伝統工芸と生活雑貨のお店。

このお店のオリジナル、「一文字はんこ」(520円)です。

伊勢千代紙で包まれており、特に漢字のハンコは、まるで御朱印のよう。

 「一文字はんこ」(520円)伊勢千代紙

伊勢・一文字はんこを通販でお買い求めの方は下記サイトをご利用ください。

「神路屋」の「住所・電話番号・営業時間・定休日」

 住所:三重県伊勢市宇治中之切町 おかげ横丁内
 電話番号:0596-23-8822
 営業時間:9:30~17:30(季節により異なる)
 定休日:年中無休

  「おみやげや」

伊勢 おみやげやもう名前がそのまんまですね(笑)。

ここではその昔、病弱な人や足腰の弱い人のために、その人にかわってお伊勢参りをしたとされる犬をモデルにしたゆるキャラ「おかげ犬」のグッズやお菓子などを扱っています。

この”おみやげや”の名物品の1つに上記、「吉兆招福亭」に引き続き、「おかげ犬おみくじ(350円)」があります。

その他、ここで見つけた面白いものが、「おかげ犬すごろく手ぬぐい」(1,080円)。

おかげ犬の物語がすごろくになって、手ぬぐいに描かれており、サイコロと、コマ用のおはじきも付いています。 「おかげ犬すごろく手ぬぐい」(1,080円)

伊勢・おかげ犬すごろく手ぬぐいを通販でお買い求めの方はコチラ

尚、この「おみやげや」は、「おかげ横丁の総合案内所」も担っており、ベビーカーや車椅子の貸出も行っています。

「おみやげや」の「住所・電話番号・営業時間・定休日」

 住所:三重県伊勢市宇治中之切町52 おかげ横丁内
 電話番号:0596-23-8838
 営業時間:9:30~17:30(季節により異なる)
 定休日:年中無休

伊勢神宮・お土産人気オススメランキング!「お菓子部門」【10選】

10位 「勢乃国屋」

勢乃国屋内宮前にある、伊勢の伝統的なお菓子の一つ「神代餅(かみよもち)」のお店です。

メインとなる神代餅は、北海道の小豆や天然のヨモギ、玄米から精製したもち米だけを使い、保存料、着色料は一切使っていません。

自然の恵みを存分に活かした草餅です。

6個入り550円。

 内宮前にある、伊勢の伝統的なお菓子の一つ「神代餅(かみよもち)」のお店

伊勢・神代餅を通販でお買い求めの方はコチラ

「勢乃国屋」の「住所・電話番号・営業時間・定休日」

 住所:三重県伊勢市宇治今在家町117
 電話番号:0596-23-5555
 営業時間:8:30-16:30
 定休日:年中無休

9位 「銭屋」

9位 「銭屋」たいこやぐらの向かいにある駄菓子屋さんです。

店の看板は一文銭が掲げられていますが、これは駄菓子が「一文菓子」の呼ばれた時代の名残を由来としているそうです。

名物は何といっても、大きな大きな「わらじかりんとう」(430円)。

形は不揃いとは言え、その名のとおり、1枚1枚がわらじのような大きさです。

黒糖の甘みと胡麻の香りがやみつきになります。

 大きな大きな「わらじかりんとう」(430円)。

伊勢・わらじかりんとうを通販でお買い求めの方はコチラ

「銭屋」の「住所・電話番号・営業時間・定休日」

 住所:伊勢市宇治中之切町52おかげ横町内
 電話番号:0596-23-9014
 営業時間:9:30~17:30
 定休日:年中無休

8位 「だんご屋」

8位 「だんご屋」その名のとおり、伊勢で唯一のだんご専門店です。

このお店のおすすめは、「みたらし花子」。

お団子の定番と言えるみたらし団子を一口サイズにしたものです。12個入り670円。

団子を焼く一連の作業を間近で見ながら、薄汚い堕落しきったコノヤローなヨダレを垂らしながら待つことができます。

伊勢で唯一のだんご専門店ですこのお店のおすすめは、「みたらし花子」

伊勢・みたらし花子を通販でお買い求めの方はコチラ

「だんご屋」の「住所・電話番号・営業時間・定休日」

 住所:三重県伊勢市宇治中之切町52番地 おかげ横町内
 電話番号:0596-23-9002
 営業時間:9:30~17:00
 定休日:年中無休

7位 「虎屋ういろ」

7位 「虎屋ういろ」”ういろ”は名古屋だけのものではありません。

こちらも大正十二年創業の、歴史の長い「ういろ専門店」です。

小倉や栗などの定番のういろのほか、季節限定のういろもあります。

特に春はメロンやいちごにブルーベリーなど、フルーツを使ったういろが目白押しです

大正十二年創業の、歴史の長い「ういろ専門店」です

 

伊勢・ういろを通販でお買い求めの方は下記サイトをご利用ください。

「虎屋ういろ」の「住所・電話番号・営業時間・定休日」

 住所:三重県伊勢市宇治 中之切町91
 電話番号:0596-29-0008
 営業時間:9:00~17:00
 定休日:不定期

6位 「味匠館」

6位 「味匠館」全国の逸品を集めた食料品店。

ここでご紹介したいのが「シェル・レーヌ」です。

全国的には知る人ぞ知る存在だが、伊勢志摩地区ではむしろ知らない人がいないそうです。

マドレーヌを、伊勢志摩の英虞湾(あごわん)で取れる真珠貝の形にしたもので、三重県産の小麦粉「アヤヒカリ」を使用しています。

151円(プレーン味)~。

 三重県産の小麦粉「アヤヒカリ」を使用

伊勢・シェル・レーヌを通販でお買い求めの方はコチラ

「味匠館」の「住所・電話番号・営業時間・定休日」

 住所:三重県伊勢市宇治中之切町おかげ横丁52番地
 電話番号:0596-23-8821
 営業時間:9:30~17:00
 定休日:年中無休

  「太閤餅」

「太閤餅」450年前から店を構えている老舗450年前から店を構えている老舗。その頃、太閤・豊臣秀吉が伊勢参りの帰りにこの店を訪れた際、この店のお餅を絶賛した事から、「太閤出世餅」の名前が付けられたと言われています。

北海道・十勝産の小豆で作った粒あんと、佐賀県特産のもち米が絶妙にマッチしています。

8個入り670円。

 太閤出世餅

伊勢・太閤出世餅を通販でお買い求めの方はコチラ

「太閤餅」の「住所・電話番号・営業時間・定休日」

 住所:三重県伊勢市宇治今在家町63
 電話番号:0596-22-2767
 営業時間:8:30~16:00(土日祝~16:30)
 定休日:年中無休

  「へんばや商店」

へんばや商店ここの名物の「へんば餅」は、江戸時代に駕籠(かご)や三宝荒神(さんぽこうじん/3人が同時に乗れる馬の鞍)で参詣した人がここで休憩し、そこから馬を返して参詣した事から、これがいつの間に「返馬(へんば)もち」と言われるようになったとか。
丸く平にした形と両面のおいしそうな焼き色が特徴です。

10個入り800円。

 返馬(へんば)もち

伊勢・へんば餅を通販でお買い求めの方はコチラ

ちなみですが、なんと!店内にはこの3人同時に乗れる三宝荒神が展示されています。気になる方は是非!お越しください。

「へんばや商店」の「住所・電話番号・営業時間・定休日」

 住所:三重県伊勢市小俣町明野1430-1
 電話番号:0596-22-0097
 営業時間:8:00~17:00
 定休日:月曜日 (祝日、振替え休日の時は火曜日)

  「豆腐庵山中」

豆腐庵山中お豆腐屋さんですが、ここの一番人気は、うの花をこねて揚げた、「うの花ドーナツ」です。

うの花とは、豆腐を製造した際の残りカスとなる「おから」ことであり、この「おから」を使用して作られたものが「うの花ドーナツ」です

うの花を使用していると言う事もあり、甘さも控えめで、それでいてふんわりとした食感がたまりません。まさにヘルシーなデザートです。

1個90円。

 うの花をこねて揚げた、「うの花ドーナツ」

伊勢・うの花ドーナツを通販でお買い求めの方はコチラ

「豆腐庵山中」の「住所・電話番号・営業時間・定休日」

 住所:三重県伊勢市宇治中之切町95
 電話番号:0596-23-5558
 営業時間:10:00~16:00
 定休日:木曜

  「岩戸屋」

岩戸屋 岩戸餅何といってもここの名物は「岩戸餅」。

岩戸神楽もしくは天照大御神の「岩戸隠れ」にちなんで作られたと言われています。

「北海道・小豆のこしあん」と厳選された”きな粉”を使った柔らかいお餅。

甘さがあっさりしているためか、ついつい手が出てしまうおいしさのようです。やめられない♬止まらないっ!イっ!

個別に包装されているため、5日間ほど持つのだとか。

それにしても、この包装の形が、何となく岩のように見えてしまうのは私だけでしょうか?

8個入り700円。

 名物は「岩戸餅・岩戸神楽の「岩戸隠れ」にちなんで作られたと言われています

伊勢・岩戸餅を通販でお買い求めの方はコチラ

「岩戸屋」の「住所・電話番号・営業時間・定休日」

 住所:三重県伊勢市宇治今在家町58
 電話番号:0596-23-3188
 営業時間:9:00~16:00
 定休日:年中無休

  「赤福本店」

赤福本店やはり、伊勢のお菓子と言えば「赤福」でしょう。

赤福はこの「おはらい町」のお店が日本全国の総本店となり、1707年(宝永四年/江戸時代)創業。本店だけに規模が大きく向かい合う形で2店舗あります。

お店の名前は「赤心慶福」(せきしんけいふく)に由来するようで、意味合いは「嘘偽りのないな”まごころ(赤心)”をもって尽くすことで他人の幸せを喜ぶことが出来る」となります。

赤福餅は表面の赤色の部分は、伊勢神宮・内宮を流れ五十鈴川のせせらぎをイメージして形作られており、小豆(あずき)の皮を向いてすり潰して練り込んだ「こし餡(あん)」です。”こし餡”は通常の”餡”に比べてやわかいのが特徴です。

そして中身は、トロケそうなくらいポニョポニョした「白餅」が入っており、これは五十鈴川に見える小石をイメージしているそうです。ぽぉ~ニョ、ぽぉ~ニョ、ぽニョぽニョさなかの子~…アレ?

赤福には必ず「ヘラ」がついているのですが、現在ではすべて木のヘラが使われています。

しかし、かつては竹製やプラスチック製のヘラを使用していた時期もあったそうです。

このため、「ヘラは本店だけが木製で、他店はプラスチック製」と言うデマも流れたとか。

8個入り760円。12個1100円。20個1860円。

 ヘラは本店だけが木製で、他店はプラスチック製

伊勢・赤福を通販でお買い求めの方はコチラ

伊勢には毎月1日にお伊勢参りする「朔日参り」という風習が踏襲されており、この日は朔日参りした参拝客のために特別に朔日餅が月替りで限定販売されています。

赤福へお越しの際は是非!朔日参りをしてからお越しください!

「赤福本店」の「住所・電話番号・営業時間・定休日」

 住所:三重県伊勢市宇治中之切町26 おかげ横丁
 電話番号:0596-22-7000
 営業時間:5:00~17:00(繁忙期時間変更有)
 定休日:年中無休


スポンサードリンク -Sponsored Link-






伊勢神宮・お土産人気オススメランキング!「グルメ部門」【10選】

10位 「買新 水谷新九郎」

10位 「買新 水谷新九郎」その手は桑名の焼き蛤」でおなじみ、桑名市にある「買新 水谷新九郎商店」。おかげ横丁にも、その支店があります。

「蛤(ハマグリ)」だけではなく、「あさり」や「しじみ」、「ホタテ」など、「時雨煮」のバリエーションが豊富です。

また、「殻つきはまぐりカレー」(1,058円)なるご当地レトルトカレーも!!

 「殻つきはまぐりカレー」(1,058円)なるご当地レトルトカレー

伊勢のハマグリを通販でお買い求めの方はコチラ

「買新 水谷新九郎」の「住所・電話番号・営業時間・定休日」

 住所:三重県伊勢市宇治中之切町 おかげ横丁内
 電話番号:0596-23-8836
 営業時間:9:30~17:30(季節により異なる)
 定休日:年中無休

9位 「若松屋」

9位 「若松屋」伊勢名産・「かまぼこ」と「さつま揚げ」のお店です。

「かまぼこ」はおなじみの「紅白のかまぼこ」の、他にも「月替わりのかまぼこ」(月によって800~2,000円)というものもあります(1月を除く)。

 伊勢名産・「かまぼこ」と「さつま揚げ」のお店でかまぼこ」はおなじみの「紅白のかまぼこ」の、他にも「月替わりのかまぼこ」

伊勢のかまぼこを通販でお買い求めの方はコチラ

「若松屋」の「住所・電話番号・営業時間・定休日」

 住所:三重県伊勢市宇治中之切町52 おかげ横丁
 電話番号:0596-23-8833
 営業時間:9:30~18:00
 定休日:年中無休

8位 「美杉郷 八知玉屋」

8位 「美杉郷 八知玉屋」市内にある美杉の郷で採れたこんにゃく芋を使って作った、八知玉こんにゃくの専門店。

刺身こんにゃく」(185円)は、黒ごま、ゆず、大葉など、種類が豊富です。

 「刺身こんにゃく」伊勢

刺身こんにゃくを通販でお買い求めの方はコチラ

「美杉郷 八知玉屋」の「住所・電話番号・営業時間・定休日」

 住所:三重県伊勢市宇治中之切町52 おかげ横丁
 電話番号:0596-23-8835
 基本営業時間:9:30~17:00
 定休日:年中無休

7位 「つけもの 傅兵衛」

7位 「つけもの 傅兵衛」江戸時代、参拝客の保存食として重宝された、伊勢たくあんの専門店。店に入ると、2匹の母ちゃん猫(招き猫のようなものです)が、漬物を漬けながら出迎えてくれます。

漬物だけでなく、紀州の梅を低塩漬けにした、「伝兵衛母さん手作り梅干」(2,950円)も人気です。

 伝兵衛母さん手作り梅干

伝兵衛母さん手作り梅干を通販でお買い求めの方はコチラ

「つけもの 傅兵衛」の「住所・電話番号・営業時間・定休日」

 住所:三重県伊勢市宇治中之切町52 おかげ横丁
 電話番号:0596-23-8801
 営業時間:9:30~17:00
 定休日:年中無休

6位 「伊勢萬」

6位 「伊勢萬」 (2)日本一小さな造り酒屋として知られています。

この店で人気の「おかげさま」(720ml1,690円)は、淡麗ですっきりとしており、飲みやすいと評判です。

その「おかげさま」に、梅や柚子をブレンドした商品もあります。

 この店で人気の「おかげさま」

おかげさまを通販でお買い求めの方はコチラ

「伊勢萬」の「住所・電話番号・営業時間・定休日」

 住所:三重県伊勢市宇治中之切町77-2
 電話番号:0596-23-8800
 営業時間:9:30~17:00
 定休日:年中無休

  「伊勢醤油本舗」

伊勢醤油本舗

伊勢醤油とは地元三重県産の丸大豆と小麦で熟成された醤油であり、その味には定評があります。

伊勢神宮へも奉納されるほどの御用達の醤油であり、味はたまり醤油のようなトロっとした甘みと香ばしい深いコクのある醤油です。

そして驚くのは、この伊勢醤油はもちろんの事、ぬぅあんとぉぅ!伊勢醤油をふんだんに使用した次のようなレトルト食品も取り扱っています。

鯛醤を使った「あおさ茶漬け」(600円)や、変わったところでは、醤油の香りがするレトルトカレー(ビーフカレー)「醤油屋さんのまかないカレー」(432円)も人気です。

鯛醤を使った「あおさ茶漬け」(600円)レトルトカレー(ビーフカレー)「醤油屋さんのまかないカレー」(432円)

 

醤油屋さんのまかないカレーあおさ茶漬けを通販でお買い求めの方はコチラ

「伊勢醤油本舗」の「住所・電話番号・営業時間・定休日」

 住所:三重県伊勢市宇治中之切町52 おかげ横丁
 電話番号:0596-23-8838
 営業時間:9:30〜17:30(季節によって異なる)
 定休日:土日(基本)

  「ばん茶茶屋」

ばん茶茶太日本古来の在来茶葉だけを使用し、農薬や化学肥料を一切使わない、安全でおいしいお茶にこだわるお茶屋さん。喫茶もそなえつけられています。

うまみの強い茶葉だけを焙じた「おかげ横丁 伊勢ほうじ茶」(100g 540円)が人気です。

この他、「赤福ほうじ茶」(130g 520円)は、赤福などの甘いものや、脂っこいものを食べたあとに最適です。

 「おかげ横丁 伊勢ほうじ茶」(100g 540円)が人気です「赤福ほうじ茶」(130g 520円)は、赤福などの甘いものや、脂っこいものを食べたあとに最適です

伊勢ほうじ茶・赤福ほうじ茶を通販でお買い求めの方はコチラ

「ばん茶茶屋」の「住所・電話番号・営業時間・定休日」

 住所:三重県伊勢市宇治中之切町52 おかげ横丁
 電話番号:0596-23-8853
 基本営業時間:9:30~17:00
 定休日:年中無休

  「味匠館」

味匠館スイーツ部門でも紹介した味匠館からは、伊勢の郷土料理・てごね寿しによく合う、その名も「てごね寿しの素」(500円)をご紹介。

漬けだれと合せ酢があり、どちらも上質の醤油・純米酢を使用し、バランスよく仕上げているそうです。

 スイーツ部門でも紹介した味匠館からは、伊勢の郷土料理・てごね寿しによく合う、その名も「てごね寿しの素」(

てごね寿しの素を通販でお買い求めの方はコチラ

「味匠館」の「住所・電話番号・営業時間・定休日」

 住所:三重県伊勢市宇治中之切町おかげ横丁52番地
n image=”star-h”]電話番号:0596-23-8821
 営業時間:9:30~17:00
 定休日:年中無休

  「伊勢路名産味の館」

伊勢路名産味の館「味匠館」が全国の逸品を集めた店であるならば、こちら「味の館」は地元・伊勢志摩の名産品を豊富に取り揃えたお店。

特に人気なのが、「天然和風調味料 つゆの素」(550g 1140円)。

めんつゆ、煮物、汁物など幅広く使え、しかもプロ並みの味が引き出せると評判です。

 特に人気なのが、「天然和風調味料 つゆの素」(550g 1140円)めんつゆ、煮物、汁物など幅広く使え、しかもプロ並みの味が引き出せると評判

天然和風調味料 つゆの素を通販でお買い求めの方はコチラ

「伊勢路名産味の館」の「住所・電話番号・営業時間・定休日」

 住所:伊勢市宇治中之切町52 おかげ横丁
 電話番号:0596-23-8820
 営業時間:9:00~18:00
 定休日:年中無休

  「うどんや ふくすけ」

「うどんや ふくすけ」やはり伊勢のグルメに「伊勢うどん」はハズせません!

地元伊勢産の海の幸を使用した”天然ダシ”に秘伝の味を加えたオリジナルの醤油ダレをプリプリとして腰のある伊勢うどんの上にかけます。

見た感じかなり濃く、辛いようにも見えますが、意外とつゆが麺によく絡み、甘味があります。

極太で腰のある伊勢うどんの歯ごたえと天然ダレが口の中で混ざり合い、コノヤローなほどのウマさが脳天を突き上げるように刺激してきます。

そのウマさを声に出して例えるならば・・ねぇってば!ホントに今日からもぅ、ここに住んじゃうんだからぁ

・・こホンっ!

10食箱入りで2,860円。

伊勢のグルメに「伊勢うどん」はハズせませんやはり伊勢のグルメに「伊勢うどん」はハズせません

 

伊勢うどんを通販でお買い求めの方はコチラ

「うどんや ふくすけ」の「住所・電話番号・営業時間・定休日」

 住所:三重県伊勢市宇治中之切町52 おかげ横丁
 電話番号:0596-23-8807
 営業時間:10:00~18:00(L.O.17:30)
 定休日:年中無休

スポンサードリンク -Sponsored Link-


    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ