意外な事実!本当の伊勢神宮(内宮・外宮) 御札(御神札)の「貼り方・置き方(方角・向き・神棚)」について

スポンサードリンク

意外な事実!本当の伊勢神宮(内宮・外宮) 御札(御神札)の「貼り方・置き方(方角・向き・神棚)」について

お札(神札)には、以下のような御札(御神札)があります。

  • 「神宮大麻」
  • 伊勢神宮(内宮・外宮と別宮)で頂ける「授与大麻」
  • 「氏神(うじがみ)神社」のお札
  • 地域や血縁の関係以外で信仰する神社・「崇敬(すうけい)神社」のお札

などと、多くのものがあります。

これらのおまつりの仕方はどのようにしたら良いのでしょうか。

お札の神棚への収め方(置き方)

神棚の代表的なものとして、「一社造」・「三社造」があります。

「一社造」の神棚

  • 一社造」は、扉は一つですので、お札は重ねて収めるタイプです。

「一社造」は、扉は一つですので、お札は重ねて納めるタイプ

「一社造」の場合の御札の収め方(置き方)

「一社造」の場合の御札の納め方(置き方)

神宮大麻や伊勢神宮で頂ける「授与大麻」を手前にして、それらの後ろに「氏神様のお札」、そして最後に崇敬神社(同じ神様を信仰する同士がいない、ごく普通の神社)のお札」になります。

氏神様は地域の守護神に相当します。

この守護神は、生まれた土地の神様「産土神(うぶすなのかみ)」と、今住んでいる土地の神様「鎮守神(ちんじゅのかみ)」のことです。

生まれた土地から引っ越しをされた方は、両方の神様をお祀りすると良いとされています。

「三社造」の神棚

  • 三社造」は、三つの扉があり、扉の位置で収めるお札は決められています。

「三社造」は、三つの扉があり、扉の位置で納めるお札は決められています

「三社造」の場合の収め方(置き方)

「三社造」の場合の納め方(置き方)

中央の扉内に「神宮大麻」と伊勢神宮で頂ける「授与大麻」を収めます。

神棚に向かって右側の扉内には、「氏神神社のお札」を収めます。

そして左側の扉内には、「崇敬神社のお札」を収めます。

「神宮大麻」と「授与大麻のお札」が有る場合には、中央の扉内で重ねます。

一番手前は天照大神宮のお札になります。

質問!お札のサイズが大きくて神棚の扉内に収まらない場合ってどうするの?

大抵の場合、神棚は御札のサイズ(大きさ)に合わせて作られています。

したがって、収まらないと言うことはありません。

しかし複数枚、お祀りする御札がある場合などは、以下でご紹介するように御札を貼り付けて固定する方法があります。

ただし、絶対にしてはいけない注意点があります。

「天照御大神(神宮札)」や「大国主大神(出雲大社)」の御札を貼り付けるのは、厳禁です。

必ず、神棚を用意して、お祀りする必要があります。

もし、どうしても神棚が用意できない場合は、以下でご紹介する「御札の貼り方」を参照してください。

  • 伊勢神宮のの神棚の詳細は、コチラから【楽天】
  • 伊勢神宮のの神棚の詳細は、コチラから【アマゾン】

御札(御神札)の貼り方

家が狭かったりして神棚を置けない場合には、お札を貼って祀ることもできます。
御札を貼るのに理想的な場所は、以下のような場所が好ましいです。

  • 『明るく清浄な場所』
  • 『南向き、または東向きで高い場所』

御札(御神札)の貼り付ける際の注意点

上記で申し上げたような場所に、お札を直接「テープ」や「糊(のり)」で貼ったり、「画びょう」で止め付けるのではなく、「額縁」に入れたり、または、「透明なケース」に入れておまつりしてください。

「額縁」や「透明なケース」は棚の上などに立てかけたり、部屋の壁などに貼って固定してください。

神棚の置き方

神棚は、「座敷」や「床の間」が望ましいのですが、最近では、和室や床の間がない家が多いことから『明るく清浄な場所』で『南向き、または東向きの高い場所』を選べば良いとされています。

尚、「寝室」や「台所」、および「ドア」や「ふすまの鴨居(かもい)」の上などは、人の出入りが頻繁にある場所は避けてください。

尚、最近では、「一社造の柱掛けタイプ」のものも販売されています。

「一社造の柱掛けタイプ」のものも販売

御札をお祀りするのに、「南向きまたは東向きが良い」とされる理由

御札をお祀りするのに、「南向きまたは東向きが良い」とされる理由南向きは、中国の君主の地位を象徴するものとして「北に在って、南に向かう」ということが尊ばれてきた影響を受けて、儀礼の場で重要な方角と考えられてきたことによります。
東向は、日が昇る方角であり、重要な方角とされてきたことによります。

  • 伊勢神宮のの神棚の詳細は、コチラから【楽天】
  • 伊勢神宮のの神棚の詳細は、コチラから【アマゾン】
スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ