名古屋から伊勢神宮へアクセス(行き方)「電車・高速バス・車・タクシー・飛行機(空港)・船(フェリー)」

スポンサードリンク

名古屋から伊勢神宮へアクセス(行き方)「電車・高速バス・車・タクシー・飛行機(空港)・船(フェリー)」

名古屋は、日本三大都市の一角でありながら、南には伊勢湾という海が広がり、この伊勢湾から船(フェリー)へ乗船することで海上移動が可能になります。

つまり、伊勢市と直線状でのアクセスが可能となり、最短距離でのアクセスが実現できることになります。

しかし、はたして船(フェリー)でのアクセス方法は電車と比較した場合、早いのでしょうか?はたまた、料金的には安いのでしょうか?高くなるのでしょうか?

以下では、名古屋から伊勢神宮までのアクセス方法をご紹介しています。

また、東京方面から伊勢神宮へ電車や車でアクセスする際も、この名古屋を経由しますので、東京方面から伊勢神宮へ参拝される方もご参照下さい。

名古屋から伊勢神宮/内宮・外宮までのアクセス・行き方

まず・・名古屋から伊勢神宮へアクセスする際に利用できる交通機関

  • 電車
  • 高速バス
  • タクシー
  • 船(フェリー)※中部国際空港から

そして、伊勢神宮(内宮・外宮)の「最寄り駅」と「最寄りバス停」

最寄り駅

内宮
  • 五十鈴川駅(近鉄)※内宮まで徒歩約30分。三重交通バスで約15分。
外宮
  • 伊勢市駅(JR・近鉄)※外宮まで徒歩約7分
  • 宇治山田駅(近鉄)※外宮まで徒歩約11分

最寄りバス停

内宮
  • 内宮前バス停※内宮まで徒歩約3分
外宮
  • 外宮前バス停

伊勢神宮の最寄りIC(インター)

内宮
  • 伊勢IC
外宮
  • 伊勢西IC

伊勢神宮の最寄り空港

名古屋地域
  • 中部国際空港
  • 県営名古屋空港
大阪地域
  • 大阪国際空港
  • 関西国際空港

大阪地域の両空港から伊勢市へアクセスする場合、名古屋地域の両空港と比較して約30分ほど余分に時間を要しますので、大阪観光と神宮参拝を兼ねる場合はオススメできます。

尚、日本の各地域から飛行機を利用して伊勢神宮までアクセスする場合は「中部国際空港(セントレア)」がもっとも最寄りの空港になります。

名古屋から「電車」で伊勢神宮までの行き方

名古屋から伊勢神宮方面へは、JR名古屋駅から「快速みえ」を利用する方法と、近鉄名古屋駅から「近鉄特急」を利用する方法があります。

なお、電車の所要時間は便により前後します。

外宮まで

外宮の最寄り駅であるJR・近鉄伊勢市を目指します。

伊勢市駅からバスなどで内宮へ行くことも可能です。

 

「伊勢市駅」から伊勢神宮(内宮・外宮)へのアクセス方法は以下の別ページにてご紹介しています。

伊勢市駅(JR・近鉄)から伊勢神宮(内宮・外宮)までのアクセス(行き方)

(1)JR名古屋駅からJR快速を使う方法

JR名古屋駅
快速みえ・鳥羽行きへ乗車
↓7駅・約1時間35分
JR伊勢市駅

外宮:徒歩約7分(バスを利用した場合は10番のりばから約6分)
内宮:10番のりば発「三重交通バス」で約30分


電車(快速)所要時間:約1時間35分
運賃:自由席2,000円、指定席2,520円
※指定席は、通常、自由席+520円ですが、閑散期は+320円になります。

(2)近鉄名古屋駅から近鉄特急を使う方法

近鉄名古屋駅
近鉄特急・鳥羽行きへ乗車
↓7駅・約1時間20分
近鉄・伊勢市駅

外宮:徒歩約7分(バスを利用した場合は10番のりばから約6分)
内宮:10番のりば発「三重交通バス」で約30分


電車(特急)所要時間:約1時間20分
運賃:2,770円(乗車券1,450円 特別料金1,320円)

特急を利用しない場合

電車所要時間:約1時間43分
※近鉄急行「五十鈴川行き」に乗車し、乗り換えなしで到着した場合の所要時間
運賃:1,450円

内宮まで

名古屋駅
近鉄特急・鳥羽行きへ乗車
↓9駅・約1時間25分
近鉄五十鈴川駅

外宮:バス約20分(1番のりば)
内宮:バス約15分(2番のりば)。徒歩約30分


電車(特急)所要時間:約1時間25分
運賃:2,780円(乗車券1,460円 特別料金1,320円)

特急を利用しない場合

電車所要時間:約1時間48分
※近鉄急行「五十鈴川行き」に乗車し、乗り換えなしで到着した場合の所要時間
運賃:1,460円

「五十鈴川駅」から伊勢神宮(内宮・外宮)へのアクセス方法は以下の別ページにてご紹介しています。

五十鈴川駅(近鉄)から伊勢神宮(内宮・外宮)までのアクセス(行き方)「バス・徒歩・車(タクシー)」

名古屋から「高速バス」で伊勢神宮までの行き方

名古屋からは以前は「みえ美し国エクスプレス」が運行していたのですが、平成27年3月で営業を終了しています。

当初、名古屋方面へのバスは上記の「みえ美国エクスプレス」のみでしたが、2017年度より「東京発のあおぞらライナー」が名古屋駅を経由するようになり、実質的に名古屋から伊勢までの高速バスでのアクセスが実現しています。

ただし、このバスは毎日、定刻に運行しているものの現在、早朝便しか運行していませんので利便性は良いとは言えません。

尚、名古屋からの伊勢へお越しの際は、JR線か近鉄線を利用をする方が、短時間で伊勢までアクセスできますのでお勧めしておきます

 

名古屋駅(5:20発) 宇治山田駅(8:10着 )

  • 所要時間:約3時間
  • 高速バス料金:1600円
名古屋駅高速バスのりば

⬆JR名古屋駅の中央北口から出て中央コンコースから金の時計方向へ歩き出口を目指す。名鉄名古屋駅方面およびミッドランドスクウェア方面へ徒歩約6分ほど歩いた先に大通りがあり、大通りに面してディオールやカルティエなどの高級ブティックが立ち並ぶ。伊勢方面行きのバス停はディオールの店の前。
⬆名古屋駅ミッドランドスクウェア。伊勢方面行き高速バスのりば。バス停の後方に有名高級ブランドのお店が立ち並ぶ。何とも言い難い気分にさいなまれながらバスを待つ..

青木バス(あおぞらライナー)のお問い合わせ先(電話番号・URLなど)

  • 電話番号:0598-49-7510(10:00~18:00/日祝休み)
  • URL:http://aokibus.net/yakoubus.html

 

名古屋から「車」で伊勢神宮までの行き方

名古屋から伊勢神宮までの高速道路ルートマップ

名古屋から東名高速道路へ
↓(13分21.4km)
豊田JCTから伊勢湾岸自動車道へ
↓(31分51.3km)
四日市JCTから東名阪自動車道へ
↓(24分31.3km)
亀山南JCTから伊勢自動車道へ

「伊勢IC」か「伊勢西IC」で降車

  • 通常料金:4830円
  • ETC料金:3380円
  • 距離:171km
  • 通常時間:1時間54分

※行き先によって降車インターが変わる(※原則、外宮→内宮が正式参拝)

伊勢西インター
↓(7分2.3km)
伊勢神宮・外宮

伊勢インター
↓(12分3.3km)
伊勢神宮・内宮

[/colored_bg]

[/colored_bg]

「伊勢IC」および「伊勢西IC」から伊勢神宮までのアクセス方法に関しては、当サイトの以下の別ページにてご紹介しています。

伊勢神宮の2つの最寄りインター「伊勢IC」・「伊勢西IC」から内宮・外宮へのアクセス(行き方)

 

名古屋から「タクシー」で伊勢神宮までの行き方

名古屋駅から内宮

  • タクシー所要時間:約1時間50分
  • タクシー料金:約60000円(渋滞時除く)
  • タクシー距離:135km

名古屋駅から外宮

  • タクシー所要時間:約1時間45分
  • タクシー料金:約60000円(渋滞時除く)
  • タクシー距離:134km

スポンサードリンク -Sponsored Link-






名古屋から船(フェリー)で伊勢神宮までの行き方

名古屋から伊勢方面へ向かうフェリーは名古屋港から発着しているわけではなく、名古屋港から乗船さらに南へ降った「中部国際空港(セントレア)」までアクセスする必要があります。

よって、遠方から飛行機を利用して伊勢神宮を目指す場合に、この中部国際空港からのフェリーでのアクセス方法が大いに活用できます。

つまり、名古屋駅から伊勢神宮を目指す際は、近鉄線を利用してアクセスされる方が料金的にも低料金であり、時間的にも短時間でアクセスすることができます。

以下では中部国際空港(セントレア)から対岸となる津新港を経由して伊勢神宮までのアクセス方法をご紹介しています。

 

津エアポートライン

津エアポートラインは「愛知県常滑市の中部国際空港(セントレア)」から「三重県津市の津なぎさまち」までを、所要時間45分で往復航行している船(フェリー)です。

津エアポートライン航路図

そして、この船(フェリー)の名前を「フェニックス・カトレアと呼称します。

ちなみに、かつて津エアポートラインが管理していた航路の1つとして、三重県松坂市の松坂港までの航路が存在しましたが、残念ながら2016年(平成28年)12月をもって休止しています。

よって現在の津エアポートラインの航路は、上記、「津なぎさまち」と「中部国際空港(セントレア)」とを結ぶ航路しかありません。

津エアポートライン「中部国際空港(セントレア)」⇔「津なぎさまち」までのフェリー料金

基本フェリー料金

大人:2470円
小人:1240円

特別室を利用する場合:上記基本料金に付け加え500円

割引適用

団体割引(15名以上)

大人:2230
小人:1120円

障がい者割引(身体・知的・精神障がい)

大人:1240円
小人:620円

身体障がい・知的障がい第1種は同伴介護者(大人)も同額適用。第2種は本人のみ適用。
精神障がいは本人のみ適用。(介護付の記載有の場合は介護者(大人)も同額)

※窓口にて障害者手帳の提示が必要。

学生割引

1~14名:1980
15名以上:1730

※窓口にて学生証の提示が必要。

無料適用

幼児無料適用:大人1名に対して幼児1名は無料。
大人1名に対して幼児が2名であった場合、幼児1名は無料、もう1名は小人料金。
尚、無料扱いの幼児が席を必要とする場合は小人料金が必要。

中部国際空港(セントレア)の津エアポートラインのフェリーのりば

中部国際空港の搭乗口、降車口は2F部分になります。

この2F部分部分には、連絡通路があり、隣り棟の「アクセスプラザ」まで行くことができます。

「アクセスプラザ」からさらに連絡通路を通り、乗船場所となる桟橋の方(海)へ向かいます。

⬆中部国際空港の搭乗口・降車口からセントレア港までの地図
⬆中部国際空港のメインステージとなるアクセスプラザ。上図「4」は写真とは逆の後方になる。
⬆上図「4」を出たところ。アクセスプラザから桟橋(港)まで通じる連絡通路になる。この先にあるエスカレーターかEVで1Fまで降りる。
⬆上図「2」のあたり。右に階段、左にフェリーのりば(受付窓口)がある。

運行頻度

  • 1日15往復30便

津なぎさまちからは6時から21時まで運航
中部国際空港からは7時から22時まで運航
津なぎさまち14時発と中部国際空港15時発を除いた概ね1時間ごとに運航

  • 津エアポートラインの時刻表はコチラ

津エアポートライン(カトレア)の乗車定員

旅客定員:108名(一般席100名まで/特別席8名まで)

 

注意点

  • 津エアポートラインの乗船手続きは基本、出港の1時間前から可能。
  • 最低でも20分前までには乗船手続きを済ませておく必要がある。
  • 事前予約の場合は上記、電話番号へ電話して予約が可能。
  • 予約した際は当日、予約番号を受付窓口で告げる。

津なぎさまち港(津新港)の下船場所

⬆特急バスのバスのりば(「5」の表記場所)まで、徒歩約3分ほど。
⬆津なぎさまちバスのりば。人が少なく淋しい感じが漂う..ヒュるるるぅ~♪

 

「津なぎさまち港(津新港)」から伊勢神宮までのアクセス(行き方)

津エアポートラインを下船すると「津なぎさまち」という商業施設があります。

そもそも「津なぎさまち」とは津新港に開かれた商業施設の総称です。

最寄りと呼べる鉄道の駅が付近にありませんが、唯一、最寄り駅と呼べるのが、バスで約15分ほどの場所に位置する「津駅」になります。

また、1日に来場する人が少ないこともあり、バスの運行本数も平日・土日祝日問わず1時間に1本しかありません。

津なぎさまち港
三重交通バスへ乗り換るためバス停へ移動
↓徒歩約3分
津なぎさ町バスのりば
35系統「津駅前行き」へ乗車
↓約13分
津駅・東口バスターミナル
JR線か近鉄線へ乗車するため各駅のホームへ移動
↓徒歩約2分
JR&近鉄・津駅
「伊勢市駅行き」へ乗車
↓5駅37分
JR&近鉄・伊勢市駅

外宮:徒歩約7分(バスの場合は10番のりばから約6分)
内宮(10番のりば):バス約30分


総計所要時間:45分(高速船)+62分=1時間47分
総計料金:1350円(乗車券840円 特別料金510円)

内宮へは五十鈴川駅へ


五十鈴川駅前バス停

外宮(1番のりば):バス約20分
内宮(2番のりば):バス約15分。徒歩約30分


総計所要時間:45分(高速船)+66分=1時間51分
総計料金:1510円(乗車券900円 特別料金510円)

尚、津なぎさまちの付近にJR線の「津新町駅」という駅がありますが、徒歩で約45分、バスだと本数が少ない上、所要時間が20分もかかりますのでご注意ください。

伊勢市駅(JR/近鉄)から伊勢神宮(内宮・外宮)への行き方は以下の別記事にてご紹介しています。

伊勢市駅(JR・近鉄)から伊勢神宮(内宮・外宮)までのアクセス(行き方)

 

伊勢神宮参拝のために発売された!「津エアポートラインと三重交通特急バスのセット券」

2016年秋頃より、伊勢神宮参拝のためのお得なセット券が津エアポートラインと三重交通から発売さています。

このセット券は中部国際空港(セントレア)から津エアポートラインへ乗船して、下船する「津なぎさまち港」から三重交通の特急バスへ乗車して、そのまま直通で伊勢神宮・内宮/外宮までアクセスできます。

神宮まで乗り換えほぼナシで、さらに料金的にも少し割引されたお得なプランです。

東京・名古屋から伊勢神宮へ参拝される際は、是非!検討してみてください。

三重交通・特急バスの料金

大人:1500円
小人:750円

津エアポートライン(高速船)の料金

大人:2470円
小人:1240円

高速船+特急バスセット乗車券

大人:3200円※770円もお得!
小人:1600円※390円もお得!

高速船+特急バスセット乗車券の販売場所

三重交通バスきっぷ売場(伊勢市駅、内宮前、宇治山田駅前、鳥羽バスセンター)
特急バス車内
中部国際空港乗船場窓口
セントラルジャパントラベルセンター(中部国際空港2Fの到着ロビー横)
名鉄トラベルプラザ(中部国際空港駅の横)

中部国際空港からフェリーを「利用した場合」と「利用しない場合」の料金と所要時間の比較

フェリーを利用しない場合

中部国際空港(名鉄)→3駅28分→名鉄名古屋駅→徒歩約5分→近鉄名古屋駅→7駅1時間20分→近鉄伊勢市駅→徒歩約7分(外宮)バス約30分(内宮)


総計所要時間:約120分(2時間)
総計運賃:4,000円(乗車券2,320円 特別料金1,680円)

フェリーを利用した場合

「津なぎさまち」から「特急バス」を利用せずに伊勢神宮(内宮・外宮)までアクセスした場合

中部国際空港(津エアポートライン)→45分→津なぎさまち港→※上図参照→近鉄伊勢市駅→徒歩約7分(外宮)バス約30分(内宮)


総計所要時間:約114分(外宮)、約2時間17分(内宮)
総計運賃:3310円

上記の比較の結果から、所要時間はフェリーを利用した時には約13分の短縮が可能となり、運賃はフェリーを使用した方が690円も安くなることが分かります。

「津なぎさまち」から「特急バス」を利用して伊勢神宮(内宮・外宮)までアクセスした場合

中部国際空港(津エアポートライン)→45分→津なぎさまち港→伊勢神宮(内宮・外宮)


総計所要時間:45分(高速船)+1時間15分=2時間※内宮は約20分プラス
総計運賃:3200円!!(※上記、セット券適用)

セット券を購入する際の注意点

このセット券は、1日に2便分しか発売されません。
2便とは午前11時と午後16時に中部国際空港を出港する便のみ、窓口で購入することができます。
逆に帰ってくる際は、内宮前は15時05分、外宮前は15時17分の1便のみ。伊勢市駅発は午前10時25分と午後15時25分の2便のみです。

伊勢神宮方面へアクセスしているフェリーに関しての詳細は以下の別ページにてご紹介しています。

伊勢神宮(内宮・外宮)へ船(フェリー)でのアクセス(行き方)

津エアポートラインの予約&お問い合わせ先

予約センター

電話番号:059-213-4111
営業時間:9時から18時まで

津なぎさまち(津新港)

電話番号:059-213-6582
営業時間:5時から22時まで

セントレア港

電話番号:0569-38-8177
営業時間:6時30分から22時まで

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ