伊勢神宮・外宮から内宮へのアクセス(行き方 )「徒歩・三重交通バス・タクシー・レンタサイクル」

スポンサードリンク

伊勢神宮・外宮から内宮へのアクセス(行き方 )「徒歩・三重交通バス・タクシー・レンタサイクル」

古来、正式なお伊勢参りの基本として「外宮先祭」という慣習が現代にまで踏襲されています。

そこで正式参拝をしようとした時、外宮から内宮への移動方法も視野に入れておかなければなりません。

はたして外宮から内宮への最適な移動方法とは?

以下では、外宮から内宮への最適な移動方法をご紹介しています。

外宮から内宮まで「バス」で行く!

伊勢神宮の外宮から内宮までのアクセスは、やはりバスがオススメ?

外宮から内宮までは徒歩で50分から1時間ほどかかります。

したがって通常、ほとんどの方がバスや車(タクシー)で内宮まで移動することとなります。

ただし、以下の要件に当てハマる方は、内宮まで徒歩で歩いて行かれても良いかもしれません。

  • 時間にゆとりがある
  • 遠方から来ていて、一生分の伊勢参りを満喫したい!
  • 歩くのに不自由がない
  • 歩くのが好き
  • 疲れが残らない

などの要件に3つ以上当てはまる方は、徒歩で行かれて良いかもしれません。

それ以外の方は、基本的に三重交通が運行するバスに乗って内宮まで移動します。

伊勢神宮・外宮の「内宮行きのバスのりば」の場所

外宮の内宮行きのバスのりばは、外宮の参道を出た右手方向にバス乗り場があり、「2番乗り場」↓から内宮へのバスが出ています。

外宮入口に向かって左手にバス乗り場があり、「2番乗り場」から内宮へのバスが出ています。
⬆伊勢神宮・外宮のバスのりばの航空地図
⬆外宮前のバス停は外宮入口となる表参道を出てスグの場所にある。

伊勢神宮・内宮までは5種類のバスに乗車できる

伊勢神宮・内宮までは5種類のバスが利用できます。

  • 三重交通バス「51系統 徴古館前経由」
  • 三重交通バス「55系統 庁舎前経由」
  • CANバス「二見鳥羽方面行き」
  • 神都バス「チンチン電車のデザインのバス」
  • 電気バス「ピカチュウのデザインのバス」

料金は、51系統・55系統のバスは、片道大人が430円(小人220円)で10~15分おきに来るので便利です。

※CANバスや神都バス、電気バスは、本数が少なくダイヤが異なります。

通常は約20分で内宮まで行けるのですが、道路の混雑状況によってはもっとかかる場合があります。

特に、連休や土日祝日は上述した宇治浦田交差点が激しく渋滞しています。

外宮から内宮まで「徒歩」で歩く!

徒歩で伊勢神宮の外宮から内宮へのアクセス・行き方徒歩で外宮から内宮まで距離はおよそ5キロほどで、大人の足で歩いてしっかり50分ウォーキングするコースぐらいです。

徒歩で外宮から内宮へ歩く場合、基本的に「御木本道路(県道32号線)」を南へ歩く

外宮から内宮へは、御木本道路(県道32号線)を南に歩いていきます。

御木本道路(県道32号線)を南へ歩いて行くコースは外宮から内宮へ行く最短ルートとなります。

徒歩で外宮から内宮へ歩く場合、基本的に御木本道路(県道32号線)を南へ歩く

徒歩で外宮から内宮へアクセスする楽しみは「おはらい町」や「おかげ横丁」なども一緒に観光できる!

「おかげ横丁」の最寄りのバス停は「神宮会館前バス停」になりますが、神宮会館前バス停から「おかげ横丁」まで歩いた場合、おはらい町通りをすべて観て歩くことができません。

そんな時、徒歩であれば「おはらい町通り」を北から「おかげ横丁」→「内宮」と通行しますので、すべて観て回ることができます。

ただし、買い物は参拝後にした方がゆっくりと楽しめますので、参拝後のお楽しみにとっておきましょう。

外宮前交差点(外宮出入り口)を左方向へ外宮の敷地沿いを歩く形で内宮を目指す。

32号線

⬆宇治浦田交差点。徒歩の場合は通り過ぎる。

⬆分かりにくいが、宇治浦田交差点を通り過ぎてスグに右へ入る参道が見える。この参道に左折する形で入る。道路左上の「赤福」の看板が目印。
⬆写真が参道入口。閑静な参道に見えるが、約7分ほど直進すると賑やかな「おかげ横丁」につながる。

そのまま横丁を観光しながら内宮へ

⬆内宮。境内入口の鳥居が見える。

  • 所要時間:約60 分(1時間)
  • 距離:約5km

スポンサードリンク -Sponsored Link-






外宮から内宮まで「車(タクシー)」で行く!

車で内宮までの順路

外宮前交差点(外宮出入り口)を左方向へ外宮の敷地沿いを歩く形で内宮を目指す。

32号線

宇治浦田町交差点を右折する

⬆宇治浦田交差点。右折する。

⬆宇治浦田交差点を右折したところ。日本の大神が鎮座される内宮だけあって道路の両側に石燈籠が並んでいる。

⬆やがて左手に内宮のバス停が出てくる。

⬆内宮の看板が見える。

⬆内宮入口。タクシーの場合はこの辺りで降ろしてもらうと良い。
注意点
  • 連休や土日祝日は上述した宇治浦田交差点が激しく渋滞しています。
  • 五十鈴川を越える形で県道32号線を進んでも、伊勢志摩スカイラインの入口、もしくは駐車場しかなく、内宮まで車で近づくことができませんので注意が必要です。
  • 県道32号線を進んで五十鈴川を越えた先には競技場がありますが、競技場の駐車場は参拝目的では駐車できませんのでご注意ください。

内宮周辺の駐車場に関しては以下の別ページにてご紹介しています。

実はオススメの伊勢神宮(内宮・外宮)駐車場はココ!「料金(無料・格安)・営業時間(早朝)・住所・地図」(PDFダウンロード可能)

伊勢神宮・内宮までタクシーを使うのは、場合によっては最善策!

タクシーを使って内宮まで行くという方法もあります。

タクシーを利用する最大のメリットは、自分たちの都合のいい時間で移動できることではないでしょうか?

ただしタクシーを利用する最大のデメリットとなるのが、コスト的には高くなるということです。

この他、特に連休、土日祝日ともなれば「宇治浦田町交差点」を中心として、「県道32号線」と「国道23号線」が渋滞していますので、内宮まで到着するのに予想外に時間がかかるのと、それに比例した料金が発生する可能性も示唆されます。

伊勢神宮・内宮までタクシーでの所要時間・料金

  • タクシー所要時間:15分程度(混雑や渋滞時を除く)
  • タクシー料金:2000円以内

ただ、混雑具合によっては途中でタクシーを降りる方が賢明な選択方法と成り得る場合もあります。

尚、駅前のタクシーがいない場合は以下のタクシー会社へ電話してみてください。

伊勢市内の主要なタクシー会社

株式会社三交タクシー・伊勢営業所

住所:伊勢市竹ケ鼻町237-7
電話番号:0596-36-5333
迎車料金:1回100円

三重近鉄タクシー株式会社・伊勢営業所

住所:伊勢市本町19番22号
電話番号:0596-28-3171
迎車料金:1回100円

伊勢市内は基本、どのタクシー会社も迎車料金が100円かかります。

外宮から内宮まで「レンタサイクル(貸し自転車)」で行く!

伊勢神宮参拝は「レンタルサイクル」がオススメ!

足腰が元気で、複数の伊勢神宮・所管社を参拝めぐりしたい方にお勧めなのは、レンタサイクル店で自転車をレンタルするのもオススメです。

自転車ですと外宮はもとより内宮までも自転車で行けますので、混雑や渋滞を回避して伊勢の風を全身に浴びなら、風と一体化しつつ、ポールポジションを目指すことができます。なんの話や

「伊勢市駅」・「宇治山田駅」で借りられる「レンタルサイクル」がオススメ!
⬆外宮前観光案内所

レンタルサイクルのレンタルできる時間と値段(料金)

シティサイクル

・4時間まで・・・800円
・4時間以上・・・1000円
・宿泊料・・・100円

電動アシスト付き自転車

・4時間まで・・・1500円
・4時間以上・・・2000円
・宿泊料・・・100円

※取り決めた時間内に返却できない場合、延滞料が発生します。

自転車の貸出台数がもっと多いのが「伊勢市駅手荷物預かり所のレンタサイクル部門」になります。

約19台あります。

また、電動アシスト付き自転車があるのは、外宮前観光案内所のみとなります。

自転車を運転する際は周りの歩行者や車両に充分に気を付けて、ゆっくりと運転してください。

それと当たり前のことですが、外宮内宮ともに境内に自転車で入場は利用できません。入口鳥居近くの自転車も停めれる駐車場へ駐輪します。

伊勢市駅前手荷物預かり所(レンタサイクルのお問い合わせ先)

  • 住所:伊勢市岩淵2丁目1番43号(伊勢市駅のJR側の改札を出てスグ。手荷物預かり所の看板が見える。)
  • 電話番号:0596-23-9655
  • 営業時間:9:00~17:00
  • 定休日:年中無休(なし)
  • 貸出可能台数:シティサイクル19台
宇治山田駅観光案内所(レンタサイクルのお問い合わせ先)

  • 住所:伊勢市岩淵2丁目1番43号(宇治山田駅の真下。駅構内。)
  • 電話番号:0596-23-9655
  • 営業時間:9:00~17:00
  • 定休日:年中無休(なし)
  • 貸出可能台数:シティサイクル5台
(伊勢市駅前)外宮前観光案内所(レンタサイクルのお問い合わせ先)

  • 住所:伊勢市本町14番6号(外宮前交差点の前。伊勢外宮前郵便局近く。)
  • 電話番号:0596-23-3323
  • 営業時間:8:30~17:00
  • 定休日:年中無休(なし)
  • 貸出可能台数:シティサイクル5台、電動3台

【補足】伊勢神宮・内宮(境内)のおすすめの参拝ルート

終わりに・・

かつて伊勢市内を循環していた「三重交通神都線」の「チンチン電車」をイメージしたバスが運行

かつて、伊勢神宮へのお参りの際に利用した「三重交通神都線」の「チンチン電車」が存在しました。

伊勢神宮へのお参りの際に利用した「三重交通神都線」の「チンチン電車」が存在「第62回神宮式年遷宮」にあやかり、三重交通も昔の「三重交通神都線」の「チンチン電車」をイメージして制作したの「神都バス」というバス車両を運行させています。

この神都バスを作るのに三重交通は、なんと!7000万円もお金をかけたという話は、地元以外では、あまり知られていないお話となります。

伊勢神宮へのお参りの際に利用した「三重交通神都線」の「チンチン電車」が存在 (2)神都バスの室内は、昔のデザインにあやかり、昔のチンチン電車のデザインに限りなく近づけて昭和のレトロな感じを醸し出しています。

しかし、神都バスは人気なこともあり乗れないことや、座れない、などといったことが多々あるようです。

一生のうちに数回しか訪れることのない、お伊勢参り。バスの運行状況や、その日のバスの混雑具合をみて、是非!神都バスへ乗車してみてください。

いつもとは、違った新鮮な自分に出会えるかも知れませんね。ウフ

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ