ちょっと収集困難!伊勢神宮(内宮・外宮・別宮)でもらえる御朱印の種類・一覧!その他「混雑状況(待ち時間)・初穂料(値段)」など

スポンサードリンク

ちょっと収集困難!伊勢神宮(内宮・外宮・別宮)でもらえる御朱印の種類・一覧!その他「混雑状況(待ち時間)・初穂料(値段)」など

知ってましたか?

伊勢神宮には内宮外宮という2つのお宮が存在します。

他に「別宮(べつぐう・わけみや)」と呼ばれるお宮が外宮と内宮の境内の付近にあります。

そしてこの内宮・外宮の別宮を合計すると全部で14つのお宮が存在し、そのうち5つの別宮で御朱印をいただくことができます。

つまりは全部で7種類の御朱印を授与していただくことができます。

伊勢神宮で御朱印を授与していただける場所・一覧

伊勢の神宮

1.内宮(ないくう/皇大神宮)
2.外宮(げくう/豊受大神宮)

外宮の別宮(外宮周辺のお宮)

3.月夜見宮(つきよみのみや)

内宮の別宮(内宮周辺のお宮)

4.月読宮(つきよみのみや)
5.倭姫宮(やまとのひめのみや)
6.伊雑宮(いざわのみや)
7.瀧原宮(たきはらのみや)

以上の7つになります。

ただし、残念無念なことに「伊雑宮」と「瀧原宮」は「遠之宮(とおのみや)」と呼ばれ、内宮・外宮から少し離れた場所に位置します。

車で参拝される場合は、わりと容易く7つのお宮を廻れますが、公共交通機関と徒歩のみの方は少々、困難が伴います。

「伊雑宮」と「瀧原宮」と伊勢神宮「内宮・外宮」の位置関係

伊勢神宮・内宮から伊雑宮までの所要時間・距離

  • 所要時間:車で約30分
  • 距離:17キロメートル
伊勢神宮・内宮から瀧原宮までの所要時間・距離

  • 所要時間:車で約40分
  • 距離:約40キロメートル
伊勢神宮・外宮から伊雑宮までの所要時間・距離

  • 所要時間:車で約30分
  • 距離:約20キロメートル
伊勢神宮・外宮から瀧原宮までの所要時間・距離

  • 所要時間:車で約40分
  • 距離:約40キロメートル

伊勢神宮/内宮・外宮から伊雑宮への行き方は以下の別ページを参照してください。

パワースポットだらけ!神秘に包まれた!伊勢神宮(内宮・別宮)「伊雑宮(いざわのみや)」の正体を大暴露!!

 

伊勢神宮/内宮・外宮から瀧原宮への行き方は以下の別ページを参照してください。

中国の気功師が関与した?!パワースポット!!三重県 伊勢神宮(内宮・別宮)「 瀧原宮(たきはらのみや)」の隠匿

 

伊勢神宮の御朱印の種類と授与できる数

伊勢神宮・内宮の御朱印「1種類(1つ)」

値段:300円
授与場所:神楽殿
御朱印を拝受できる時間:
10月・11月・12月午前5時~午後5時
1月・2月・3月・4月・9月午前5時~午後6時
5月・6月・7月・8月午前5時~午後7時

基本的には上記の時間帯になりますが、おおむね朝5時30分頃からオープンします(開きます)。

内宮の神楽殿の場所(地図)

後述参照

伊勢神宮・外宮の御朱印「1種類(1つ)」

値段:300円
授与場所:神楽殿
御朱印を拝受できる時間:
10月・11月・12月午前5時~午後5時
1月・2月・3月・4月・9月午前5時~午後6時
5月・6月・7月・8月午前5時~午後7時

基本的には上記の時間帯になりますが、おおむね朝5時30分頃からオープンします(開きます)。

外宮の神楽殿の場所(地図)

後述参照

伊勢神宮・外宮「別宮」の御朱印「1種類(1つ)」

月夜見宮「1種類(1つ)」

値段:300円
授与場所:宿衛屋
御朱印を拝受できる時間:
10月・11月・12月午前5時~午後5時
1月・2月・3月・4月・9月午前5時~午後6時
5月・6月・7月・8月午前5時~午後7時

基本的には上記の時間帯になりますが、おおむね朝5時30分頃からオープンします(開きます)。

月夜見宮の宿衛屋の場所(地図)

尚、宿衛屋ではお守りも授与していただくことができます。

月夜見宮への行き方や詳細は以下の別ページにてご紹介しています。

伊勢神宮(-JINGU-)◆ 月夜見宮(TSUKIYOMI-NO-MIYA)

伊勢神宮・内宮「別宮」の御朱印「4種類(4つ)」

月読宮「1種類(1つ)」

値段:300円
授与場所:宿衛屋
御朱印を拝受できる時間:
10月・11月・12月午前5時~午後5時
1月・2月・3月・4月・9月午前5時~午後6時
5月・6月・7月・8月午前5時~午後7時

基本的には上記の時間帯になりますが、おおむね朝5時30分頃からオープンします(開きます)。

月読宮の宿衛屋の場所(地図)

同様に宿衛屋ではお守りも授与していただくことができます。

月読宮への行き方や詳細は以下の別ページにてご紹介しています。

伊勢神宮(-JINGU-)◆ 月読宮(月讀宮/TSUKIYOMI-NO-MIYA)

伊勢神宮・内宮「別宮・月読宮」の場所と「アクセス(行き方)」

倭姫宮「1種類(1つ)」

値段:300円
授与場所:宿衛屋
御朱印を拝受できる時間:
10月・11月・12月午前5時~午後5時
1月・2月・3月・4月・9月午前5時~午後6時
5月・6月・7月・8月午前5時~午後7時

基本的には上記の時間帯になりますが、おおむね朝5時30分頃からオープンします(開きます)。

倭姫宮の宿衛屋の場所(地図)

同様に宿衛屋ではお守りも授与していただくことができます。

倭姫宮への行き方や詳細は以下の別ページにてご紹介しています。

伊勢神宮(-JINGU-)◆ 倭姫宮(YAMATOHIME-NO-MIYA)

伊雑宮「1種類(1つ)」

値段:300円
授与場所:宿衛屋
御朱印を拝受できる時間:
10月・11月・12月午前5時~午後5時

1月・2月・3月・4月・9月午前5時~午後6時
5月・6月・7月・8月午前5時~午後7時

基本的には上記の時間帯になりますが、おおむね朝6時頃からオープンします(開きます)。

伊雑宮の宿衛屋の場所(地図)

同様に宿衛屋ではお守りも授与していただくことができます。

伊雑宮への行き方や詳細は以下の別ページにてご紹介しています。

パワースポットだらけ!神秘に包まれた!伊勢神宮(内宮・別宮)「伊雑宮(いざわのみや)」の正体を大暴露!!

瀧原宮「1種類(1つ)」

値段:300円
授与場所:宿衛屋
御朱印を拝受できる時間:
10月・11月・12月午前5時~午後5時
1月・2月・3月・4月・9月午前5時~午後6時
5月・6月・7月・8月午前5時~午後7時

基本的には上記の時間帯になりますが、おおむね朝6時頃からオープンします(開きます)。

瀧原宮の宿衛屋の場所(地図)

同様に宿衛屋ではお守りも授与していただくことができます。

瀧原宮への行き方や詳細は以下の別ページにてご紹介しています。

中国の気功師が関与した?!パワースポット!!三重県 伊勢神宮(内宮・別宮)「 瀧原宮(たきはらのみや)」の隠匿

【補足】伊勢神宮の御朱印の文字は変わった文字だけどなんて書いてあるの??

伊勢神宮で授与していただいた御朱印を見ると、古代の象形文字のような朱印に気づきます。

実はこの文字は「篆書体(てんしょたい)」と呼ばれる文字になります。

ちなみにこの篆書体は我々の身近な公的証明書にも見ることができます。

どんな証明書かお分かりになりますでしょうか?

ちょっと考えてみてください。

・・

・・

残念無念~!ハズレです。

正解は・・「パスポート」!!です。

パスポートを所持されている方はちょっと見てみてください。

表紙を見ればすぐに分かります。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






伊勢神宮内宮・外宮・別宮で御朱印をいただく際の混雑状況と待ち時間

内宮

内宮は外宮・別宮と比較するともっとも混雑しています。
主に次のような期間に混雑しています。

  • 土日祝日
  • GW
  • 年末年始
  • 秋の紅葉シーズン

土日祝で待ち時間は最大で約10分程度です。
これは神宮の朱印が他の寺社と異なり、ほぼ押すだけの様式になるからだと考えられます。

ただし、GWと年末年始は、~20分程度待ち時間が発生することがあります。

外宮

上述の期間で最大で約5分ほどです。

別宮

待ち時間はありません。ただし、まれに宿衛屋に神職さんが居られない時もあります。この場合は電話をかけてみてください。

伊雑宮

住所:〒517-0208 三重県志摩市磯部町上之郷374
電話番号:0599-55-0038

瀧原宮

住所:〒519-2703 三重県度会郡大紀町滝原872
電話番号:0598-86-2018

上記以外の別宮は「神宮司庁 」まで

住所:〒516-0023 三重県伊勢市宇治館町1
電話番号:0596-24-1111

伊勢神宮の公式御朱印帳

伊勢神宮の神楽殿では御朱印帳を販売しています。

ただし、小サイズのみの御朱印帳の取扱いとなりますので、小サイズ以外の種類の御朱印帳を希望される方は、内宮付近に位置する「神宮会館」、もしくは内宮境内の「参集殿へ訪れる必要があります。

内宮「神楽殿」「参集殿」の場所

宇治橋から参集殿までの所要時間:徒歩約3分。内宮前バス停から徒歩約6分。
宇治橋から神楽殿までの所要時間:徒歩約4分。内宮前バス停から徒歩約7分。

 

御朱印袋を購入する際、神楽殿よりも、参集殿の方が比較的、混雑が少ない
⬆内宮「参集殿」
内宮の「神楽殿御札授受所」
⬆内宮・「神楽殿御札授受所」
外宮「神楽殿」の場所

外宮の「神楽殿御札授受所」 (2)
⬆外宮・「神楽殿御札授受所」
「神宮会館」の場所(地図)

⬆神宮会館

神宮会館は「内宮」もしくは「おかげ横丁」からほど近い場所に位置します。

具体的には内宮境内入口となる宇治橋前のロータリーから徒歩約5分くらいですので、「内宮前バス停」で下車されて歩かれても充分、行ける距離です。

伊勢市駅・宇治山田駅もしくは五十鈴川駅から三交バス(三重交通バス)内宮行きへ乗車して「神宮会館前バス停」で下車。バス所要時間約25分。下車してから徒歩約1分です。

バス料金

近鉄宇治山田駅からは片道大人340円(タクシー約2000円)
近鉄・JR伊勢市駅からは片道大人340円(タクシー約2000円)
近鉄五十鈴川駅からは片道大人180円(タクシー約1000円)

上記の主要駅から神宮会館までの行き方の詳細は以下の別ページにてご紹介しています。

三重交通バス「神宮会館前バス停」から神宮会館まで徒歩での所要時間・距離

  • 所要時間:徒歩約1分
  • 距離:約50メートル

 

伊勢神宮の参集殿の営業時間・定休日

営業時間:8時30分から16時30分頃まで
定休日:年中無休

神宮会館の営業時間・定休日

営業時間:朝7時から21時まで
定休日:年中無休

 

外宮から参拝する場合は困ったことになる

伊勢神宮には古来、外宮先祭(げくうせんさい)もしくは外宮先拝(げくうせんぱい)という慣習が踏襲されています。

これがどのような慣習かと言いますと、単純に外宮から先に祭典(神事)を行うといった慣習です。

このような慣習が生まれたのは天照大御神よりの次のような神託があったからだとされています。

「お祭りする時は先に豊受(外宮)へ。その後にワタシ(内宮)に仕えなさい」

神宮ではこのお告げ通りに外宮から先に祭典を行うので、参拝客もこれに倣う動きが起こり、外宮から先に参拝してから内宮へ参拝する方法が正式参拝とされています。

例えば、大サイズの御朱印帳を購入する予定でこの慣習に則った場合、少々、困ったことになります。

理由はすでに上述した通り、大サイズの御朱印帳を購入するためには、内宮付近に位置する「神宮会館」か、もしくは内宮境内に位置する「参集殿」まで足を運ぶ必要があるからです。

つまり「内宮で御朱印帳を購入して参拝?→外宮へ参拝する??」といった逆の流れになるからです。

そこで事前に通販で購入するという選択肢もあります。

伊勢神宮の御朱印帳は神宮会館のホームページからでも通販で購入することができます。

神宮会館で販売されている「御朱印帳」および「御朱印袋」の通販については以下のページをご参照ください。

神宮会館へのお問合わせ先

住所:〒516-0025 三重県伊勢市宇治中之切町152
電話番号:0596-22-0001
FAX番号:0596-22-1517
定休日:年中無休
営業時間:7時~21時
URL:http://www.jingukaikan.jp/
Email:front1@jingukaikan.jp

神宮会館の御朱印帳を通販で購入する際の注意点

伊勢神宮の御朱印帳を通販で購入する際、商品代金以外にも以下の料金が必要になるので注意が必要です。

  • 送料
  • 代引き手数料

送料は発送先、または代引き手数料については、購入価格によって変わってきます。

注文から発送までの期間と自宅に到着する期間は、おおむね1週間が目安になります。(発送の地域によって異なる)

尚、「伊勢神宮崇敬会」の会員の方は商品代金から10%の割引料金で買い求めることができます。(準会員も含む)

伊勢神宮の御朱印を授与していただく際の注意点

他の寺社では、御朱印帳を預けてその間に境内を参拝して、参拝が終わった後に御朱印帳を受け取ることができるところもあります。

しかし、伊勢神宮「内宮・外宮」の神楽殿では御朱印帳を預けてその間に参拝することはできませんのでご注意ください。

混雑していても並んでその場で授与していただく形式になります。

終わりに・・

御朱印はスタンプではありませんでので、御朱印をいただく際は御朱印帳を購入してください。単なるスタンプ帳はNGです。

また、寺社の御朱印はできるだけ神社と寺院とで分けて拝受するのが好ましいです。

伊勢神宮で御朱印をいただく際、寺社の朱印を同じ御朱印帳に混在させていると、ご指摘を受けることもあります。

それと神宮大麻を神棚に祀る際、中央の最前面にお飾りします。これは伊勢神宮が日本の神社でもっとも尊い神社であるからです。そこでやはり御朱印と言えどもできるかぎり1ページ目(最初のページ)にいただくのが好ましいと言えます。

ただし、これに関しては伊勢神宮の神職さん曰く、特に1ページ目に拝受しなければ縁起が悪いなどのことは特になく、途中のページから拝受されても問題ないとのことです。

しかしこんな話もあります。

例えば伊勢神宮以外の神社で御朱印帳を購入して御朱印を拝受する際、後々で伊勢神宮に参拝する旨を告げると、神社によっては最初のページに授与することを畏れ多いとはばかって、「最初のページから数ページ空けますか?」とい聞いてくださる神社もあります。

この事実からしても伊勢神宮がいかに崇高な社であるのかが理解できます。

”伊勢神宮”ではなく、ひとえに”伊勢の神宮”と呼ばれるのは、まさに日本の神が御座す”神宮”であるが所以だと言えます。

 

尚、伊勢神宮の御朱印をいただく際の御朱印のページに関しては以下の別ページにてご紹介しています。

伊勢神宮の御朱印の押印は「最初のページから?途中のページから?」

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ