伊勢神宮(-JINGU-)◆ 風日祈宮橋(KAZAHINO-MINOMIYABASHI)

スポンサードリンク

伊勢神宮(-JINGU-)◆ 風日祈宮橋(KAZAHINO-MINOMIYABASHI)

伊勢神宮(-JINGU-)◆風日祈宮橋(KAZAHINO-MINOMIYABASHI)

大きさ

  • 全長(長さ):45.6m
  • 横幅:4.6m
素材

  • ヒノキ
  • ケヤキ
橋梁上部の建築様式(造り)

  • 単純桁橋
工期

  • 約8ヶ月
風日祈宮橋の別名

  • 五十鈴川橋(いすずがわばし)

風日祈宮橋の読み方

伊勢神宮の境内には、いくつか読みにくい名前の社殿などがあります。

そして、この風日祈宮橋は「かざひのみのみやばし」といいます。

風日祈宮橋の建築造り

風日祈宮橋は基本的には、内宮の入口に架かる宇治橋と造りは同じです。

神宮はその一切を伝統に則って建て替えを執り行っていますので、いずれもサイズが異なるだけで基本的な造りはほぼ同じです。

ただ、宇治橋は1度に通行する人がもっとも多いので、橋の足元の補強のための、橋梁工事の方法が若干、異なっています。

風日祈宮橋の創建年

風日祈宮橋の、創建年は不明とされていますが、橋の高欄(こうらん/両側の手スリ)を支える柱の上の「擬宝珠(ぎぼし)」には、以下↓のような彫られた文字見つかっています。

太神宮風宮 五十鈴川御橋 明応七年戌午本願観阿弥 敬白

これによると1498年(明応7年/皇紀2158年)の戌午(つちのえうま/干支)に「観進聖(かんしんひじり/全国を旅する僧侶たち)」によって建造されたと記載があります。

これが事実であるならば、室町時代に始めて橋が架けられたということになります。

えぇっ?!本当は風日祈宮橋の下に流れる川が「五十鈴川」だった?!

しかし、元来、五十鈴川の本流とは、この風日祈宮橋の下を流れる川(島路川)が五十鈴川の本流であるとされていました。

つまり、この橋は別名をもっており、「五十鈴川橋」といいます。

現在では、「宇治橋=五十鈴川=御手洗場」のイメージが先行しており、宇治橋の下を流れる川が五十鈴川の本流であるとされています。

近年に至っては、河川を定める法律によって、山の頂から河口に至るまでの、全長(距離)が1番、長い川が、本流と位置づけられるようになっています。

したがって、現在の風日祈宮橋の下を流れる川は、「島路川」と命名されており、同時にこの橋の名前もあらためられたと思われます。

風日祈宮橋が伊勢神宮有数のパワースポット?!

伊勢神宮の境内の中でも、この風日祈宮が一際、パワーが強いと噂されており、特に、「風日祈宮と風日祈宮橋の間」と「橋の上」に、強いパワーが集まっていると噂されているようです。

強いパワーが感じれるというのも、古来から「風は神の息」という説もあって、そんな風の神様をお祀りするお宮に、唯一、架かる橋と言うこともあり、風の力で守護されているからかもれせん。

ちなみに、風水的な観点から見た結果によると、風日祈宮に通じる、この風日祈宮橋は、真下を流れる川の方向と、陸地・森林などの地形のバランスが絶妙だそうです。

中でも、「水の上に位置する橋の上」と、「風日祈宮側の橋のたもとの辺り」が、一際、大きなパワーが集まっているそうです。

確かに、特に朝方、この橋の上に立っていると朝日がスコールのように降り注ぎ、そんな神々しい朝日を浴びた、生き生きとした緑や、新鮮な小鳥のさえずりを耳にすることができ、身体の芯に眠るパワーが、フツフツと湧き起こってくるのを感じることができます。

したがって、パワースポットと噂されるのも分かる気がします。

内宮へ参拝に訪れた際は、風日祈宮橋へ、ぜひ、立ち寄ってみてください。

ひょっとすると、あなたの中にも、何か目醒めるものがあるかも知れません。

その他、この風日祈宮橋を中心とした周辺の森林は、神宮しいては伊勢市における「秋の紅葉の一大スポット」でもあります。

秋の風日祈宮橋に訪れてみてください。

橋からはきっと君の耳タブのように美しい紅葉を目に焼き付けることができるハズです。ウフ

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ