伊勢神宮(-JINGU-)◆ 籾だね石(MOMIDANE-ISHI)

スポンサードリンク

伊勢神宮(-JINGU-)◆ 籾だね石(MOMIDANE-ISHI)

伊勢神宮(-JINGU-)◆ 籾だね石(MOMIDANE-ISHI)

大きさ(高さ)

  • 約4m

籾だね石(籾種石)の読み方

籾だね石は「もみだねいし」と読みます。

漢字で書くと「籾種石」となります。

籾だね石(籾種石)の歴史・由来・役割り

「籾だね石(籾種石)」は内宮の宮域に、現在も現存している巨大な大石です。

場所は「忌火屋殿」を少し超えた先にある、御正宮の入口付近(御正殿の石垣)に位置します。

この石は1789年(寛政元年)に執り行われた「第51回内宮式年遷宮」の時に「古市町(楠部村/くすべむら)」の住民が奉納した石だそうです。

「古市町(楠部村/くすべむら)」とは、現在で言うところの「三重県伊勢市楠部町」にあたります。

この巨大な大石は、五十鈴川の上流から苦心して古市町(楠部郷)の住民たちが、内宮の宮域まで運び入れたそうです。

籾だね石(籾種石)が内宮に運ばれた理由

1789年(寛政元年)のこの年は、「江戸四大飢饉」の1つと呼ばれる「天明の大飢饉」が勃発した年だったそうです。

つまり、悪天候にや災害が相続き、作物が穫れなくなり、米(穀物)の需要が供給を大きく上回り、日本中から米が底を付いたような状態のことです。

実は、1789年の年は日本だけではなく、原因不明の異常気象が世界各地で発生しており、フランス革命の種火ともなったと云われております。

このような時に、飢饉を乗り越えようと御神威にすがるために、この石を奉納したとされています。

そして、この石を運ぶのに相当な日数がかかり、この石を運ぶ最中も食べる物がなく、籾を食べながら石を運び入れたことから「籾だね石(籾種石)」と言うネーミングが付いたとされています。

ところで・・「籾だね石(籾種石)」って何?


スポンサードリンク -Sponsored Link-






「籾だね(籾種)」とは、イネ(稲)の種のことです。

すなわち、殻が付いたままのイネのことです。

ただし、ここでの「籾」の解釈とは、イネの「殻の部分」を指します。

ところで・・「籾だね石(籾種石)」って何?ようは、イネの殻をそのまま食べたと言うことになります。

・・現代では考えられないことですね。ウフ

内宮のオススメ参拝ルート

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ