伊勢神宮(-JINGU-)◆ 神宮茶室(JINGU-CHASITU)

スポンサードリンク

伊勢神宮(-JINGU-)◆神宮茶室(JINGU-CHASITU)

伊勢神宮(-JINGU-)◆神宮茶室(JINGU-CHASITU)

 創建年

  • 1985年(昭和60年)4月
起工式

  • 1983年(昭和58年)3月
建築様式(造り)

  • 入母屋造り
  • 木造平家建
屋根造り

  • 桧皮葺(ひわだぶき)
総工費

  • 約10億円

伊勢神宮・内宮(皇大神宮)「神宮茶室」の歴史・由来

「神宮茶室(じんぐうちゃしつ)」は、宇治橋を渡った左側にある神宮司庁と五十鈴川に囲まれた「紅葉苑」にあります。

これは、松下幸之助が伊勢神宮崇敬会の会長を務めていた時に茶室の寄付を思い立ち、松下電器産業グループの創業65周年と松下幸之助の88歳の「米寿(べいじゅ)」を記念して、1985年4月に完成したものです。

米寿とは?
米寿とはのぅ、「米」の字体を分解すると「八十八」となることからのぅ、めでたいと言う意味合いで「米寿」というのでおジャルぞょ。..麻呂はいつでもメデタイでおジャルぞょ。ホっホっ。..歯が痛い

建設に際しては、「300年保って歴史的遺産になるもの」という目標のもと、約2年間の工期と総工費10億円でつくりました。

現地で原寸大の模型を造り、軒の高さ、周囲の景観などを確認した上で、工事に着手したそうです。

建造物は、1853.83㎡の敷地に、木造平屋建の茶室(354.3㎡)と、大腰掛待合、ポンプ小屋、外トイレが造られました。

神宮茶室の3つの部屋について

建物は、「」・「」・「」の3棟で構成しています。

「真」

「真」は本格的な和風住宅で、建物の周りには広縁があります。

屋根はひのきの樹皮を使った桧皮葺(ひわだぶき)の入母屋造りです。

上段の間は、書院造り風の造りとなっています。

「行」

「行」の棟には、二つの広間をつなぐ天井付近の欄間(らんま)に、芽生えた松の模様が施されています。

「草」

「草」は、鷹司和子(たかつかさかずこ)神宮祭主が「霽月(せいげつ)」と名付けた四畳半席があります。

神宮茶室の役割(使用用途)

神宮を訪れる大切な客人の接待や、崇敬の気持ちで神様にお茶をお供えする儀式(献茶式)などで利用されます。

主に、伊勢神宮崇敬会の行事に利用されることが多いです。
(客人にお茶のおもてなしがされます)

また、春・秋の神楽祭期間中に茶庭からの外観と大腰掛待合の一般無料公開が行われます。

伊勢神宮・内宮(皇大神宮)「神宮茶室の公開」

神宮茶室は、一般の参拝客が容易に訪れることは難しいのですが、伊勢神宮では、一般に方にも茶室を公開しています。

しかし、茶室の公開は春と秋の年に2回の限られた日程のみに限定されます。

春の神宮茶室の公開

春の神宮茶室の公開は毎年、4月の下旬頃となります。

  • 日程:4月28日、29日、30日
秋の神宮茶室の公開

秋の神宮茶室の公開も毎年4月の下旬頃となります。

  • 日程: 9月22、23、24日

これら春の秋には、伊勢神宮では「春の神楽祭」「秋の神楽祭」が執り行われており、上記の日程は「神楽祭」に合わせた日程となっております。

ただし、雨天の時は公開中止となりますので、注意が必要です。

神宮茶室の公開時間とお問い合わせ先(電話番号など)

  • 開催時間:11時45分から15時まで
  • 話番号:0596-24-1111(神宮司庁)
スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ