伊勢神宮(-JINGU-)◆ 神宮司庁(SHICHO)

スポンサードリンク

伊勢神宮(-JINGU-)◆ 神宮司庁(SHICHO)

伊勢神宮(-JINGU-)◆ 神宮司庁(SHICHO)

創建年

  • 1973年(昭和48年)
建築様式(造り)

  • 鉄筋コンクリート造り
  • 二階建て

 神宮司庁の読み方

伊勢神宮の宮域には、少し読みづらい名前の社殿などが出てきますが、ここ神宮司庁は「じんぐうしちょう」と読みます。

神宮司庁の役割り

神宮司庁は、伊勢神宮の祭事や事務を行っている機関になります。

「祭主」、「大宮司(だいぐうじ)」、「小宮司(しょうぐうじ)」、「禰宜(ねぎ)」等の神職関係者は100名程です。

  • 小宮司=大宮司の補佐職(神職の代理長)
  • 禰宜=小宮司・宮司の補佐職

その他、事務職員や神宮の警備職員、神宮の博物館や美術館、図書館等で仕事をする人、お札や御守を作る人、森林や神苑(しんえん)を管理する人など、様々な職員が500名から600名程が働いています。

神宮司庁の大まかな歴史と仕事の範囲を次に示します。

神宮司庁の歴史とおおまかな仕事内容

伊勢神官は「世襲制(せしゅうせい)」で権威を示す役職名などが決められていましたが、祭主以下の職を規定して、伊勢神宮に関する事務を行う機関として1871年に設置されたのが「神宮司庁」になります。

1873年には、内務省の権限で管理することになりました。

1896年の制度では、祭主は皇族または公爵(こうしゃく)から選任することを規定し、また、大宮司(神職の長)以下の職務などが定められました。

1951年以降は、一宗教法人として神宮規則に従って運用されています。

この意味は、神宮司庁は、神宮以外の他の神社との関わりをもつ組織ではなく、あくまで神宮規則に規定されている範囲で祭事や、事務に係る仕事をしている組織であることを示しています。

伊勢神宮・神宮司庁の場所

「神宮司庁(じんぐうしちょう)」は、宇治橋を渡って子安神社の北側にあります。

伊勢神宮・神宮司庁のお問い合わせ先(住所・電話番号・URL)

神宮司庁広報室

  • 住所:三重県伊勢市宇治館町1
  • 電話番号:0596-24-1111
  • URL:http://www.isejingu.or.jp/
スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ