伊勢神宮(-JINGU-)◆ 滝祭神(TAKIMATSURI-NO-KAMI)

スポンサードリンク

伊勢神宮(-JINGU-)◆ 滝祭神(TAKIMATSURI-NO-KAMI)

伊勢神宮(-JINGU-)◆ 滝祭神(TAKIMATSURI-NO-KAMI)

創建年

  • 不明
  • 推定804年(延暦23年)以前

※社殿なし

御祭神

  • 瀧祭大神
社格

  • 伊勢神宮・内宮(皇大神宮)「所管社」
別名

  • 「滝祭神社」
  • 「滝祭の地」
  • 「おとりつぎさん」
主な御祭事

  • 由貴大御饌の儀
  • 神嘗祭

滝祭神の読み方

伊勢神宮の境内には、いくつか読みにくい名前のお社などがありますが、この「滝祭神」は「たきまつりのかみ」と読みます。

他にも、別名があり、神宮の公式的な古文書である「延暦儀式帳」には、「滝祭神社」「滝祭の地」と記述があるそうです。

伊勢の地元の住民の方々からは、古来から「とりつぎさん」「とっつきさん」などと親しみをもって呼ばれています。

この滝祭神においても通常は個人的なお願いは天照大御神にはできませんが、ただ、この滝祭神へ、個人的なお願い事をすることによって、天照大御神に特別に取り次いでもらえるとも云われているそうです。

なお、滝祭神の内宮の30社ある所管社での社格は第1位をなっています。

つまり、内宮に属する所管社の中では、ナンバーワンの位置づけと言うことになります。

滝祭神の御祭神「瀧祭大神」

滝祭神の御祭神は「瀧祭大神」と言います。

読み方は「たきまつりのおおかみ」と読みます。

この神様は、五十鈴川の神様です。

古来から、川の氾濫が多かった伊勢の地の治水の鎮守の神様とも言えます。

滝祭神の歴史・由来

滝祭神のお社には、社殿がありません。

ただ、御垣で囲まれているだけで、御垣の前には「お賽銭箱」が設置してあるだけです。

つまり、御神体は、五十鈴川そのものであって、五十鈴川にお宿りになっておられる神様と言ったところです。

滝祭神が土台の上でお祭りされている理由と「神宮の龍宮伝説」について

すでに、上記でもご紹介しておりますが、滝祭神は土台の上に玉垣が築かれており、社殿がありません。

実はこれには深い理由があるとされており、その理由と言うものが、とんでもない話だと言います。

その、とんでもない話とは、なんでもこの滝祭神がお祀りされている土台の下には、古から「龍宮」が存在しており、その龍宮の主として「八大龍王(はちだいりゅうおう)」という「雨を司る神様」が御鎮座されているそうです。

ただ、八大竜王とは、仏教の神様(仏様)となり、アジア大陸から日本へ仏教が流入した際は、雨を降らせたり、洪水を鎮守する神様として、日本の各地でお祀りされたようです。

おそらく、当時の神仏習合の名残とも言えます。

ところで・・八大竜王とは?

インドには、「仏法」や「仏教徒」を守る仏様が存在しており、その仏様は「8尊」とされているようです。

インドでは、その8つの仏様を「八部衆(はちぶしゅう)」と呼び、その8つある部族の内の「龍族」の長に「八大竜王」が存在しているそうです。

インドでは、その8つの仏様を「八部衆(はちぶしゅう)」と呼び、その8つある部族の内の「龍族」の長に「八大竜王」が存在しているしかし、とんでもない話は、これで終わらないのです。

他にも、伊邪那岐(イザナギノミコト)が、「国産み」、「神産み」の際に使用していたとされる「天之瓊矛(あめのぬぼこ/天沼矛)」と呼ばれる矛が、今でも滝祭神がお祀りされている、土台の下に埋まっているとも云われているそうです。

一説には、滝祭神が「天之瓊矛の番人」として、お祀りされているとも云われているそうです。

滝祭神の伝説の裏付けに垣間見える「確証への糸口」

実は、上述でお伝えした伝説の話ですが、これがマンザラ嘘では無いかもしれないのです。

これがどのようなことかと申しますと、滝祭神には「物忌(ものいみ)」と呼ばれる小学生くらいのの童(わらべ)による奉仕が行われるのです。

神宮での、「物忌の奉仕」の位置づけとしては、かなり重要な祭事のみに限定されています。

つまり、神宮の所管社にも関わらず、このような重要な奉仕が行われるのには、それなりの深い理由があるからに他なりません。

そして、驚くことになんと!その理由は神宮の神官、誰ひとり、いっさい知らないそうなのです。

さらに、これに水を差すような説も存在し、例えば宇治山田市に現存する古文書である「宇治山田市史」においては、以下↓ような記述も残っているとのことです。

「瀧祭神に捧げる御饌(神饌)は、別宮に準ずる。社格としては摂社の最上、別宮の次と成す。」

・・などと言う記載が残ることから、滝祭神が神宮において、いかに重要な位置づけであるのかが理解できます。

さらに、1775年(安永4年)に著された神宮における最古の古文書である「大神宮儀式解(だいじんぐうぎしかい)」によると「深き所以有る故」との記述があり、つまりは、「謎が多き場所」とされていたようです。

つまり、古から現代に至っても、深い謎が多き場所と言われていた事になります。

ちなみに、神宮の「物忌の奉仕」は、他に以下↓のようなお祭りがあります。

  • 御遷宮
  • 山口祭
  • 木本祭
  • 御船代祭
  • 木造始祭
  • 鎮地祭
  • 後鎮祭

などがあり、各々の御祭事においては、神鶏や神鶏の卵が捧げられるそうです。

地元・伊勢に伝わる滝祭神に因んだ「嘘のような風変わりな風習」

実は地元・伊勢では滝祭神に因んだ少し風変わりな風習が伝承されています。

なんでも「真夏の土用の丑の日」と「8月1日」に、滝祭神がお宿りする五十鈴川の水を汲み取るそうです。

そして汲み取った水をこの滝祭神へお供えしてから、自宅へ持って帰って神棚へ供えると・・なんと!摩訶不思議なことに「あらゆる病気」からのご加護を賜ることができるそうです。

その他、この御水には特殊な平癒力が備わっているようで、例えば身体の痛む部位にこの御水を付けて摩る(さする)と・・なんと!不思議と痛みがス~っと嘘のように消えて行くそうです。

滝祭神の場所

御手洗場から参道をそのまま直進すると、右脇に御垣が見えてきます。

編集後記

滝祭神の周辺・付近からは、特に強いパワー(波動)が発せられていると云われています。

つまり、これは伊勢神宮におけるパワースポットの1つと言う解釈になります。

このような神秘の神秘に満ち満ちた場所は、神宮広しと言えども、この滝祭神おいて他には無いでしょう。

ぜひ、内宮へ訪れた際は、滝祭神へも訪れてみてください。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ