伊勢神宮(-JINGU-)◆ 古殿地(KODENCHI)

スポンサードリンク

伊勢神宮(-JINGU-)◆ 古殿地(KODENCHI)

伊勢神宮(-JINGU-)◆ 古殿地(KODENTI)

古殿地の読み方

伊勢神宮の境内には、おおよそ読みにくい漢字の社殿などがあります。

ちなみに「古殿地」の読み方は「こでんち」と読みます。

また「新御敷地(しんみしきち)」と呼称されたりもします。

「古殿地・新御敷地」の役割り

伊勢神宮の境内のパンフレットや、伊勢神宮の宮域などを紹介する雑誌などを閲覧していると、「古殿地・新御敷地」と記載された場所を目にすることがあります。

もうご存知の方も多いと思われますが、伊勢神宮では20年に1度、宮域内のすべてのお宮を造り替えてしまいます。

すなわち、その一切を新築にするのです。

通常の新築とは、更地から土台を組んで建築物を建てていきます。

しかし、伊勢神宮においての新築とは、建物(社殿)を取り壊して、一旦、更地にしてから新築するのではなく、現在の建物の横に、もう1つ敷地があり、その敷地に新しい社殿を建ててしまうのです。

したがって、現在の社殿を維持したまま、新しい社殿を「隣の土地」に、もう1つ建てることになります。

そして、これを「遷宮(せんぐう)」と呼称します。

「古殿地・新御敷地」の正式名について

「古殿地と新御敷地」は、本当はどっちが正しい呼び方なの?

・・などと、言う疑問が出てくる方も多いと思いますが「古殿地と新御敷地」は、どっちも正式名です。

これはどのようなことかと申しますと、以下のように使い分けがなされるのです。

古殿地

遷宮後の以前、社殿が建っていた旧土地は、おおよそ6ヶ月は「古殿地」と呼称されるのです。

つまり、以前の古い御殿地だからです。

殿地とは、以前、社殿が建っていたことに由来して、敬う気持ちと織り合わせて「殿地(でんち)」と呼称しています。

新御敷地

一方、遷宮から、おおむね6ヶ月を経過すれば、今度は呼び方が変わり、「新御敷地(しんみしきち)」と呼称されます。

これは、次に新しい社殿が立つ予定の「御敷地(みしきち)」だからです。

「古殿地・新御敷地」の「小さな小屋」には何があるの?


スポンサードリンク -Sponsored Link-






「古殿地・新御敷地」を見られた方であれば、多かれ少なかれ、こんな疑問が湧き起こるハズだと思います。

『「古殿地・新御敷地」の小さな小屋には何があるの?』

「古殿地・新御敷地」を、すでにご覧になられた方であれば、分かると思いますが、「古殿地・新御敷地」には、広々とした玉砂利の敷地に「小さな小屋」がポツんと淋しげに建っています。

伊勢神宮(-JINGU-)◆ 古殿地(KODENTI)実はこの小屋の場所には、以前の正宮の「御正殿があった場所」だと言われております。

つまり、次の遷宮の時には、新しい御正殿がこの「小さな小屋」の上に建つことになります。

「心御柱」と「小さな小屋」の「とんでもない関係」

さらに、もう1つこんなお話があります。

知っている方は知っているのですが、現在の正宮の御正殿の社殿の下には、「太さ約30cm」、「長さ180cm」ほどの「心御柱」と呼ばれる「御木」が埋まっているのです。

この心御柱は「しんみのはしら」と読み、別名では「忌柱(いみばしら)」とも呼ばれ、神宮では言葉するのも畏れ多いと言われています。

「太さ約30cm」、「長さ180cm」ほどの「心御柱(しんみのはしら)」一説には、この「小さな小屋」には、以前の遷宮の時の「心御柱」が、まだ残されたままの状態であると言います。

これには理由があって、次に御正殿を建てる位置を正確に示すためだとも言われています。

なぜ、このように正確にしなければいけないのかと申せば、天照大御神がお宿りになっておられる「八咫鏡(御神体)」の、ちょうど真下の位置が、この「心御柱」と合わさらないといけないのです。

神宮に伝わる古文書によれば、過去に1度、御正殿を建てた際に「心御柱」と「御正殿の御鏡」の位置がズレたことがあったそうです。

つまり、こういったズレを生じさせない為であると考えられています。

古殿地の特別拝観(参拝)について

この古殿地は、時期によっては「木の壁」で覆われていたり、もしくは注連縄で結界が張られています。

古殿地は、時期によっては「木の壁」で覆われていたり、はたまた、注連縄で結界が張られていたりするしたがって、一般の参拝者が中に入って、間近で「拝観(参拝)」できないようになっています。

しかし、あきらめることなかれ!

実は神宮では、特別に古殿地を間近で拝観ができる期間が設けられているのです。

その期間とは、式年遷宮の「遷御の儀(せんぎょのぎ)」の後から、おおむね「6ヶ月」の間は「古殿地拝観」と称されて、間近で拝観ができるのです。

古殿地の特別拝観(参拝)は「内宮・外宮」どっちもできるの?

実は、古殿地の特別拝観(参拝)は、その年の「特別参拝(御垣内参拝/みかきうちさんぱい)」した際に、オマケとして拝観(参拝)をさせていただけるようです。

そして、この古殿地拝観は20年ごとに移り変わります。

分かりやすく言うと、今年が「内宮」の特別参拝の順番であれば、次は外宮、つまり「内宮⇒外宮⇒内宮⇒外宮⇒内宮」

・・と言うように順番で移り変わっているようです。

例えば、今年は「内宮」で古殿地参拝できる年であった場合、次は40年後にならないと、再び「内宮」での「古殿地参拝」ができないといったことになります。

以上のことから、一生の内に最大でも3回ほどしか経験できない貴重な体験となります。

お伊勢参りされる際は、ぜひ、古殿地参拝できるタイミングを狙って訪れてみてください。

【余談】伊勢の地元では「新御敷地」をもとにした「とんでもない占い方法」が存在していた?!

実は地元・伊勢では新御敷地をもとにした「とんでもない占い」が存在すると言います。

すでに上述したように神宮には「古殿地」と「新御敷地」が存在し、「古い方が古殿地」で「新たな敷地が新御敷地」とお伝えしました。

つまり、左右に同じ面積の敷地が2つ存在することになります。

この左右の敷地には、それぞれ言い伝えがあるようで、なんでも「新御敷地が右側(東)」に来た年の向こう20年はなんと!「米蔵(こめくら)」と呼称され、その20年間は世の中に食料はたくさん供給されるが経済成長が下降してしまうため、人々が一致団結して協力し合う時代と言われているそうです。

また逆に「新御敷地が左側(西)」に来た年の向こう20年は「金蔵(かねくら)」と呼ばれ、米蔵とは逆に食料の供給量は少なくなるが経済が成長すると云われているようです。

ちなみにもっとも最近、執り行われた式年遷宮は平成25年となり、向こう20年間(平成45年まで)は「金蔵の年」になるようです。

つまりは私が現在こうして執筆している現在は金蔵の年と言うことになります。ショクリョウホドヨクsoreyorimo、お財布マネーin!モットお財布マネーin!!

「古殿地(新御敷地)」の場所

「古殿地(新御敷地)」は、内宮・外宮の御正宮の真横に並んでいます。

他に、各・別宮の敷地にも「古殿地(新御敷地)」は存在します。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ