伊勢神宮(-JINGU-)◆ 倭姫宮(YAMATO-NO-HIMEMIYA)

スポンサードリンク

伊勢神宮(-JINGU-)◆ 倭姫宮(YAMATO-NO-HIMEMIYA)

伊勢神宮・内宮(別宮)「倭姫宮(やまとひめのみや)」

創建年

  • 1923年(大正12年)
建築様式(造り)

  • 切妻造り
  • 平入
  • 掘立柱

※神明造り

屋根の造り

  • 茅葺き(萱葺)
鰹木の数

  • 6本
千木の形

  • 内削ぎ
素材

  • 檜(ヒノキ)
大きさ(正殿)

  • 棟持柱の高さ(地面から棟まで):不明
  • 梁間:不明
  • 桁行:不明
鳥居の形式(境内)

  • 神明鳥居(伊勢鳥居)
御祭神

  • 倭姫命
社格

  • 伊勢神宮・内宮(皇大神宮)「別宮」

 倭姫宮の読み方

伊勢神宮には、いくつか読みにくい名前の社殿などがあります。

そして、この倭姫宮の読み方は「やまとひめのみや」と読みます。

なお、倭姫宮の内宮・10別宮における社格の順位は10位となり、これは近代に差し掛かってから社殿が造営されたことに起因するものです。

なお、神社の「社格」の制度は、明治時代の初頭に、あらため直されたたのですが、第二次世界大戦後の「進駐軍(GHQ)」によって、廃止に至っており、現在では、一応の概念として、「神社の社格は無い」ものとされています。

ただ、天皇の勅使が下向する「お社」が、古より位置づけられており、ここには社格の概念が存在しております。

他にも、目に見えない部分で社格は存在しております。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






倭姫宮の境内(宮域)の案内配置地図

倭姫宮の境内(宮域)の案内配置地図

倭姫宮の歴史・由来

「倭姫宮」は、伊勢神宮の内宮(皇大神宮)の別宮です。

創建時期は1923年11月5日で、14社の別宮の中で最も新しい神社です。

祭神は、日本神話で第11代の垂仁(すいにん)天皇の第4皇女と言われている「倭姫命(やまとひめのみこと)」です。

倭姫命は、天照大神の指示をうけて、およそ2000年前に五十鈴川の川上に現在の皇大神宮を造られ、そして天照大神を伊勢の地に祀られた古墳時代の皇族の姫君です。

倭姫命が生まれたのが、古墳時代とされていますので、そこから神宮の創建までを考えると、おおよそ西暦200年代の前半に誕生されているものと考えられます。

他にも、倭姫命の名前が有名になったのが、熱田神宮でお祀りされている「神剣・草薙の太刀」に選ばれた「伝説の勇者・日本武尊(やまとたけるのみこと)」の叔母でもあります。

その後、後世にて倭姫命の功績を讃えた神宮司長と宇治山田市(現在の伊勢市)は「倭姫命」を祀るお宮の創建を御請願し「倭姫宮」が造られました。

このような理由から、神宮の他の別宮・摂社・末社に比べて、極めて最近に造られています。

ただ、一説によると、邪馬台国の卑弥呼と倭姫命が、「実は同一の人物だったのではないのか?」などと言った説もあったようです。

つまり、後世の様々な時代においての倭姫命とは、とてつもなく神秘的で、不思議な力を持った、大変、魅力的な女性であり、ある意味、神格化されていたとも伺えます。

倭姫命と倭姫宮のご利益とパワースポット

「倭姫命」は、神様の意思を伝える「御杖代(みつえしろ)」として神様に仕えているだけでなく、「神嘗祭(かんなめさい)」をはじめとした、神宮のお祭りや神官の役職なども定めています。

つまり、神様の気持ちを感じ取ることができる純粋さと、実務能力を兼ね備えたお姫様だったのでしょう。

そんな倭姫命が祀られている倭姫宮を参拝すると、気持ちもリフレッシュして良いエネルギー(パワー)で満たされると思います。

倭姫宮は内宮や外宮の宮域からは、少し離れた距離に草創されていますが、これらのことから察するに、まさにパワースポットと呼ぶに相応しい場所と言えます。

倭姫命は、丹波の地から、遠く伊勢の地まで旅を重ねて来て、伊勢の地に着いてからも、伊勢神宮の様々な祭事や神職の定めなどの諸々の定め事をつくっています。

通常の人であれば、挫折してしまいそうなことを、倭姫命は、命が尽きるまで、神宮の創建に尽くされております。

これらのことから、卓越した精神力と未来をも見通せる、一種の神通力のようなものを併せ持った女性であることが伺えます。

そんな倭姫命をお祀りしたお社なので、真摯にお祈りをすれば、倭姫命の強いパワーを授かることができるかもしれません。

伊勢神宮・内宮(別宮)「倭姫宮(やまとひめのみや)」へのアクセス・行き方

五十鈴川駅から倭姫宮までのアクセス・行き方

近鉄五十鈴川駅より北へ徒歩で約20分

五十鈴川駅から倭姫宮までのアクセス・行き方

三重交通バスで倭姫宮までのアクセス・行き方

  • JR伊勢市駅(近鉄伊勢市駅)
  • 近鉄宇治山田駅
  • 近鉄五十鈴川駅

より、51系統・外宮内宮行きへ乗車(外宮内宮循環バス)「神宮徴古館バス停」下車すぐ。

倭姫宮の駐車場あり
  • 駐車収容台数:43台
  • 障害者専用駐車場:1台分あり
  • 駐車場料金:無料
伊勢神宮・倭姫宮へのおすすめの参拝ルート

三重交通バスの51系統を乗り継いで、以下↓のルートを参拝します。

  • 外宮⇒月夜見宮⇒倭姫宮(徴古館)⇒月読宮⇒内宮へ

終わりに・・

現在、倭姫命は、「宇治山田陵墓(参考地)」にて、永眠されています。

「参考地」の意味とは、皇族を祀った古墳のことであり、倭姫命の古墳とは断定できないのが、参考地とされている所以だと思われます。

倭姫宮から宇治山田陵墓(参考地)までアクセス・行き方「徒歩」

  • 距離:約900m
  • 所要時間:約10分

倭姫宮から宇治山田陵墓(参考地)までアクセス・行き方「徒歩」宇治山田陵墓(参考地)は、倭姫宮の付近にありますので、ぜひ、立ち寄ってみてください。

W参拝してWの倭姫命のパワーをいただきましょう。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ