伊勢神宮(-JINGU-)◆ 清盛楠(KIYOMORI-KUSU)

スポンサードリンク

伊勢神宮(-JINGU-)◆ 清盛楠(KIYOMORI-KUSU)

伊勢神宮(-JINGU-)◆ 清盛楠(KIYOMORI-KUSU)

樹齢

  • 推定1000年以上
楠の高さ

  • 10m
幹の周囲の長さ

  • 9m

清盛楠の歴史・由来

外宮の表参道の入口から入り、「火除橋(ひよけばし)」を渡ると「手水舎(てみずしゃ)」があり、その向かい側に「清盛楠(きよもりくす)」があります。

平清盛(たいらのきよもり)は、およそ800年前(平安時代の末期)の武将です。

平清盛は、貿易によって財政基盤をしっかりさせ、通貨を流通させるなどして日本で初めて武家政権を誕生させた人です。

平清盛は、過去に天皇のお使いとして国家平安の祈願のため、伊勢神宮に3回お参りに来たことがあります。

その時、この楠木(くすのき)の枝に「清盛の冠(かんむり)」が触れてしまい、冠が地面に落ちたそうです。

これに激怒した清盛は、即座にこの楠の枝を切らせたそうです。

このことが伝承され、「清盛楠」と呼ばれるようになりました。

以前は、太くて風格のある古木でしたが、昭和34年(1959年)の伊勢湾台風の時に割れてしまい、現在は、2本の木にも見えます。

そのため当時の面影はありませんが、今も立派に立っています。

清盛楠にまつわる面白い話

楠を切ったのは全くの別人だった説

古代からの正史では、清盛が命を下して楠を切ったとされていますが、実は、息子の平重盛が「無礼な楠め!」などと、真っ先に腹を立て、清盛の代わりに、命を下して切らせたとも云われています。

清盛楠が伊勢湾台風で割れたのはウソ??

この清盛楠は、伊勢市を襲った「伊勢湾台風」の際に、まっ二つに割れたと伝承が残っているようですが、実はもともと2つに割れていたという説があります。

清盛楠が伊勢湾台風で割れたのはウソ

この楠は、台風が吹き荒れたとされる、その当時から、すでに大きく育っていたと云われています。

そして、楠の性質として、軟質でシナリがあり、頑丈であるという性質もあります。

つまり、このこのように大きく地中深くに根を下ろした楠が、強風でこのような形で2つに割れるのは、どうも妙な話だということです。

この楠の根は太く、深く地中に根を下ろしていることから、現在も成長を続けており、割れた痕跡を残す決定的な証拠がないといったことになるようです。

ちなみに、この説に関しては宇治山田市に伝わる「宇治山田市史」に記載が記されているようです。

意外な事実!清盛と深い縁があった三重県の地

2012年1月8日より、放送されてNHK史上、最低視聴率を更新したことで話題となった「NHK大河ドラマ・平清盛」。

ドラマでも紹介され放送されましたが、三重県の津市は「伊勢平氏の生誕の地」としても知られており、この「津」から「中央(京都)」へと勢力を拡大していくことになります。

そして、伊勢平氏の代表格として有名な武将がこの「平清盛(たいらのきよもり)」です。

意外な事実!清盛と深い縁があった三重県の地引用先:https://ja.wikipedia.org/

港町・津市で生まれた清盛は、平治の乱の鎮圧などで武功を立てるとともに、貴族に巧みに取り入り、背中に強力な後ろ盾を得ます。

これらの後ろ盾をうまく利用して、中央進出を期に、津や熊野を根城としていた海賊集団を組織して、瀬戸内海へも進出します。

その後、瞬く間に瀬戸内の制海権を掌握した清盛は、瀬戸内海に関所を設け、関所を通る船から、海での交通の安全を保証する代わりに、莫大な金銭を得ました。

後に、世にも稀な出世を果たし、瀬戸内海における、すべての政治的権限を掌握し、中国の宋との独占交易を行うに至ります。

この後、さらに莫大な財産を築いていくのは、いうまでもありません。

これら財源が基盤となり、清盛と平家を飛躍的に急成長させていくこととなります。

伊勢神宮(外宮)清盛楠の場所

表参道・火除橋を渡って右脇。斎館の左脇。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ