伊勢神宮(-JINGU-)◆ 御酒殿(MIKASADONO)

スポンサードリンク

伊勢神宮(-JINGU-)◆ 御酒殿(MIKASADONO)

伊勢神宮(-JINGU-)◆ 御酒殿(MIKASADONO)

創建年

  • 不明
大きさ(内宮)

  • 横幅:約12m
  • 奥行き:約5.1m
  • 高さ:約2.4m
大きさ(外宮)

  • 横幅:約7.5m
  • 奥行き:約4.8m
  • 高さ:約2.4m
建築様式(造り)

  • 切妻造
  • 平入
屋根造り

  • 二重板葺
材質

  • ヒノキ
御祭神

  • 御酒殿神
社格

  • 伊勢神宮・内宮(皇大神宮)「所管社」
  • 伊勢神宮・外宮(豊受大神宮)「所管社」
主な祭事など

  • 酒殿祭(年3回)

御酒殿の読み方

伊勢神宮の境内には、いくつか読みにくい名前の社殿などがあります。

そして、ここ「御酒殿」の読み方は、「みかさどの」と読みます。

伊勢神宮・御酒殿の役割

御酒殿は、伊勢神宮の内宮・外宮の敷地内にそれぞれあり、両宮の所管社です。

御酒殿の御祭神は、お酒の神様の「御酒殿神(みさかどののかみ)」です。

昔は、ここで神様に供える神酒を醸造していました。

これは、蒸したお米と麹(こうじ)を放置して発酵(はっこう)させたお酒(ドブロク)です。

現在では、神様の台所と言われる忌火屋殿(いんびやでん)で作られた、白酒(しろき)、黒酒(くろき)、醴酒(れいしゅ)と、酒造業者に依頼した清酒の4種の神酒を三節祭(さんせつさい)で、神様に最も尊い食べ物をお供えします。

そして、お供えする時、「由貴の大御饌(おおみけ)」にお供えするために、御酒殿祭(みさかどのさい)で御酒殿神にお供えします。

三節祭は、6月と10月の月次祭(つきなみのまつり)と12月の神嘗祭(かんなめさい)ですので、御酒殿祭は6月1日、10月1日、12月1日に行われ、神酒がおいしく醸造されるようにお祈りすることと、酒造業者の繁栄を祈念します。

そのため、酒造組合の代表も参列して行われます。

御酒殿・「御酒殿祭(みさかどのさい)」

御酒殿祭は、御酒殿で執り行われる祭事としては、1番規模の大きいお祭りとなります。

年3回(6月、10月、12月)催されます。

このお祭りの目的は、伊勢市内だけではなく、大御神のお膝元、神宮の趣旨に因み「日本全国の酒造業」全体の繁栄を祈願するお祭りとなります。

毎年、主に三重県内の酒造会社がお酒を奉納します。

尚、御酒殿祭は、一般の参拝者の拝観はできませんが、御酒殿の前で行われるため、参道からは垣間見ることはできます。

但し神事の妨げになりますので立ち止まって観るようなことは避けてください。

また、外宮の境内の御酒殿は、一般の方が立ち入りできない場所にあるため、残念ながら見学はできません。

伊勢神宮・内宮「御酒殿」の場所

内宮の「御酒殿(みさかどの)」は、神楽殿の東側、五丈殿(ごじょうでん)の後ろにあります。

伊勢神宮・外宮「御酒殿」の場所

外宮の「御酒殿(みさかどの)」は少し分かりにくいのですが、御正殿の裏側、「北御門参道」の右手「忌火屋殿」の少し奥に位置します。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ