伊勢神宮(-JINGU-)◆ 御贄調舎(MINIE-CHOSHA)

スポンサードリンク

伊勢神宮(-JINGU-)◆ 御贄調舎(MINIE-CHOSHA)

伊勢神宮(-JINGU-)◆ 御贄調舎(MINIE-CHOSHA)

創建年

  • 不明
建築様式(造り)

  • 切妻造
  • 平入
屋根の造り

  • 二重板葺

 御贄調舎の読み方

神宮には少し読み方が分かりにくい社殿などがあります。

そのうちの1つがこの「御贄調舎」です。

御贄調舎の読み方は「みにえちょうしゃ」といいます。

「御贄調舎」の役割と由来・歴史

内宮の正宮にむかう石段の下に、「衝立(ついたて)」があります。

衝立とは、日常の生活を営む上で、あまり聞きなれない言葉とはなりますが、「壁(柵)」のことです。

御贄調舎(みにえちょうしゃ)」は、その衝立の後ろ側にある「板葺(いたぶき)」の建物です。

この建物の南には神様がお宿りになっておられるという神聖な石積みの「神座(しんざ)」があります。

神聖な石積みの「神座(しんざ)」 (2)

内宮の祭典の前には、ここで神様に供える食べ物「御贄(みにえ)」の代表として、アワビを調理する儀式があります。

神様の食事は、朝と夕方の2食とされています。

外宮では、毎日、「日別朝夕御饌祭(ひごとあさゆうおおみけさい)」という、祭事を執り行い、神様へ食事をお捧げしています。

本来は「生モノ(その日に獲れた物)」や、生モノに火(忌火)を入れたものがお供えされます。

古来の人間の1日の生活のリズムは、朝と夕方の2食が基本でした。

つまり、神様の食事も人間の生活のリズムと合わせて、朝と夕方の2食であったとされています。

これらは、人が生活を営む上で、食事の際に神様に感謝の意を込めて、お供えしていた行いが、そのまま儀式として伝承され、幾世代も語り継がれ、現在に至っているものと考えられます。

日別朝夕御饌祭にて「神様へ神饌を捧げる方法」


スポンサードリンク -Sponsored Link-






内宮の祭典の前には、神座に「豊受大御神(とようけのおおかみ)」を招いて、その前で神職の課長相当にあたる「権禰宜(ごんねぎ)」が、神聖で清浄な「箸(はし)」と「刀」で、刻みを入れ、塩を加えて天照大御神にお供えします。

豊受大御神は外宮の御祭神ですが、天照大御神のお食事を司る神様のため、この儀式に招かれます。

その昔は、五十鈴川に砂などが堆積(たいせき)してできた「島(中州/なかす)」があって、そこに木の皮のついたままの黒木の橋を架けて、アワビを調理する儀式を行っていました。

そのころは、「檜(ひのき)」で編んだ「籠(かご)」に入れたアワビを、川の水で洗い清めたそうです。

その後、川の流れが変わって、中州もなくなり、また、明治維新以後は川の水でアワビをすすぐことも改め直されました。

【補足】神様のお供物「神饌」について

神様へのお供え物として、「神饌(しんせん)」という言葉が良く出来てきます。

神饌とは神様へのお供え物のことを意味します。

あなたが、神様へのお供え物として、真っ先、頭によぎるイメージって何でしょう?

恐らく、饅頭(まんじゅう)だとか、お米、お水、お酒、榊(さかき/木)、などといった物ではないでしょうか?

一般的にあまり知られていませんが、実は「神饌」というのは、本来は「生モノ」や、当日、獲れた物を捧げて、1日の無事の感謝と、明日の家族と我が身の守護をお願いものであったと云われております。

あなたにもし、神棚がある場合、たまには生モノ(魚介類)や、火で炙った物を捧げてみても良いかもしれませんね。

尚、お供えしたものは、そのままにしておいては腐ってしまいますので、就寝前や翌朝のお供えの時に引き上げて、冷蔵庫などへ保管し、翌日の一家団欒の席でありがたく頂戴してください。

※気温が高い夏場などは、必ず火を通します。

お供えした物は、神様の御神徳がお宿りしていますので、粗末に扱わずに、ありがたく家族でいただくようにします。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ