伊勢神宮(-JINGU-)◆ 度会国御神社(WATARAI-KUNIMI-JINJA)

スポンサードリンク

伊勢神宮(-JINGU-)◆ 度会国御神社(WATARAI-KUNIMI-JINJA)

伊勢神宮(-JINGU-)◆ 度会国御神社(WATARAI-KUNIMI-JINJA)

創建年

  • 推定約478年(雄略天皇22年)以前
建築様式(造り)

  • 切妻造
  • 平入

※神明造り

屋根の造り

  • 板葺き
大きさ(正殿)

  • 棟持柱の高さ(地面から棟まで):不明
  • 梁間:不明
  • 桁行:不明
鳥居の形式(境内)

  • 神明鳥居(伊勢鳥居)
御祭神

  • 彦國見賀岐建與束命
社格

  • 伊勢神宮・外宮(豊受大神宮)「摂社」
別名

  • 度会国都御神の社

度会国御神社の読み方

伊勢神宮の境内には、いくつか、読みにく名前のお社が存在しております。
そして、ここ「度会国御神社」の読み方は「わたらいくにみじんじゃ」と読みます。

伊勢神宮においての摂社・末社の定義

よく神社の紹介で「摂社」という言葉を耳にすることがあります。

摂社(せっしゃ)」とは、御正宮の御正殿でお祀りされている神様と関連のある神様をお祀りしています。

一方、摂社とよく並んで出てくる「末社」に関してですが、伊勢神宮の「末社」の定義は、他のお社の末社と定義とは少し異なっています。

と、言いますのも、平安時代に伊勢神宮が直に編集した『延暦儀式帳(えんりゃくぎしきちょう) 』に記載された神社名をもとにして社格が定められております。

そして、神宮の「末社」とは、つまりは、神宮125社の1柱を意味していることになります。

なお、現在では、すでに廃止に至っておりますが、明治初頭に発布(公布)された「(旧)官国幣社(かんこくへいしゃ)制度」では以下↓のように表記されております。

  • 別宮>摂社>末社>所管社

度会国御神社の別名について

度会国御神社が、草創された当初のお社の名前は「度会国都御神の社(わたらいのくにつみかみのやしろ)」と呼んだそうです。

名前が現在の度会国御神社へと変わった理由とは、延暦儀式帳に記載されていた名前に則って、「度会国都御神の社」から、現在の「度会国御神社」へと、お社の名前があらため直されたと云われております。

度会国御神社の御祭神「彦國見賀岐建與束命」について

度会国御神社の御祭神・「彦國見賀岐建與束命(ひこくにみがきたけよつかのみこと)」は、「伊勢国造家の伊勢中臣氏」ならびに「外宮の神主である度会一族」の祖先神とされております。

「彦國見賀岐建與束命」は、「天日別命(あめのひわけのみこと)」と「弥豆佐々良比売命(みずささらひめのみこと)」の子供とされております。

「天日別命」は、朝廷の臣下・中臣氏の祖先であり、時の天皇である「神武天皇」の東征によって、伊勢国を平定へと導きます。

そして、平定した伊勢国に住んでいたとされる「弥豆佐々良比売命」との間に、男女の縁が結ばれて、「彦國見賀岐建與束命」を生んだとされています。

つまり、縁結びにも、少しはご利益のある神様であると言うことが伺えます。

度会国御神社の歴史・由来

度会国御神社は、外宮の「摂社」の位置づけとなっており、外宮の摂社として社格の順位は3位となっております。

「彦國見賀岐建與束命」が、当初お祀りされていた場所は、外宮の周辺に、かつて存在した「山田門前町・山田前田村/現在の伊勢市駅・宇治山田駅の周辺」と呼称される場所であったとされております。

その後、御神体がお遷しされて、「伊勢市八日市場町(ようかいちばちょう/現在の山田工作場の辺り)」 にお祀りされたそうです。

この当時には、「度会国御神社」に「遥拝所(ようはいじょ)」が存在しており、この遥拝所の場所というのが、現在の外宮の宮域であったとされております。

つまり、その後、現在の場所へ遷されてきたことになります。

現在見ることのできる「度会国御神社」のお社の姿は、1956年(昭和31年)に再建されたものであり、そのほとんどの面影は、1980年(昭和55年)に施工された修繕工事後の姿だと云われております。

伊勢国造家・伊勢中臣氏と外宮の度会一族(神主)の起こり

伊勢国造」の読み方は(いせこくぞう/いせのくにのみやつこ)と読みます。

伊勢国造は、伊勢市をはじめとして、現在の三重県 名賀郡(古来は伊賀郡)から、伊勢志摩まで統治した氏族でした。

古来は、朝廷の臣下として、朝廷の「神事・祭祀」の一切を取り仕切っていたとされています。

なお、伊勢国造の祖先に存在した、有名な人物として「中臣鎌足(なかとみの かまたり)」が列挙されます。

後に、中臣氏は、藤原姓を名乗り、中臣姓は断絶したかのように見えますが、その姓は伊勢国造家の伊勢中臣氏として継承されていくことになります。

さらにその後、「大中臣氏(おお なかとみうじ)」や「度会氏」、「藤波氏」へと名前が推移していくこととなります。

度会氏と「伊勢神道」

度会一族は、数々の古文書でも「伊勢国造家」と記述されており、主に外宮(豊受大御神)の「祭祀(さいし)」「祭礼(さいれい)」の、一切を取り仕切る「伊勢祭主(神主)の一族」とされてきました。

しかし、もとの起こりは京都・丹波に、かつて存在した「丹波国造家(たんばのくにのみやつこけ)」が正しいとされております。

以上のことから、度会氏が、「外宮の豊受大御神」と「月夜見尊」を丹波の地から、外宮へ遷して来たと云われております。

度会氏は、後に外宮の豊受大御神を天照大御神よりも、上の神様であるいった説を唱え始め、「伊勢神道(いせしんとう)」と言われる、独自の神道を生み出し、伊勢神宮・内宮と争ったと記されております。

現在、神宮で執り行われる外宮の祭事や祭神も、未だに、古来の中臣氏の信仰が大きく関与しているとも云われております。

度会国御神社の場所

度会国御神社は、外宮の御正宮を参拝後に北御門鳥居を少し進んだ後に、左脇で出てくる「御厩(みうまや)」の影から、左へ伸びる参道へ入るとスグに見えてきます。

その奥には大津神社がありますので、ぜひ、大津神社へも立ち寄ってみてください。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ