伊勢神宮(-JINGU-)◆ 川原祓所(KAWARA-NO-HARISHO)

スポンサードリンク

伊勢神宮(-JINGU-)◆ 川原祓所(KAWARA-NO-HARISHO)

外宮の川原祓所は、現在ではパワースポットして知られており、別名「三ツ石」といいます。↑伊勢神宮・外宮「川原祓所(三ツ石)」

川原祓所の読み方

伊勢神宮には、少しややこしい名前の社殿などが存在し、読みにくい名前となります。

ちなみに、ここ川原祓所の読み方は、「かわらのはらいしょ」と読みます。

川原祓所の別名「三ツ石」??

川原祓所は、内宮と外宮の境内にそれぞれ1つずつ存在します。

内宮の「川原祓所」は、御手洗場(みたらしば)の先にある滝祭神の南側にあります。

ここは、「河合淵端(かわいぶちはた)」と呼ばれる川原です。

外宮の川原祓所は、「多賀宮の遙拝所」と「別宮の土宮」の間に位置しています。

外宮の川原祓所は、現在ではパワースポットして知られており、別名「三ツ石」とも呼ばれています。

近年では通り名の「三ツ石」の方が有名です。

注意点としては、この三ツ石で右手をかざすと、強力なパワーがいただけるとして有名です。

しかし、この三ツ石の周りには「しめ縄」が張られており、これは神域と現世とを隔てる結界のようなものであります。

すなわち、しめ縄を跨いで右手をかざしても、本当にパワーが得られるのかは、気になるところです。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






伊勢神宮・川原祓所の役割と「式年遷宮の川原大祓」

「川原祓所」では、「式年遷宮(しきねんせんぐう)」の前日の夕方近くに執り行われる「川原大祓(かわらおおはらい)」という儀式があります。

式年遷宮とは、20年に1度執り行われる祭典で、第1回目は天武天皇の発願により、皇后の持統天皇が行ったとされています。

以後、戦国期の数百年間、執り行えない期間が存在しましたが、数千年の歴史を持つ、神宮を代表する伝統的な行事です。

この儀式では、御神体を旧正宮から新正宮の御正殿に移すための「遷御(せんぎょ)の儀」に使われる「祭器具」や「ご装束(しょうぞく)」と「ご神宝」、そして、祭主(神宮の神職の長)以下の神職全員が、祓い清められます。

式年遷宮の遷御の前日には、これ以外に2つの祭儀が行われます。

後鎮祭

後鎮祭(ごちんさい)」とは、伊勢神宮の土地の平安を祈る儀式のことです。

新調された「御装束神宝(おんしょうぞくしんぽう)」の数々を天照大御神にお納めします。

御装束神宝読合

御装束神宝読合(とくごう)」とは、後鎮祭の時に、大御神へお捧げする品々に抜けがないのかを、チェックするための儀式です。

この儀式では、新正宮の四丈殿(よじょうでん)で詠み合わせて照合し、抜けがないかを確認します。

その際、「川原祓所」には、御神体をお納めする「仮御樋代(かりみひしろ)」と「仮御船代(かりみふなしろ)」、および「遷御(せんぎょ)」に使う用具や、神様の衣装や調度品の「御装束神宝」が納められた木製の箱がずらりと並べられます。

伊勢神宮・川原祓所の役割と「式年遷宮の川原大祓」これらの調度品の後方や脇には、遷御に仕える祭主以下の神職全員が、式年遷宮、当日の正装を身につけて立ち並び、お祓いの儀式が催されます。

※遷御=遷宮の1つ儀式。御神体を新しい神殿へ遷す儀式です。

その後、遷御の儀で用いられるものは、旧正宮へ、その他の物は新正宮へ運ばれます。

伊勢神宮・内宮の「川原祓所」の場所

内宮の「川原祓所(かわらのはらいしょ)」は、御手洗場(みたらしば)の先にある「滝祭神」の南側にあります。

伊勢神宮・外宮の「川原祓所」の場所

外宮の川原祓所は、多賀宮遙拝所と土宮の間に位置しています。
また、付近にもう1つの有名なパワースポットである「亀石」があります。

外宮のオススメ参拝ルート

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ