伊勢神宮(-JINGU-)◆ 土宮(TSUCHI-NO-MIYA)

スポンサードリンク

伊勢神宮(-JINGU-)◆土宮(TSUCHI-NO-MIYA)

伊勢神宮 外宮・「土宮(つちのみや)」

創建年

  • 推定約997年(長徳3年)以前
建築様式(造り)

  • 切妻造り
  • 平入
  • 掘立柱

※神明造り

屋根の造り

  • 茅葺き(萱葺)
鰹木の数

  • 5本
千木の形

  • 鋭鋒型(外削ぎ)
素材

  • 檜(ヒノキ)
大きさ(正殿)

  • 棟持柱の高さ(地面から棟まで):不明
  • 梁間:不明
  • 桁行:不明
鳥居の形式(境内)

  • 神明鳥居(伊勢鳥居)
御祭神

  • 大土乃御祖神
社格

  • 伊勢神宮・外宮(豊受大神宮)「別宮」

「土宮」の読み方

土宮は「つちみや」とも読めますが、正式には「つちのみや」と読みます。

なお、土宮は、外宮の4別宮の中の第3位の位置づけとなっております。

なお、「土宮」社殿の前の広場は、式年遷宮の時には「御船代祭(みふなしろさい)」の祭場となります。

 土宮の御祭神「大土乃御祖神」

上述のとおり、「土宮(つちのみや)」は、伊勢神宮・外宮の「別宮」に属するお宮となります。

御祭神は「大土乃御祖神(おおつちのみおやのかみ)」をお祀りしています。

この大土乃御祖神は、古より、この地を守護してきた土地神様であり、土の神様となります。

古来から、この伊勢の地は田んぼが多く、農耕が盛んな地域でした。

その頃から、この神様は「土地の守り神」として、現在の土宮の地で「土御祖社」というお社でお祀りされていたといいます。

伊勢神宮 外宮・「土宮(つちのみや)」の由来「宮川と土の神様」


スポンサードリンク -Sponsored Link-






この伊勢の地に住む住民にとっては、宮川から受ける恩恵は多大なものであり、地域住民にとってなくてはならないものでした。

治水技術が発達していなかった当時は、氾濫による被害が多く、宮川の川の流れの状態は大変な関心事でした。

この氾濫は、神宮をも脅かす驚異であり、古来から伝統とされる、神宮での祭事の斎行が、中断されると言ったことが懸念(けねん)されたからです。

これらのことから、土は全ての土台であり、氾濫からも守ってくれると考えられていたため「土の神」は大切に扱われたそうです。

しかし、平安時代末期に差し掛かると、宮川で大きな氾濫が起こり、これを鎮めるために、より多くの御神徳を賜る必要が出てきました。

そこで、社格の昇格を詮議(せんぎ)し、宮川の氾濫の最中の、1128年に「末社(まっしゃ)」から「別宮」への昇格が朝廷に認められ、晴れて神宮の別宮として社格をもって、今日に至っております。

そして、技術革新が成された現代においても、土宮と大土乃御祖神は、宮川堤防の主鎮守として手厚く信仰され続けています。

土宮と「下御井神社の井戸水」

土の宮の奥には、水の神様の「下御井神社(しものみいのじんじゃ)」があります。

実は、下御井神社には、井戸が掘られており、現在もこの井戸の底からは、伊勢の山嶺から脈々と流れ出る、清水が涌き出ています。

この井戸は、「御饌(みけ)」の御料水が枯れた場合に備えて作られましたが、1000年以上の歴史の中で、井戸が枯れることは一度もなかったそうです。

つまり水は豊富にありますが、逆に水害になりやすい地域なのです。

伊勢神宮・外宮「土宮」の社殿の向きの謎

実は、他の伊勢神宮の別宮は、真南の方角を向いていますが、この「土宮」は、何故か東向きになっています。

つまり、新しい社殿を建てるために用意される「古殿地(こでんち)」の向きも、通例の東西の方向とは異なり、現在の社殿の向きと合わせるために、南北の方角を向いていることになっています。

これらの理由は判らないため、古来の形式を尊重して、そのままの向きを維持しています。

「三ツ石」にとんでもないパワーが?!!伊勢神宮・外宮「土宮」の「噂のパワースポット」

別宮(多賀宮、土宮、風宮)付近の道の脇に「しめ縄に」囲まれた「川原大祓(かわらはらいしょ)」があります。

ここは、式年遷宮の時には祭主や奉仕員を祓い清める場所になります。

そして、ここがパワースポットとして有名な「三ツ石」と呼ばれている場所です。

伊勢神宮パワースポット「三ツ石」

なんでも、この石に右手をかざすとパワーが得られると云われているそうです。

外宮の

※注釈※
伊勢神宮に正しい参拝のコースは。外宮⇒内宮が基本で、他には特に無いとされていますが、外宮の境内においては、『「多賀宮」→「土宮」→「風宮」』と、いう参拝順序が基本とされているようです。

おわりに・・

昔は、この土宮の付近・周辺には「宮川の支流」が流れていて、1498年9月の大地震の時に地形が変わったそうです。

この自信の折には、広範囲の地域が津波に飲まれており、数万人の犠牲者が出たと言われています。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ