伊勢神宮(-JINGU-)◆ 上御井神社(KAMINOMI-NO-JINJA)

スポンサードリンク

伊勢神宮(-JINGU-)◆ 上御井神社(KAMINOMI-NO-JINJA)

伊勢神宮(-JINGU-)◆ 上御井神社(KAMINOMI-JINJA)

創建年

  • 不明
建築造り(井戸上「覆堂」)

  • 切妻造
  • 平入

※神明造り

屋根造り

  • 二重板葺き
主祭神

  • 上御井鎮守神
社格

  • 伊勢神宮・外宮(豊受神宮)「末社」

上御井神社の読み方

伊勢神宮の境内には、読みにくい名前のお社などがありますが、ここ上御井神社の読み方は、「かみのみいのじんじゃ」と言います。

また、上御井神社には別名があり、地元では古来から「忍穂井(おしほい)」とも呼称されてきたようです。

上御井神社の御祭神「上御井鎮守神」

上御井鎮守神は、上御井神社の御水を守護する神様です。

したがって、井戸のお水にお宿りされています。

上御井神社と似たような名前や社殿の形状まで似た神社に「下御井神社(しものみいじんじゃ)」があります。

この2つのお社見た感じは、まったく区別が付かないほどにソックリだと言われています。

上御井神社と下御井神社の違い

  • 御祭神が違う
  • お賽銭箱が上御井神社はなく下御井神社はある
  • 場所は近いが少し離れた場所に造営されている
  • 上御井神社は一般の方が参拝できない
  • 垣根の数が上御井神社は2重。下御井神社は1重。
  • 祭事などでは先に上御井神社の御水が使用される。

などが相違点となります。

下御井神社にも井戸があって、同様にその井戸に神様がご鎮座されており、その神様の名前を「下御井鎮守神」といいます。

この神様も上御井鎮守神と同じく井戸の御水にお宿りしている神様です。

この2つの神社、実は距離も「目と鼻の先ほどの距離」に位置しているのですが、上御井神社の方だけは、一般の参拝客が立ち入ることができない場所にあります。

上御井神社へ通じる参道は鉄柵で遮られており、それ以上、通行ができません。

上御井神社へ通じる参道は鉄柵で遮られており、それ以上、通行ができません一方、下御井神社は一般に参拝客でも参拝できるように、開放されており、お賽銭箱が設けられています。

上御井神社の歴史・由来

上御井神社は「藤岡山の麓」にある神社です。

上御井神社の井戸の御水は、神宮の外宮での一大行事でもある「日別朝夕大御饌祭」での、「御饌(神様へささげる料理)」を調理する際に、必ず必要とされます。

他にも、神様に捧げるための「御料水」や「神酒」を醸造する際の御水としても使用されているようです。

上御井神社へは神職の方が、毎日、おおよそ桶1杯程度、御清水を汲みに訪れます。

これらのことから、上御井神社は外宮の行事には欠かすことのできない、非常に重要な神社となります。

したがって、所管社ながら扱いが異なり、厚遇されており、外宮の祭事の時には、この上御井神社へもご祈祷がされるようです。

ちなみに、この上御井神社の井戸ですが、立ち入り禁止されている理由の1つとして、天照大御神のあらせられる「高天原」につながっていると言う伝承もあるそうです。

一説によると天孫降臨(てんそんこうりん/神々が地上へ降ること)の時に、天照大御神が高天原に湧き出る「天忍穂井(あめのおしほい)」と呼ばれる井戸の水を「丹後の真名井」へと引き込んで、その後にこの井戸へ移したとも云われております。

上御井神社の井戸で水を汲み上げる際の重いシキタリ

これは他の神社でもそうですが、神道全般において、井戸の御水に自らの顔を映すのは凶兆を呼ぶ兆しとされており、したがって、神宮の神職の方も、長い手杓を井戸の底へ下ろして御水を汲みあげているようです。

上御井神社の水源

伊勢神宮の外宮の真後ろには、標高120mほどの小高い「高倉山(たかくらやま)」という山があります。

上御井神社の井戸の水源は、この「高倉山」の頂の近辺であるとされています。

他にも、宮川の地下を流れる地下脈水が、この井戸の底から湧き出ているとも云われております。

実は、過去に一度、上御井神社の井戸の御水が、枯渇したことがあると、古文書に記載がされているようですが、これは定かではありません。

伊勢市は古来より、水が豊富な地域であり、水の氾濫が起こるほど水に恵まれた地域でした。

ただ、万が一、上御井神社の御水が枯渇するようなことがあれば、これは日本の国全体に悪いことが起こる凶兆の兆しとされているようです。

古来では、万が一、上御井神社の御水が枯れた場合、昼夜関係なく、真っ先に朝廷へ使者を送ることが義務付けられていたようです。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ