伊勢神宮(-JINGU-)◆ せんぐう館(SENGUKAN)

スポンサードリンク

伊勢神宮(-JINGU-)◆ せんぐう館(SENGUKAN)

伊勢神宮(-JINGU-)◆ せんぐう館(SENGUKAN)

竣工日(創建年)

  • 2011年12月20日
設計者

  • 株式会社 栗生総合計画事務所(栗生明氏)
施工者

  • 大成建設
大きさ

  • 横幅:約12m
建築様式(造り)

  • 切妻造り
  • 妻入り
  • 地上1階・地下1階建て
  • 1階部:鉄骨造
  • 地下部:鉄筋コンクリート造り
屋根の造り

  • 鋳鉄(ちゅうてつ)葺き
発願者

  • 神宮式年造営庁

伊勢神宮・せんぐう館の役割

伊勢神宮の「せんぐう館」は、外宮の表参道を入り、「火除橋(ひよけばし)」を渡って、左側の勾玉池(まがたまいけ)に沿って造営されています。

2013年の第62回 式年遷宮を祈念して、社殿の造営技術や遷宮のたびに新調される「御装束神宝(ごしょうぞくしんぽう)」の技術を展示する「博物館(資料館)」として造られました。

建物内部には、博物館と長椅子が、沢山並べられた無料の休憩所があります。

博物館では、パネルや模型を使っての説明や、講座や体験学習などがあって、神宮の式年遷宮全般について理解しやすくしています。

せんぐう館の「見どころ(展示品など)」

せんぐう館は展示室が8つあります。

それぞれの展示室には、神職さんの使用する道具や、お祭りの様子を表現したジオラマが展示されており、テーマごとに分けて部屋分けがされています。

入口の正面のエントランス

入口の正面には、樹齢400年のヒノキで造られた、過去の外宮の御正殿の扉が展示されています。

実物を近くで観ることができるため、細かい技を自分の目で確認できます。

せんぐう館・奉納舞台

せんぐう館・奉納舞台 (2)この舞台は、せんぐう館の大きな見どころの1つです。

勾玉池のほとりに造営された、広島県・宮島の厳島神社の舞台を彷彿させる、朱色の美しい舞台です。

世界各国の音楽アーティストを招聘してリサイタルを行ったり、日本の著名なミュージシャンなも、この舞台でコンサートを行っています。

毎年秋には、この舞台で「観月祭」が執り行われます。

第1展示室・「御装束神宝」

他にも、「御装束神宝(ごしょうぞく ごしんぽう)」も展示されています。

御装束は、社殿を飾り立てるもののことです。

神宝とは、宮殿内に置かれる「糸巻き」などの「紡績具(ぼうせきぐ)」、武具(太刀)や楽器などの調度品のことです。

これらは、全て伝承された技によって作られたものです。

そして、式年遷宮で用いられる、大工さんが使用する「木材」や「大工道具」も展示されています。

第2展示室・「倭姫命」の軌跡

第2展示室では、倭姫命が伊勢神宮までたどり着いた軌跡を辿ることができます。

他にも神宮のことについての根本的な部分の理解を深めることができます。

遷宮シアター

200インチもの大画面のハイビジョンで、普段はなかなか見る機会のない、伊勢神宮のお祭り(行事)の様子や神宮の日常の様子などを見ることができます。

第5展示室の「せんぐう館の職員の方によるガイド」

せんぐう館の第5展示室には、外宮の御正殿の原寸大の模型が展示されています。

くわしくは、外宮のご正殿の東側部を、実物と同じ大きさで作った模型が展示されています。

外宮のご正殿の東側部を、実物と同じ大きさで作った模型引用先:http://kuryu.com/

すでに、ご存知の方も多いと思われますが、伊勢神宮の御正殿は「唯一神明造(ゆいいつしんめいづくり)」という建築様式で造られています。

このような歴史的価値の高い、建築様式を目の前で観ることができるのも、ココ、「せんぐう館」の魅力の1つです

そして、この第5展示室こそが、せんぐう館の最大の見どころでもあります。

さらに驚くことに、なんと!この外宮の御正殿の前で「せんぐう館の職員さん」が伊勢神宮にまつわる様々なウンチク話を聞かせてくれるのです。

ただし、いつでもというワケではなく、時間が決められていますので、お話を聞きたい方は時間を狙って訪れる必要があります。

第5展示室・案内ガイドの注意点

  • 毎回必ず開催すると、断定ができないようです。
  • 混雑状況などにより開催を見送ったり、時間帯の変更があります。
  • ガイドの予約は行っていないので注意が必要です。
せんぐう館の職員さんのガイド時間

  • 第1回目:10時から開催
  • 第2回目:11時から開催
  • 第3回目:12時から開催
  • 第4回目:13時から開催
  • 第5回目:14時から開催
  • 第6回目:15時から開催

※ガイドの所要時間:約10分。

わずか数百円の入場料金を支払うだけで、このような歴史的価値のあるお話を聞かせていただけます。

せんぐう館に訪れる際は、ぜひ、上記の時間帯を狙ってみてください。

※お昼どきは比較的、混雑層が薄いようです。

せんぐう館の見学所要時間について

シアターなど見たり、ガイドを聞いたりするなど、じっくりと見学す場合は、1時間ほどの見学所要時間が必要になります。

ただし、定期的に開催される「講座(講義)」などを受講する場合は、30分ほど余分に時間がかかります。

伊勢神宮(外宮)せんぐう館のお問い合わせ先(住所・電話番号・入場料金など)

  • 住所:伊勢市豊川町前野126-1
  • 開館時間:9時から16時30分まで(入館は16時まで)
  • 休館日:第4火曜日(祝日の場合はその翌日)
  • 電話番号:0596-22-6263
  • FAX番号:0596-22-6264
  • URL: http://www.sengukan.jp/

※館内コインロッカーあり

伊勢神宮せんぐう館・入場料金(入館料)

  • 大人1名:300円
  • 小・中学生1名:100円
    ※障害者の方の割引きはありません。
せんぐう館の割引き料金について

せんぐう館は基本的に一般の割引きはありませんが、以下のような割引きがあります。

  • 小学生以下の子供:入場料金無料
    ※条件:保護者の同伴が必要。
  • 団体割引(20名以上):1名につき「100円割引き」
せんぐう館のペットの入場について

せんぐう館には基本的にペットの入場はできませんが、介助犬に関しては入場ができます。
ペットに関しての詳細はせんぐう館までお問い合わせしてください。

伊勢神宮(外宮)せんぐう館の場所

「外宮の表参道」から「火除橋(ひよけばし)」を渡って、左側の「勾玉池(まがたまいけ)」に面して造営されています。

伊勢神宮(外宮)せんぐう館へのアクセス・行き方

伊勢市駅(JR・近鉄)からせんぐう館への行き方

伊勢市駅の改札を出てバスターミナルを北方向へ(外宮の方向へ)徒歩で直進、約8分

  • 距離:650m

伊勢市駅(JR・近鉄)からせんぐう館への行き方

近鉄・宇治山田駅からせんぐう館への行き方

近鉄・宇治山田駅の改札を出てバスターミナルを北方向へ(外宮の方向へ)徒歩で直進、約12分

  • 距離:1km

近鉄・宇治山田駅からせんぐう館への行き方

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ