中国の気功師が関与した?!パワースポット!!三重県 伊勢神宮(内宮・別宮)「 瀧原宮(たきはらのみや)」の隠匿

スポンサードリンク

伊勢神宮・皇大神宮(内宮)別宮「瀧原宮(たきはらのみや)

中国の気功師が関与した?!パワースポット!!三重県 伊勢神宮(内宮・別宮)「 瀧原宮(たきはらのみや)」の隠匿 (2)

創建年

  • 不明(推定600年-700年代)
建築様式(造り)

  • 切妻造
  • 平入

※神明造り

屋根造り

  • 茅葺き(萱葺き)
主祭神

天照坐皇大御神御魂

社格

  • 伊勢神宮・内宮(皇大神宮)「別宮」
境内・「関係所管社」

  • 若宮神社
  • 川島神社
  • 長由介神社

国道42号線(熊野街道)を直進していると、やがて前方に大きな鳥居が見えてきます。

そう・・ここが伊勢神宮・皇大神宮(内宮)別宮の「瀧原宮(たきはらのみや)」です。

瀧原宮(たきはらのみや)」の読み方

伊勢神宮の境内には難しい表記で読みにくい名前の御祭神や殿舎が存在しますが、「瀧原宮」は「たきはらのみや」と呼称します。

「瀧原宮」の名前の由来

古来、この瀧原宮のあたりには、滝がたくさんあったそうです。
そんな由来から「滝原(瀧原)」というネーミングが付されたと伝えられております。

「瀧原宮」のその他の別名

他にも瀧原宮は、古来より地元では、以下のようにも呼ばれています。

  • 「大神の遥宮(おおかみのとおのみや)」
  • 「野後(のじり)さん」

親しまれている様子が伝わってきます。

また、神宮から遠く離れたお宮であることから、伊勢志摩市磯部の「伊雑宮(いざわのみや)」と併せて、古来より「遙宮(とおのみや)」とも呼ばれています。

瀧原宮でお祀りしている神様ってどんな神様?


スポンサードリンク -Sponsored Link-






瀧原宮(向かって右の殿舎)

主祭神:天照大御神の御魂「和魂(にぎみたま)」

瀧原宮・並宮(向かって左の殿舎)

主祭神:天照大御神の御魂「荒魂(あらみたま)」

瀧原宮の所管社の御祭神

若宮の神:(若宮神社)
長由介神:(長由介神社)
川島神:(川島神社)

瀧原宮が内宮の雛形だった??!その理由とは?

この瀧原宮は、伊勢神宮・内宮の別宮の中の「1つのお宮」と位置づけられています。

瀧原宮は、古来からの言い伝えでは、内宮の「雛形(ひながた)」であったとも云われています。

瀧原宮が伊勢神宮・内宮の雛形と呼ばれた理由

瀧原宮が内宮(皇大神宮)の雛形と位置づけられたのには、以下のような理由があると伝えられています。

  1. 瀧原宮の境内の広さは(宮域)は、おおよそ44ヘクタールあり広いので大御神をお祀りするには適している。(【東京ディズニーシーと比較】ディズニー・シー:約49ヘクタールと、ほぼ同じくらいの広さ)
  2. 現在の伊勢神宮・内宮(皇大神宮)と似たような山や川に囲まれた自然が満たされた環境がある。

などが理由となるようです。

そして、現在の内宮で祭祀されるようになった以前に祭祀されていた場所として、後世では「元・伊勢」と呼ばれています。

「元・伊勢」は他にもあるぅ??「元・伊勢の本当の意味」

「元・伊勢」の本当の意味合いとは、以前に少しでも鎮座されていた場所を指します。

つまり、本来であればその場所が神宮となった可能性もあるからです。

また元・伊勢とは天照大御神と豊受大御神の神が天から降(下)ってきた後に、現在の伊勢の地まで間に鎮座した場所を意味します。

この2柱の神様の鎮座された地は実は幾つか存在し、数にすると10箇所を超えます。

天照大御神は大和国の宮殿から伊勢まで。豊受大御神は丹波国から伊勢まで。

一説では、丹波の地で豊受大御神と同時に祀られた経緯があるとも云われております。

ちなみにこの瀧原宮は天照大御神が最後に祭祀されていた元・伊勢になります。

現在の瀧原宮で祭祀された後、大御神の御神意によって現在の伊勢の地へ遷されることになります。

瀧原宮境内にある「瀧原宮以外の4つの殿舎」

この瀧原宮の境内では、瀧原宮の他にも、以下のような4つの殿舎があります。

「瀧原並宮(たきはらならびのみや)」

瀧原宮の所管社

  • 若宮神社
  • 長由介神社
  • 川島神社

ちなみに「瀧原並宮」は、共に内宮の別宮として位置づけられており、瀧原宮と共に「大神の遥之宮(おおかみの とおのみや)」とも呼称されています。

瀧原宮の参拝順序(正式参拝の順番)

実はこの瀧原宮には、古来から伝承される「正式な参拝の方法」があります。

これは、瀧原宮の境内に入れば看板(案内板)があり、その案内板を見れば参拝の順番が書かれています。

瀧原宮の正式な順番は以下の通りです。

瀧原宮の参拝順序(正式参拝の順番) (2)

0(基本):「御手洗場」か、瀧原宮の境内に流れる「頓戸(とんど)川」で手(口)を清めます。(※近年では手水舎が設置されています。お好きな方法で。)
1:瀧原宮
2:瀧原並宮
3:若宮神社
4:長由介神社(川島神社)

※口を清める際は、飲まないように注意します。

瀧原宮の境内の杉の巨木群の歴史と由来

瀧原宮には、背丈が高いだけは物足りない、かなりの横幅がある巨木が生息しています。

この巨木、推定で600年から700年は経つそうです。

しかし、樹齢の長かった巨木の大半は、1945年(昭和20年)のアメリカ空軍B-29の空爆により、焼失してしまったそうです。

さらに、これに追い討ちをかけるかのように、1959年(昭和34年)には、「伊勢湾台風」で、伊勢山内の木々は吹き飛ばれてしまいます。

そして台風の影響で、伊勢神宮の内宮・外宮の杉の巨木も大半が吹き飛ばされたそうです。

瀧原宮の鳥居に注目!

瀧原宮には鳥居に名前があった!!瀧原宮に訪れると嫌でも鳥居が視界に入りますが、この鳥居も神宮の境内と同様の造りの鳥居になります。

そしてこの鳥居の名前を「伊勢型神明鳥居(伊勢神明鳥居)」と呼称されています。

伊勢神宮の創建時から伝えられている由緒ある鳥居になります。

伊勢神明鳥居の特徴

  • 一番上部の笠木の反りがない(キレイな水平型)
  • 一番上部の笠木の補助をする木(島木)がない
  • 上から2番目の「貫(ぬき)」が柱を貫いていない(内側に収まっています)
  • 素木造りである
  • 中央に扁額(へんがく/名札)が無い

社殿の造りも同じく、伊勢神宮と同じ「素木(しらき)」を基本とした造りで、これも神宮の他の社殿と同じです。

瀧原宮の境内にある関係社と所管社

滝原宮

瀧原宮の中心的な殿舎になります。

向かって右側の殿舎が瀧原宮になります。

祭神には天照大御神の御魂「和魂(にぎたま)」が祭祀されています。

殿舎の造りは神宮の内宮・外宮の境内の殿舎同様に神明造りの殿舎になります。

ただし、内宮・外宮御本殿は唯一神明造と呼称される殿舎の造りとなり、それとは若干、造りが異なります。

この社殿の造りは、もともとは、収穫した稲(米)を収めるための造りが由来しており、やがて、この造りが殿舎造営の原形となって行きます。

瀧原竝宮

「瀧原竝宮(たきはらならびのみや)」 (3)

創建年

不明
推定:804年から927年の間

建築様式(造り)

切妻造
平入
※神明造り

屋根の造り

茅葺き

御祭神

天照坐皇大御神御魂・荒魂(あらみたま)

社格

伊勢神宮・皇大神宮(内宮)「別宮」

瀧原竝宮の読み方

瀧原竝宮は「たきはらならびのみや」と読みます。

瀧原竝宮も瀧原宮と同じく皇大神宮の別宮になります。

祭神は天照大御神の御魂「荒魂(あらみたま)」になります。

したがって、「瀧原宮(和魂)」と「瀧原竝宮(荒魂)」2つの社で、「天照大御神の御魂」をお祀りしていることになります。

「和魂」とは、神様の慈悲の心、優しい心になります。

「荒魂」とは神様の荒々しい行動を表現した魂になります。時には天災を引き起こすほどの力を持っています。

瀧原宮では個人的な願い事をして良い??

気づきましたか?

伊勢神宮では「荒魂」をお祀りしているお宮の場合、個人的なお願いをしても良いということになっています。

しかし、瀧原宮は竝宮(2つで1つのお宮)であり、さらにましてや大御神の御魂が祭祀されていますので、ここでは個人的なお願いは控えておきます。

この瀧原竝宮は、参拝の順番では、瀧原宮の次に参拝する社です。

一般的には、瀧原宮の境内に位置することから、瀧原宮と同義で扱われている傾向がありますが、別の殿舎になります。

若宮神社

「若宮神社(わかみやじんじゃ)」

創建年

不明
推定:1228年(安貞2年)以前

建築様式(造り)

切妻造
平入
※神明造り

屋根の造り

板葺き

御祭神

若宮の神

社格

伊勢神宮・皇大神宮(内宮)別宮・瀧原宮「所管社」

若宮神社の読み方

若宮神社は「わかみやじんじゃ」と読みます。

また祭神の若宮の神はそのまま「わかみやのかみ」と読みます。

「若宮神社」の社格は、瀧原宮の「所管社」に位置づけられています。

神宮に伝わる古書物によれば、主祭神は「若宮の神」と位置づけられているようですが、実のところ不明だそうです。

ちなみに「若宮の神」は、「水にご利益ある神様」と云われており、一説では「水分神(みくまりのかみ)」とも云われています。

さらに別名があり、古来では「天若宮」とも呼ばれていたそうです。

尚、若宮と呼称される神社は、実は日本全国に幾つも存在し、通常は天皇の皇子や子孫をお祀りしている例が多く見受けられます。

以上のことからひょっとすると倭姫命が祭神である可能性もあるということです。

伊勢神宮・別宮では、たった1つだけしかない「貴重な”御船代”を祀る神社」

この若宮神社の社殿の左手には、少し背の低い建物を見ることができます。

この社殿の中には、「御船倉(みふなぐら)」という倉があり、その中に御神体を納める「御船代(みふなしろ)」が納めてあると云われています。

「御船倉(みふなぐら)」という倉があり、その中に御神体を納める「御船代(みふなしろ)」が納めてあると云われています。

            ↑御船代

この御船代は、伊勢神宮に関連した神社では、なぜかこの「若宮神社(瀧原宮)」のみにしか、存在しないそうです。

長由介神社

「長由介神社(ながゆけじんじゃ)」

創建年

不明

建築様式(造り)

切妻造
平入
※神明造り

屋根の造り

板葺き

御祭神

長由介神

社格

伊勢神宮・皇大神宮(内宮)別宮・瀧原宮「所管社」

長由介神社の読み方

長由介神社は「ながゆけじんじゃ」と読みます。

また祭神の長由介神は「ながゆけのかみ」と読みます。

この長由介神社は、瀧原宮所管社の3社の内、2番目に社格の高い社です。

長由介神社の「長由介」の名前の由来

長由介神社の「長由介(ながゆけ)」とは、「長生き」という意味合いがあるそうです。

現在では、その名残は感じられませんが、江戸時代には、伊勢神宮へのお伊勢参りの一環で、長寿を願う参拝客で、大変な賑わいをみせていたそうです。

御祭神「長由介神」の不思議なご利益!

祭神は「長由介神」とありますが、実際は伊勢神宮・外宮の主祭神である「豊受大神(とようけのおおかみ)」のことであると伝えられいます。

よって、長由介神の神は、瀧原宮に納める「穀物(御饌)を守護する神様」と云われています。

社殿は西向きに鎮座しています。

瀧原宮のパワースポット 一覧

瀧原宮のハート石

瀧原宮のハート石01 瀧原宮のハート石02

この瀧原宮には、人為的では作りようがないほどの綺麗で見事なハートの形をして石があるそうです。

しかし、このハート石、なんと!瀧原宮の境内に2つあるそうです。

そして、この石を偶然に2つとも見つけられた人は、近い将来、良い縁が到来すると云われているそうです。

ネットなどの口コミなどによると、この石を見た後に、実際に良いパートナー(結婚相手)に出会えた人が意外に多かったそうです。

それが理由かどうかは、分からないですが、このハート石が瀧原宮の縁結びパワースポットとしての噂になっています。

瀧原宮のハート石の場所

瀧原宮のハート石の場所は、人には教えてはいけないそうです。

自分で見つけることにご利益があるので、おおよその場所だけを聞いた方が良さそうですね。

ハート石の場所は、境内を流れる川の付近にあります。

あとは、あなた自身で探してみてくださいね。

瀧原宮が「ゼロ磁場」で、ケタ違いの波動を放っている??

近年テレビで放送された番組で、長野県伊那市にゼロ磁場と呼ばれる、世界中でも指折りの、とてつもないパワー(気)を放つパワースポットが見つかったそうです。

その場所を「分杭峠(ぶんぐいとうげ)」といい、南アルプスの標高1400メートルの地点にあるそうです。

これは中国の政府公認の気功術の達人を実際に日本へ招いて、その時の鑑定により、分杭峠が
とてつもないパワーを放っている事実が明らかにされています。

現在、この「分杭峠」は、大変、人気のパワースポットとして、休日には渋滞が発生することも珍しくないようです。

ゼロ磁場とは?

ある一定の強度の磁気を帯びた物体を、適正な距離に置いた場合、この2極の間には、不思議と磁場(磁力)がない場所ができるのです。

この磁場が無いゼロの地点を「ゼロ磁場地点」といいます。

しかし、ゼロといっても、実際には2極の磁力が、引き合っているために均衡が取れていてるだけであって、この磁場地点には両方の方向からの強力な磁力が加わっています。

近年に調査では、このゼロ磁場には、一種の「」が発生するそうです。

長野県伊那市「分杭峠」のゼロ磁場と瀧原宮の関係とは?

実は、この長野県伊那市の「分杭峠」のゼロ磁場からは、ケタ違いの、かなり強力な磁力が「気」となって、広範囲(日本大陸中)に放出されているそうなのです。

つまり、この「分杭峠」を「中央構造線」といわれる地脈を伝って、この奥伊勢の地・瀧原宮へも「分杭峠」のゼロ磁場の気が大量に流れてきていると云われています。

つまり、この瀧原宮に訪れるだけで、膨大なパワー(気)を、体内へ取り込むことができると云われています。

瀧原宮の摩訶不思議な「ねじれ杉」

瀧原宮の摩訶不思議な「ねじれ杉」瀧原宮には、木の樹皮が、完全にネジレあがっている杉の木があります。

おそらく、あなたの生涯の内でも、なかなか、お目にかけることはできないような、モノ凄いネジレ方をしている杉の木です。

上記でご紹介した通り、ゼロ磁場からの「気」の影響を受けているためとも云われています。

そっと木に触れることで体内にゼロ磁場からの地脈パワーを送り込むことができます。

瀧原宮の意外な御祭神??!

実は、この瀧原宮は「縁結びにご利益のあるパワースポット」だとも云われています。

その理由とは、天照大御神の両親と云われる「伊弉諾尊(いざなぎのみこと)」と「伊弉冉尊(いざなみのみこと)」が、実はこの瀧原宮でお祀りされているという言い伝えがあるからです。

したがって、この2柱の神様のご利益として、縁結びのご利益を授かることができると云われています。

瀧原宮の行事・イベント

  • 1月1日:歳旦祭
  • 1月3日:元始祭
  • 2月11日:建国記念祭
  • 2月20日:祈念祭
  • 5月14日:風日祈祭
  • 8月4日:風日祈祭
  • 10月22・23日:神嘗祭
  • 11月26日:新嘗祭

瀧原宮の1番大きい行事・イベント「瀧原宮秋季大祭」

瀧原宮の1番大きい行事・イベント「瀧原宮秋季大祭」瀧原宮では、10月20日前後の日曜日に、滝原宮の秋季大会が執り行われます。

開催場所

  • 皇大神宮(伊勢神宮・内宮)別宮・瀧原宮

以下のような内容のイベントです。

  • ステージでのイベント
  • 境内の遊びコーナー
  • 体験コーナー
  • 御輿
  • バザー(屋台・露店)出店

瀧原宮へ参拝される場合は、ぜひ、この10月20日前後を狙って訪れるよう計画を練ってください。

瀧原宮のご利益

瀧原宮は、天照大御神の分霊をお祀りしていますので、真摯にお祈りすることで神宮と同じくすべての願いが叶います。

ただし、個人的な願いは禁止されていますので、・・難しいところです。

瀧原宮の御朱印の種類・値段・場所

瀧原宮には御朱印があって、御朱印授与所(社務所・宿衛屋)があります。

この宿衛屋では御朱印をいただくことができます。瀧原宮の御朱印の種類・値段・場所

瀧原の御朱印の値段:300円

瀧原宮のお守り・御札(神札)

瀧原宮には、御札(神札)あり、以下↓のような種類のお守りと御札になります。

瀧原宮のお守り・御札(神札)

お守り
  • 御守
  • 交通安全御守
御札(神札)
  • 剣祓
  • 守祓
お守りの授与場所

御朱印と同じく「宿衛屋(社務所)」にて、授与いただけます。

瀧原宮の社務所の営業時間(窓口の開閉時間)

瀧原宮の営業時間は拝観可能時間とは異なりますので注意が必要です。

窓口のオープン時間は「朝5時30分頃から6時の間」になります。

社務所の締まる時間は下記の拝観可能時間に準じた時間となります。

瀧原宮の境内参拝可能時間と拝観料金(入場料金)・定休日

瀧原宮は上述した通り、伊勢神宮の別宮となりますので、伊勢神宮に準じた拝観可能時間(開門閉門時間)と拝観料金になっています。

したがって、拝観料金は無料、拝観可能時間は下記の通りです。

10月・11月・12月

午前5時~午後17時

1月・2月・3月・4月・9月

午前5時~午後18時

5月・6月・7月・8月

午前5時~午後19時

定休日

  • なし(年中無休)

瀧原宮のお問い合わせ先(住所・電話番号・定休日・駐車場)

  • 電話番号:0598-86-2018(瀧原宮・斎館)
  • 住所:三重県度会郡大紀町滝原872番地
  • 駐車場:100台

 

 

伊勢神宮(内宮/外宮)から瀧原宮のアクセス(行き方)【地図付き】

瀧原宮の最寄駅

  • JR滝原駅
  • 三重交通・南紀特急バス・滝原宮前バス停

伊勢神宮(内宮・外宮)から瀧原宮までのアクセス・行き方

伊勢神宮(内宮・外宮)三重交通55系統のバスへ乗車
↓(所要時間:20分から25分。バス運賃:470円)
JR伊勢市駅(JR参宮線・多気行きへ乗車)

多気(JR紀勢本線・新宮行きへ乗車)

JR滝原駅
↓(徒歩:約30分)
瀧原宮

  • 合計運賃:1310円
  • 合計所要時間:2時間11分

伊勢神宮(内宮・外宮)からアクセス(行き方)「バス」

伊勢神宮(内宮・外宮:三重交通55系統/51系統バスへ乗車)
↓(所要時間20分から25分ほど。バス運賃470円)
JR伊勢市駅(JR参宮線・多気行へ乗車)

JR多気(JR紀勢本線・新宮行へのりかえ)
↓(JRでの所要時間:49分)
JR相可(降りてバスへのりかえ)
↓(徒歩10分ほど)
多気町(役場前)
↓(所要時間:約45分)
滝原宮前

  • JR所要時間:約50分
  • 合計所要時間:約2時間10分
  • バス運賃:1250円

伊勢神宮(内宮・外宮)からバスでアクセス・行き方

伊勢神宮の内宮・外宮から瀧原宮までのアクセス(行き方)「車(乗用車)」

伊勢神宮の内宮・外宮

↓県道715号線
↓伊勢西
↓伊勢本線・伊勢自動車道
↓勢和多気JCT 勢和多気出口・紀勢道・尾鷲 方面へ
↓紀勢自動車道
↓大宮大台IC を降りる
↓国道42号線

瀧原宮

  • ETC料金:730円
  • 通常料金:1040円
  • 距離:331km
  • 所要時間:28分
合計所要時間:約43 分
合計距離:40.1 km


伊勢神宮の内宮・外宮から瀧原宮までのアクセス(行き方)「タクシー」

料金:約14500円
所要時間:約43 分
距離:40.1 km

おわりに・・

瀧原宮でのお昼の食事のランチは、道の駅「木つつき館」で!!

瀧原宮でのお昼の食事のランチは、道の駅「木つつき館」で!!瀧原宮の真横(境内の入口付近)には「木つつき館」という、ランチ(昼食)のスポットがあります。

「木つつき館」には、有名なメニューがあります。

そのメニューの名前は、「松阪重」です。

木つつき館 松阪重:1200円

  • 松阪重:1200円

道の駅・「木つつ木館」の営業時間・定休日・駐車場など

  • 住所:三重県度会郡大紀町滝原870−37
  • 電話番号:0598-86-3229
  • 営業時間
    平日:9時から17時まで
    土日祝:9時から18時まで(GW・夏休み・正月)
  • 定休日:毎週水曜日のみ(但し祝祭日と重なる場合は翌木曜日)
  • 駐車場:大型駐車場:7台、普通駐車場:150台

瀧原宮のへ、参拝に来られる際は、お腹を、ペぇコぉっペぇコぉっ にして訪れてください。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ