えぇっ?!伊勢神宮にはこんなにたくさんの参拝の種類があった!「裏参り・「早朝参り・朔日参り・おかげ参り・年越し参り」について

スポンサードリンク

えぇっ?!伊勢神宮にはこんなにたくさんの参拝の種類があった!「裏参り・「早朝参り・朔日参り・おかげ参り・年越し参り」について

えぇっ?!伊勢神宮にはこんなにたくさんの参拝の種類があった!「裏参り・早朝参り・朔日参り・おかげ参り・年越し参り」について伊勢神宮は日本で最高の聖地と言われています。

それは、最も尊い神である「天照大御神(あまてらすおおみかみ)」を祀っているためです。

伊勢神宮は、全国の神社の代表として特別の信仰を集めています。

このため、正式名称は「神宮」です。

伊勢神宮への参拝は、「お伊勢参り」と呼ばれて絶大な人気があります。

これは、室町時代に武士の間で始まり、江戸時代に庶民に流行して現在に至っています。
お伊勢参りは人気があることから、「お参り」にも色々な名称がつけられています。

次に、お参りの名称の意味や由来を紹介します。

「おかげ参り」・「抜け参り」とは?

「おかげ参り」・「抜け参り」とは、江戸時代の中ごろには、「おかげ参り」・「抜け参り」と呼ばれる現象が起こりました。

「おかげ参り」は、他の人の協力で参拝できたから「おかげ参り」と言われたそうです。
道中には、無料で食べ物や宿泊所を提供してくれる所がありました。

「抜け参り」は、仕事をしていた人が急に思い立って参拝することを「抜け参り」と言いました。

黙って参拝に向かった場合でも、神宮参拝の証拠を持ってくれば、許してもらえたそうです。

このように伊勢神宮への参拝であれば、大抵のことは許されるというような社会の認識がありました。

「裏参り」とは?

「裏参り」とは、庶民にとって伊勢参りは、一生に一度の大旅行であり、見聞を広げるチャンスでした。

少し遠出をして色々なところを見てくることも許されました。

このため、伊勢参りをする時は必ず東国三社を「裏参り」するという風習があったそうです。

この東国三社とは、京都や大阪方面から見て東にある「鹿島神宮:(茨城県)」「香取神宮:(千葉県)」「息栖(いきす)神宮:(茨城県)」のことを指しています。

つまり、伊勢神宮のお参りに行く時に、これらの三社にも参拝することを「裏参り」と言ったようです。

「早朝参り」とは?

「早朝参り」とは、伊勢神宮では、朝の5時からの参拝ができます。

昼間は、いつも大変な混雑ですが、早朝なら、空気は澄んで静けさには神々しさも漂っています。

このように朝早くお参りして本当の伊勢神宮を味わうのが「早朝参り」です。

「朔日参り(ついたちまいり)」とは?

「朔日参り(ついたちまいり)」とは、日本にはもともと、「ついたちまいり」という風習がありました。月の始まりは月の満ち欠けによる「月立ち」が転じて「ついたち」と呼ばれるようになったそうです。

これは、月の最初の日の早朝にお参りして、前の月が無事に過ごせた事への感謝と、これから始まる月の無事を祈る風習です。

つまり、「朔日参り」は、月はじめの日に早朝参りをすることのようです。

「年越し参り」とは?

「年越し参り」とは、伊勢神宮では、1年間の感謝と新年の祈願をする「初詣(はつもうで)」のことを「年越し参り」と言っています。

最後に・・

このように、伊勢神宮のような格式がある古き神社には、何かしらの儀式や礼儀といった伝統が継承されています。

伊勢神宮は、神宮と呼ばれるだけあって、大神が直に住まう社ですので、お参りの仕方にも種類や作法が存在します。

こういった、儀式や作法を尊びながら、普段とは違う気持ちで参拝へ望むと言うのも、何だかシュールな気配がただよい、そんな神秘的な空間に浸れる自分が、少し好きになれると言うものです。

そう言ったことを味わえるのも、伊勢神宮の一つの魅力と言えるのではないでしょうか?

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ