伊勢神宮の正月(初詣)ってどんな感じ?「混雑・渋滞状況と回避策・交通規制(車)・駐車場(混雑・空き状況)」など

スポンサードリンク

伊勢神宮の正月(初詣)ってどんな感じ?「混雑・渋滞状況と回避策・交通規制(車)・駐車場(混雑・空き状況)」など

伊勢神宮の正月(初詣)ってどんな感じ?「混雑・渋滞状況と回避策・交通規制(車)・駐車場(混雑・空き状況)」など

伊勢神宮の正月(初詣)の営業時間(開門時間・閉門時間)

伊勢神宮は、日本中の他の神社のよりも、開門する時間が少し早いのが特徴的です。

近年に入って参拝者が増加し、2015年では正月・初詣(12月31日~1月5日)おおよそ20万人の参拝者を記録しています。

伊勢神宮の1月(正月・三が日含む)の基本的な「開門・閉門時間」

開門時間
  • 午前5時
閉門時間
  • 18時
月日 参拝時間(営業時間)
12月31日 午前5時~24時
1月1日 午前5時~24時
1月2日 午前5時~24時
1月3日 午前5時~24時
1月4日 午前5時~24時
1月5日 午前5時~24時
1月6日 午前5時~18時
1月7日 午前5時~18時
1月8日 午前5時~18時

 

伊勢神宮の正月(初詣)の混雑を回避する4つの方法

伊勢神宮での正月(初詣)の混雑を回避する方法は、以下の3つあります。

 サンアリーナ駐車場の「パーク&バスライド」を利用する

伊勢神宮(内宮・外宮)へ、正月(初詣)の期間に参拝に訪れる場合、伊勢ICと伊勢西は、降りることはできませんので、ほとんどの車が必然的にサンアリーナIC(伊勢二見鳥羽有料道路)へ向かいます。
サンアリーナには、大型駐車場がいくつかあり(合計収容台数6100台程度)、そこからパーク&バスライドを利用すれば、バスの専用道路を走行して、30分もかからずに伊勢神宮(内宮・外宮)まで到着することができます。パーク&バスライドに関しては、別の記事でご紹介していますので、ソチラをご覧ください。↓

 高速道路(伊勢自動車道)の「玉城IC」で降りる

しかし、あえて、サンアリーナIC⇒楠部IC⇒伊勢IC⇒伊勢西ICと、通り過ぎてその次の玉城ICで降ります。
そこから、車で外宮前の県道38号線と県道22号線を通って、外宮前の駐車場へ駐車するという混雑を回避する方法もあります。

外宮前の無料駐車場へ駐車してから、バスで内宮へ行きます。

しかし、正月(初詣)3が日は、外宮前も交通規制が少しあります。

交通規制があるということは、駐車場も時間帯によっては満車になっていますので、参拝する時間に気を遣う必要があります。

他にも、注意があります。

外宮の駐車場は無料ですが、基本的に2時間以内という制限がありますので、このあたりのことも視野に入れた行動が必要になります。

これが不可能だと判断した場合、玉城ICから降りて、JR参宮線の伊勢市駅までの沿線の駅周辺の駐車場へ車を駐車して、そこからJRで伊勢神宮の外宮・内宮へ参拝に訪れるのも、良い方法です。

伊勢神宮の交通規制に関しての問い合わせ先(電話番号)

伊勢市交通政策課
  • 電話番号:0596-21-5703(平日)

 バスツアーの参拝客が参拝に訪れる時間帯を避ける

伊勢神宮での正月(初詣)は、他の神社などと違っていて、旅行各社の「伊勢神宮初詣バスツアー」などが、多数、組まれていて、それらバスツアーのバスが到着する時刻になると、一層、参拝客で賑わいます。

つまり、バスツアーの参拝客を避ける必要が出てきます。
このバスツアーの参拝客は、おおよそ午前10~午前11時30分頃の間に、まず外宮へバスが停車します。

これらのバスツアーの参拝客を避ける必要があるため、午前10時~午後17時30分の間の時間帯を避けて参拝に訪れるようにします。

 乗用車と公共交通機関を併用して混雑回避

初詣の期間は渋滞緩和のため交通規制は厳しくなります。

このため、電車やバスを使う方法は有効な選択肢の一つになります。

参照記事はコチラ↓

 

伊勢神宮の正月(初詣)で混雑する時間帯は?


スポンサードリンク -Sponsored Link-






内宮の正月(初詣)で混雑する時間帯

内宮は外宮よりも、人出が多いです。
これは内宮だけ参拝される方が圧倒的に多いことに起因します。

12月31日
  • 23時~翌1日の3時30頃まで
1月1日
  • 朝10時~夕方17時まで
1月2日
  • 朝10時30分~夕方17時まで
1月3日
  • 朝10時30分~夕方17時まで
伊勢神宮・内宮の3が日のオススメの参拝時間
  • 20時~24時(12月31日除く)
  • 5時~7時30分

外宮の正月(初詣)で混雑する時間帯

外宮は内宮よりも人出が少ないです。

12月31日
  • 23時~翌1日の3時
1月1日
  • 朝11時~夕方16時
1月2日
  • 朝11時30分~夕方16時
1月3日
  • 朝11時~夕方15時30分時
伊勢神宮・外宮の3が日のオススメの参拝時間
  • 19時~24時(12月31日除く)
  • 5時~9時

伊勢神宮の正月(初詣)の口コミ・評判


伊勢神宮(内宮・外宮)の正月(初詣)「1,2、3、4日」の平均混雑状況

1日

18時くらいまで、混んでいます。
19時に近づくと、格段に空いてきます。
平均待ち時間2、3時間。

  • 1月1日の空いている時間:20時~24時(待ち時間なし)

2日

  • 1月2日の空いている時間:5時~朝9時頃まで。夕方18時~24時。

3日

  • 1月3日の空いている時間:5時~朝9時頃まで。夕方18時~24時。

4日

4日は平日なので、空いています。待ち時間もありません。
しかし、内閣総理大臣が午前中~午後の間に参拝に来るので、規制があり、その時間帯だけ待ち時間が少しあります。

  • 1月4日の空いている時間:5時~24時。

【補足1】伊勢神宮(内宮・外宮)の渋滞・混雑時に便利な4つの駐車場

初詣期間中の駐車場は、前年度の状況などから、次年度の交通規制や、使用できる駐車場が変更になる場合がありますので、事前に確認をする必要があります。

次に過去の例を記載しますので、ぜひ、参考にしてみてください。

1.伊勢神宮・初詣期間中の(内宮)駐車場(過去の駐車場の例)

内宮へ向かう国道23号の「宇治浦田交差点」から一般車は新入禁止になり、「内宮A駐車場」は利用できません。

内宮へ向かう国道23号の「宇治浦田交差点」から一般車は新入禁止になり、「内宮A駐車場」は利用できません
B1・2駐車場はシャトルバスの乗降場になるため利用できませんでした
この時は、一般車は「B3~B6」が利用できました

比較的混雑を避けられる駐車場は「B5とB6」です

但し、比較的混雑を避けられる駐車場は「B5とB6」です。

この駐車場から五十鈴川沿いを歩いて、「内宮の宇治橋」までは20分ぐらいです。

2.伊勢神宮・初詣期間中の(外宮)駐車場

内宮の駐車場程ではありませんが、初詣期間は「外宮駐車場」も混雑で満車状態になるようです。

初詣期間は「外宮駐車場」も混雑で満車状態になるようです。

3.周辺の民間駐車場

外宮は、「三校の駐ing伊勢市駅前」、「高柳立体駐車場」、「しんみち駐車場」などが主な駐車場です。
内宮の徒歩圏内は伊勢神宮駐車場がメインになります。

三交の駐ing 伊勢市駅前

  • 住所
    〒516-0072
    三重県伊勢市宮後1丁目1-1
    電話番号050-3786-3305
  • 料金
    全日 0:00~24:00 20分¥100
    最大料金 月~金 入庫後24時間¥600
    最大料金 土日祝 入庫後24時間¥900
  • 営業時間
    24時間営業
  • 定休日
    無休
  • 収容台数
    127台

高柳立体駐車場

  • 住所
    〒516-0077 三重県伊勢市宮町1丁目6-1
  • 電話番号
    0596-28-1101
  • 収容台数
    110台
  • 営業時間(通常)
    00:00-24:00 30分 100円
  • 料金
    30分毎¥100

伊勢銀座しんみち商店街振興組合駐車場

  • 住所
    三重県伊勢市一之木2丁目2-21
  • 電話番号
    0596-28-5668
  • 全収容台数
    100台
  • 営業時間
    10:00-22:00
  • 料金
    30分毎¥100
4.伊勢神宮(内宮・外宮)へ海上からのアクセス

初詣期間のように特別混雑している場合は、伊勢神宮周辺道路は交通規制がしかれて、思ってもみないところが通れなくなる可能性があります。

このため、抜け道のルートは考えない方が無難だと思います。

抜け道ではありませんが、関東方面から車で向かう場合は、愛知県の伊良湖から三重県の鳥羽港まで(伊勢湾フェリー)に乗っていく方法があります。

抜け道ではありませんが、関東方面から車で向かう場合は、愛知県の伊良湖から三重県の鳥羽港まで(伊勢湾フェリー)に乗っていく方法があります。伊勢神宮フェリー アクセス

このルートの所要時間は55分で、通常時に車で向かう所要時間とほぼ同じです。

又、少し・・あっ、いや・・キャなり!!船酔いがあって、ゲロをそこらじゅうに、そこらじゅうに!..撒き散らすこともありますが、ドライバーはフェリー乗車中に休憩もとれます。

関東方面からは「東名高速」の「豊川IC」(豊川ICの混雑時は「浜松西IC」)で降りて、一般道で「伊良湖」まで向かいます。

伊良湖港から、「鳥羽港」までは「伊勢湾フェリー」に乗って行きます。

鳥羽港に着いてからは、近くの駐車場に車を置いて、目の前にある近鉄志摩線の「中之郷(なかのごう)駅」で乗車して、宇治山田駅に向かう方法がお勧めです。

鳥羽港に着いてからは、近くの駐車場に車を置いて、目の前にある近鉄志摩線の「中之郷(なかのごう)」駅で乗車して、宇治山田駅に向かう方法がお勧めです。

そこからは、「バス」か「タクシー」で伊勢神宮に行くことができます。

麻呂からの一言
「ゲロ袋」も忘れず用意しておくでオジャる!

伊勢神宮の正月3が日(初詣)の交通規制と渋滞状況

伊勢神宮(内宮・外宮)の年末(大晦日)から翌年の元旦(1月1日)の交通規制

期間:12月31日から1月11日

  • 1月16日から1月31日と3月20日土日祝のみの交通規制
交通規制の内容

・高速出口封鎖により、通常、降りれるインターで降りることができません。

伊勢西インターの交通規制

期間
  • 12月31から翌年の元日「1月1日」
時間帯
  • 21時45分から15時30分まで
期間
  • 1月2日、3日、9日、10日
時間帯
  • 8時45分から15時30分まで
期間
  • 1月4日、5日(土日祝のみ)
時間帯
  • 9時から15時まで
期間
  • 1月11日から1月31日、3月20日
時間帯
  • 9時から15時まで

伊勢インター周辺・付近の交通規制

上り「大阪方面」

期間:12月31日から翌年1月1日(南方向)

  • 交通規制時間帯:21時45分から18時30分
期間:1月2日、3日、9日、10日

  • 交通規制時間帯8時45分から18時30分

サンアリーナ・インターの利用可能時間帯

期間:12月31日から翌年1月1日

  • 交通規制時間帯:21時45分から16時まで
期間:1月2日、3日、9日、10日

  • 交通規制時間帯:8時45分から16時まで

下り「二見・鳥羽方面」

期間:12月31日から翌年1月1日(北方向

  • 交通規制時間帯21時45分から15時30分まで
期間:1月2日、3日、9日、10日(南方向)

  • 21時45分から18時30分まで゙
期間:1月2日、3日、9日、10日(北方向)

  • 8時45分から15時30分
期間:1月2日、3日、9日、10日(南方向)

  • 8時45分から18時30分

東京、名古屋、大阪、京都方面から「伊勢自動車道」を通行されている場合は、伊勢西で降りることができません。

したがって、そのまま直進し「伊勢二見鳥羽ライン」の「サンアリーナ・インター」で降り、臨時駐車場を利用するような流れになります。

二見・鳥羽方面から通行中の場合も同じく、「伊勢二見鳥羽ライン」の「サンアリーナ・インター」までアクセスします。

伊勢神宮の周辺・付近の「年末年始」「正月(三が日)」の交通規制について

伊勢神宮の周辺・付近の「年末年始」「正月(三が日)」の交通規制について

伊勢神宮の外宮の周辺・付近の通行規制カ所一覧

伊勢神宮の外宮(参道)

期間:12月31日から1月1日

  • 交通規制時間:22時から17時まで
期間:1月2日、3日

  • 交通規制時間8時から17時

伊勢神宮の内宮の周辺・付近の通行規制カ所一覧

B1・B2駐車場の周辺の道路

期間:12月31日から1月1日の間

  • 交通規制時間:20時から19時まで
期間:1月2日・3日・9日・10日の各日程

  • 交通規制時間:7時から19時まで

長官松ロータリーの周辺・付近

12月31日から1月1日の各日程

 

  • 交通規制時間:6時から18時まで
期間:1月2日から1月11日の間(土日のみ)

  • 時交通規制時間間:7時から18時まで
期間:1月16日から1月31日の間

  • 交通規制時間:7時から18時まで

おはらい町通りの周辺・付近

期間:12月31日から1月1日の間

  • 交通規制時間:6時から18時まで
期間:1月2日から1月11日

  • 交通規制時間:6時から18時
期間:1月16日から1月31日(土日のみ)

  • 交通規制時間:6時から18時

「おはらい町通り」から新橋の道路

期間:12月31日から1月1日

 

  • 交通規制時間:9時から18時
期間:1月2日から1月11日

  • 交通規制時間:9時から18時
期間:1月16日から1月31日(土日のみ)

  • 交通規制時間:9時から18時

宇治浦田交差点(国道23号線)から内宮の周辺・付近まで

期間:「12月31日から1月1日」

  • 交通規制時間:6時から18時
期間:「1月2日から1月11日(土日のみ)」

  • 交通規制時間:6時から18時
期間:「1月16日から1月31日」

  • 交通規制時間:6時から18時

伊勢神宮(内宮)の交通規制による周辺・付近の「入場不可・可能」駐車場の一覧

「入場可能(利用可)」駐車場の一覧(有料)

  • 内宮A1、A2、A3、A4の各駐車場
  • 内宮B1、B2、B5、B6の各駐車場
「入場可能(利用可)」駐車場の一覧(有料)

伊勢神宮の正月・年末年始の入場可能駐車場は「臨時駐車場=サンアリーナ駐車場」が、最適な駐車場となります。

臨時駐車場からは「パークアンドバスライド」をご利用ください。

サンアリーナ駐車場とは、サンアリーナの周辺・付近の個別の駐車場が集まって総称して「サンアリーナ駐車場」となっています。

したがって、どの駐車場へ駐車しても同様に「無料シャトルバスへ乗車」が可能です。

※注意事項※

観光バス・二輪車は、パークアンドバスライド専用の臨時駐車場は駐車不可となります。

サンアリーナ駐車場の無料シャトルバスの運行時間と日程

12月31日から1月1日(大晦日から元旦)の間

  • 22時から16時まで運行
1月2日・3日・9日・10日の間

  • 9時から16時まで運行
伊勢神宮(内宮・外宮)から往路の最終出発時刻

  • 18時30分

※内宮B2駐車場から宇治橋前までの間は「おもいやりシャトル」が運行しています。

  • 利用対象者(高齢者・障害者・妊婦)
    75歳以上の方
    ※介助する方や、その家族の方も対象となります。
「おもいやりシャトル」運行期間と運行時間

  • 期間:12月31日から1月1日のみ
  • 時間:22時15分から18時15分まで

「無料シャトルバス」の乗車・降車の場所

無料シャトルバスは、すべて臨時駐車場から発着しています。

各、臨時駐車場⇒「内宮・外宮行き」

  • サンアリーナA臨時駐車場から
  • 伊勢あさま苑横・臨時駐車場から
  • 二見ヶ浦料金所西・臨時駐車場から
  • 光の街北・臨時駐車場から
内宮の周辺・付近⇒「各臨時駐車場」へ

  • B1・B2駐車場から
  • A4駐車場から
    「おもいやりシャトルバス」のみの乗り場となります。

※内宮と外宮の間を運行するはありません。
内宮と外宮の間を行き来するシャトルバスがないので、この間の移動はタクシーか三重交通の路線バスを利用することとなります。

外宮から内宮へ向う場合の「タクシーのりば」

外宮から内宮へ向う場合のタクシーについてのご案内です。
※補足※正しい参拝の順序ですと外宮から内宮へ向うことになります。

外宮のタクシーのりば

  • 「外宮北」交差点の周辺・付近の道路
内宮のタクシーのりば

  • 「県道32号線」の道路沿いから宇治蒲田町交差点の間
タクシーへ乗車する際の注意点

  • タクシーは車ですので、渋滞に巻き込まれます。
  • 場合によっては、バスや徒歩の方が早く着くことも有り得ます。

サンアリーナ以外の臨時駐車場の一覧

サンアリーナ以外にも臨時駐車場がありますが問題の争点となってくるのが、駐車収容台数です。

収容台数が少ない駐車場もありますので、待つのが苦手な方や、悩むのが苦手な方は、初めからサンアリーナ駐車場へ駐車することをオススメいたします。

その他に、サンアリーナ以外の駐車場には期間がありますので、留意する必要があります。

伊勢神宮・内宮の付近・周辺の臨時駐車場の一覧

以下、内宮周辺の臨時駐車場を利用すると「伊勢志摩スカイライン」の利用料が2割引きになります。(領収書を取り置きする必要があります)

  • 伊勢あさま苑横・臨時駐車場
  • 芝生広場・臨時駐車場
  • 光の街北・臨時駐車場
  • 二見ヶ浦料金所西・臨時駐車場
  • 神宮工作所臨時駐車場
  • 三重交通スポーツの杜・臨時駐車場
  • 進修小学校・臨時駐車場
  • 五十鈴公園・臨時駐車場
  • 西駐車場・臨時駐車場
臨時駐車場が利用できる期間と時間帯

  • 12月31日から1月3日の間
    利用できる時間帯:10時から17時
  • 1月2日から1月4日の間
    利用できる時間帯:7時から17時
  • 1月5日から1月11日から間(土日のみ)
    利用できる時間帯:9時から17時
  • 1月16日から1月31日(土日のみ)
    利用できる時間帯:9時から17時

伊勢神宮・外宮の付近・周辺の臨時駐車場の一覧

  • 明倫小学校前・臨時駐車場
  • 伊勢市役所・臨時駐車場
  • 伊勢商工会議所・臨時駐車場
  • 三重県伊勢庁舎・臨時駐車場
  • 厚生小学校・臨時駐車場
外宮の周辺・付近の駐車場が利用できる時間帯

  • 9時から17時

【補足2】伊勢神宮へ正月(初詣)に参拝するご利益(効果)とは?

伊勢神宮の正月の初詣のご利益(効果)

  • 五穀豊穣・商売繁盛

基本的に天照御大神にはお願いはできませんが、ご報告をすることでご加護を得ることはできます。

伊勢神宮の初詣の行事、イベントの内容と日程

伊勢神宮では、12月31日にご祈祷があります。

伊勢神宮内宮外宮ともに、「大篝火(おおかがりび)」を炊いて、年越参り・初詣の準備が行われます。

そして、神楽殿では、終夜、神楽舞踊が奉納されます。

同時に「初詣大麻」・「お守り」・「干支守」・「神酒」・「甘酒」が、参拝客へ授与されます。

伊勢神宮へのお問い合わせ先「住所・電話番号」など

住所
  • 三重県伊勢市宇治館町1
電話番号(神宮司庁・広報部)
  • 0596-24-1111

編集後記

毎年、神宮にも、日本全国からたくさんの方が、正月の3が日に初詣に訪れます。

1年の祈願をするのではなく、昨年の1年間のご報告を初詣で天照御大神に行うことで、その年1年の加護を得ることができます。

ご報告をするということは、良かったことや悪かったこと(反省点)などをすべて天照御大神へご報告することになります。

すべてご報告することで、気持ち新たに良い1年が気持ちよく切り出せるというものです。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ