伊勢神宮の御朱印の押印は「最初のページから?途中のページから?」

スポンサードリンク

伊勢神宮の御朱印の押印は「最初のページから?途中のページから?」

伊勢神宮の御朱印の押印は「最初のページから?途中のページから?」外宮や内宮へ御朱印をいただきに行った際、あなたは以下のような事が気にならないでしょうか?

  • ペラっとめくった御朱印帳の表紙の裏の汚れが気になる
  • 伊勢神宮の「内宮」の御朱印を先のページに押したい
  • 途中のページに伊勢神宮の御朱印が欲しい

などです。

伊勢神宮においては「外宮先祭(げくうせんさい)」「外宮先拝(げくうせんぱい)」の原則に則り、外宮から参拝するのが正式な参拝方法と言われております。

伊勢神宮の神職の方は、このような参拝者に配慮して「1ページ空けますか?」などと聞かれる場合も多いそうです。

伊勢神宮の御朱印は途中のページからでもいただける?

神社によっては表紙裏面の汚れを気にする人もいるためか、御朱印帳の最初のページを、わざわざ空けて押すところもあるようです。

しかし、基本的にどのページから押さなければならないと言うのはありません

この伊勢神宮においても、最初のページから押していただいても特に問題はありません。

伊勢神宮の御朱印をいただく時にこれだけは絶対に注意すべきこと

ただし、伊勢神宮で発売されている御朱印帳以外の、特に「お寺(寺院)の御朱印帳」を持参して、伊勢神宮の内宮や外宮で御朱印をいただこうとすると、指摘を受けます。

指摘を受ける理由とは、現代の法律では「神と仏」は別として崇められるように定められているからです。

しかし何といっても御朱印は、あなただけの大切な「御朱印(=思い出)」とも言い換えることができます。

いただいた御朱印を眺めて、ノスタルジックな感傷にひたるのも、至極の御朱印の楽しみ方と言うものですから。

これも、あなたの好みの問題と言えるでしょう。

ところで・・普通のスタンプ帳に御朱印っていただける??

普通のスタンプ帳に御朱印っていただける?当サイトの他のページでもご紹介しました「昭和初期のスタンプブームの問題」から、伊勢神宮に限らず、御朱印の説明に、単なる記念スタンプとは違う事や、記念スタンプを一緒に押すべきではない事が記されています。

神職やお寺の方に失礼にあたり、あまり良いとは言えません。

必ずとは言いませんが、わずか1000円ほどで御朱印帳が購入できます。

御朱印をいただく際の礼儀として、御朱印帳を持って御朱印をいただきに行きましょう。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ